Posts Tagged ‘Jean Mouillere’

CONCERTS 2015年コンサート

12 décembre 2014

 Dimanche 18 janvier 2015 à 17h00 «Musiciens du Château de La Roche Guyon VI» 『金子陽子とラ・ロッシュギュイヨン城の仲間達 第9回』Yoko Kaneko présente 4 jeunes et brillants collègues : S.Takahashi, K.Tsushima (violons), Clément Batrel-Genin (alto) et Guillaume Effler (violoncelle) interpréteront les chefs d’œuvres.ヴァイオリニストの高橋聡子、對馬佳祐らパリ、リヨン国立高等音楽院出身の日仏の素晴らしい若手を紹介、Bach : L’Art de la Fugue », Mendelssohn : Quatuor à cordes op.80, Schumann : Quintette pour piano et cordes op.47

Concert Musiciens du Château de La Roche Guyon 18 janvier 2015 Concert Paris


Dimanche 24 janvier 2015 à Paris パリのサロンでのレジス・パスキエ氏とのデュオリサイタル フランス3大ソナタの夕べ Concert privé « 3 grands sonates françaises » avec le grand violoniste Régis Pasquier : Fauré nr.1, Ravel et Saint-Saëns nr.1

Regis-Pasquier

Photo by T.Yoshida 2013

Photo by T.Yoshida 2013


Samedi 14 mars 2015 à 16H30 偉大な教育者、ヴァイオリニスト、ジェラール・プーレ氏と、10年ぶりの共演がパリで実現!Concert avec le grand violoniste GERARD POULET à l’Eglise Saint Vincent de Paul à Paris (Place Franz Liszt, métro Gare du Nord, Poissonnière)Poulet, Kaneko, Concert Chausson 14 mars 2015 Paris St Vincent de Paul

Concert G.Poulet 14 mars 2015affiche poulet kanekoEglise Saint Vincent de Paul à Paris

Gérard Poulet : violon, Yoko kaneko : piano

Keisuké Tsushima, Misa Mamiya : violons,

Nicolas Loubaton : alto,  Diana Lighetti : violoncelle

Dvorak : Quintette avec piano et cordes, Chausson : Concert pour violon, piano et quatuor à cordes, 

(piano :YAMAHA)


22-26 avril 2015 Festival et Master classe du Château de La Roche Guyon 2015。恒例のラ・ロッシュギュイヨン城、マスタークラスと音楽祭。(ジャン・ムイエール主宰)

Programe du Concert de Gala : 26 avril à 15h30 au Château de La Roche Guyon

Frédéric Chopin
Introduction et Polonaise brillante op. 3 en do majeur
Haruka Takikawa (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Johannes Brahms
Concerto pour violon op. 77 en ré majeur
Chung Feng Lin (violon), Yoko Kaneko (piano)

Wolfgang Amadeus Mozart
Sonate pour quatre mains en do majeur
Ezaki Moeko, Yoko Kaneko

Joseph Haydn
Concerto pour violoncelle n° 2 en ré majeur
Nicolas Menut (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Georges Enesco
Sonate pour violon et piano n° 3 op. 25
Maria Hara (violon), Yoko Kaneko (piano)

Jean-Sébastien Bach
Sonate en ré majeur pour viole de gambe
Ulysse Vigreux (contrebasse), Yoko Kaneko (piano)

Claude Debussy
Quatuor à cordes
Quatuor Onslow
Sonate pour violoncelle et piano
Eunji Qong (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Ernest Chausson
Concert pour piano, violon, et quatuor à cordes op. 21 en ré majeur
Jean Mouillère (violon), Yoko Kaneko (piano), Quatuor Onslow

(piano :KAWAI)

2015_Roche_Guyon_affiche_gneral


Jeudi 4 juin 2015 (concert de midi) English Haydn Festival (U.K. Bridgnorth)英国ハイドン音楽祭に3年連続4度目の出演。6月4日はクリストフ・コワン、マリア・テクラ・アンドレオッティとのデュオとトリオ、5日はフォルテピアノソロリサイタル(ハイドンのソナタ集とベートーヴェンの月光)Site du Festival : Home

Programme du Festival (音楽祭の全プログラム): http://www.englishhaydn.com/HaydnLeaflet2015.pdf

Christophe Coin : violoncelle, Maria-Tecla Andreotti : flûte, Yoko Kaneko : pianoforte

Ignaz Pleyel: Trios for fortepiano , flûte and cello, e minor

Josef Wolfl: Trio pour fortepiano, flûte et violoncelle op.48-2, F major

Beethoven: 7 Variations for cello and fortepiano , E Flat major WoO 46

Josef Haydn: Flute Trio D major XV:16

Vendredi 5 juin 2015 (concert de midi) English Haydn Festival (U.K. Bridgnorth)

Yoko Kaneko Récital de pianoforte solo, 

Haydn : Variations E flat major, Hob.XVII:3 (1770-74)

Haydn : Sonata C major Hob.XVI:50. (1794)

Beethoven : Sonata « Quasi una Fantasia » (Moonlight) op.27-2, c sharp minor(1801)

Haydn : Sonata E flat major, Hob, XVI:52 (1794)

img_1226591249_14941_1233426245_mod_193_193EHF2015Photo


 3 Août, JAPON, TOKYO-MUSASHINO Culture Hall、東京武蔵野市民文化会館、8月3日(月)、チェロの巨匠クリストフ・コワン、夫人でフルートトラヴェルソのマリア・テクラ・アンドレオッティとの室内楽コンサート

Christophe Coin : violoncelle, Maria-Tecla Andreotti : flûte, Yoko Kaneko : pianoforte (Walter-Clarke)

Ignaz Pleyel: Trios for fortepiano , flûte and cello, e minor

Beethoven: Cello sonate nr.2 g minor, Op.5 

Josef Wolfl: Trio pour fortepiano, flûte et violoncelle   op.48-2, F major             

Beethoven: 7 Variations for cello and fortepiano , E Flat major WoO 46

Josef Haydn: Flute Trio D major XV:16

Musashino Programme


Samedi 9 Août 17h00 à Dôme de Richelieu, « FESTIVAL de RICHELIEU »Récital de Pianoforte « J.S.BACH » 8月9日(土)フランスポワチエ近郊の由緒あるリシュリューでの国際音楽祭に2度目の出演。フォルテピアノでのバッハ ソロリサイタル

Festival de Richelieu 2015Dome Chateau Richelieu

J.S.BACH:

Toccata en mi mineur, BWV 914,   

Fantasie et Fugue en la mineur BWV 904,

Invention en mi bémol majeur, BWV 776, mi majeur BWV 777,

Sinfonia en sol mineur, BWV 797,

Suite Française nr.5 en sol majeur, BWV 816,

J.HAYDN : Variations en mi bémol majeur, Hob.XVII:3,

BACH / T.AIDA (né en 1983-): « Largo » transcription de la sonate pour violon solo BWV 1005 en ut majeur

J.S. BACH: Partita nr.6 en mi mineur, BWV 830,


FESTIVAL Musique de Chambre à GIVERNY (FRANCE) : programme J.S.BACH sur pianoforteフランス、モネの家があることで有名なジヴェルニーで2週間にわたって開催された国際音楽祭でフォルテピアノによるバッハプログラムを、世界中から選ばれて招待された優秀な音楽家達と共演。

Jeudi 20 août │ 20h00 │ Musée des Impressionnismes : « Offrande musicale » 『音楽の捧げもの』(pianoforte : Walter-Clarke) avec Tami Krausz : flûte traverso, Yoko Kaneko (pianofrte) Magdalena Geka et Shin Suhan : violons, Cameron Crozman : violoncelle.

Vendredi 21 août │ 20h00 │Eglise Notre Dame de l’Isle : « Back to Bach » J.S. Bach : Partita nr.6 en mi majeur, Sonate pour violon, clavier, en ut mineur, no. 4 par Yoko Kaneko (pianoforte) et Nikita Briso-Glebsky : violon,

J.S.Bach Suite nr.2 par Emmanuel Arakékien : clavecin, Irina Boriso-Glebsky : flûte, Shuichi Okada : violon….Notre Dame en l'Ile EgliseClavecin, Emmanuel et Walter-Clarke

Samedi 22 août │ 15h30 │Eglise de Giverny : « Journée des grands B – J.S Bach : Suite anglaise n°3 en sol mineur pour pianoforte par Yoko Kaneko (pianoforte 5 octave Modèle Walter par C.Clarke), Beethoven Trio op.70 (sur un nouveau piano « S.Paulello » fourni et accordé par P.E.Berlioz) avec Peter Frankl (piano), Nikita Boriso-Glebsky (violon), Hanna Dahlkvist (vc). Le piano de Stefen Paulello et le pianoforte de Christopher Clarke, cela fut « une rencontre historique » des 2 plus grands génies du monde de piano actuel!  Paulello et Walter-Clarke

このコンサートの2部では、天才ピアノ製作者、ステファン・ポレロ氏が製作した最新の素晴らしいグランドピアノが使用され(ルアーヴルで楽器店を営むポール・エチエンヌ・ベルリオーズ氏が購入してコンサート用にレンタル)がハンガリー出身で英国在住の巨匠 ペーター・フランケル氏がべ-トーヴェンの作品70のピアノトリオを素晴らしい若手のプロ達と演奏しました。ステファン・ポレロとクリストファー・クラークというフランス在住で現役の2人の天才ピアノ製作者の楽器2台がこのように一堂に出会うのことは歴史的な出来事です!

Un site utilisant WordPress – Musique à Giverny


Samedi 26 septembre, Récital de pianoforte Yoko Kaneko à Baarn, Pays-Bas (J.S.Bach-Haydn), 9月、オランダ,バールン市でのフォルテピアノリサイタル(バッハプログラム)(pianoforte : Walter-Clarke)Concerten Oude Muziek Baarn 2015 – 2016

Concert Live sur Youtube (Haydn Sonate)Haydn by Yoko Kaneko, Baarn NL, September 2015 – YouTube

yoko_kaneko_Baarn

J.S.BACH :

Partita nr.6 ​E min​o​r, BWV 830,

2​I​nvention​s​, E flat major B​​​​W​V 776​​, ​E​ maj​o​r BWV 777,

Fantasie ​and​ Fugue​ A min​or BWV 904,

Ricercar a 3 from « Musical Offering » c minor,

​Ricercar a 6 from « Musical Offering » ​c minor,

J.HAYDN :

Variations ​E flat​ majo​r, Hob.XVII:3,

Sonata C major Hob.XVI:50.


Vendredi 9 octobre 20h30, Rencontre Musicales de Clermont (Clermont de l’Oise, près de Paris) 

Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise | Festival de Musique Classique – Septembre 2015 – Ville de Clermont (Oise)

avec Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte (Fritz, vers 1811-14 à Vienne, 6 octaves), Jérôme Akoka : violon Yoko Kaneko / Jérôme Akoka / Christophe Coin – Diapason

Beethoven : Sonate « Le printemps » pour violon et piano en fa majeur, Schubert : Sonate Arpeggionne et pianoforte en la minier, Trio op.100 en mi bémol majeur, 10月9日(金)パリから車で1時間、ピカルディ地方のクレルモン・ロワーズで初めて開催された音楽祭は連日超満員のお客様で大成功を収めました。ベートーヴェンのスプリングソナタ(ヴァイオリン、ジェローム・アコカ)、シューベルトのアルペジョーネソナタをクリストフ・コワン氏所有のアルペジョーネ(世界に10台くらいしか存在しない珍しい楽器)と共演。チェロに持ち替えていただいて最後にシューベルトの大作トリオ変ホ長調も演奏。フォルテピアノはシューベルト時代の6オクターヴの素晴らしいオリジナルFritzを使わせていただきました。
C.Coin (Arpeggione) Y.Kaneko (pf Fritz)Trio Coin Akoka Kaneko 9 oct 2015


Samedi 10 octobre, Les journées Maurice Ravel de Montfort-l’Amaury

 Régis Pasquier : violon, Yoko Kaneko : piano (Sonate de Saint-Saëns, Tzigane de Ravel) 10月10日(土)フランス、モンフォール・ラモーリ−のモーリス・ラヴェル音楽祭、レジス・パスキエ氏とツイガーヌを演奏。Les journées Ravel de Montfort L’Amaury – Bienvenue sur le site officiel des journées Ravel

 


Dimanche 11 octobre 17h00 à Port Royal des Champs (près de Versailles) 10月11日(日)ヴェルサイユ近郊のポールロワイヤルデション10月9日と同じプログラム。Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves), Jérôme Akoka : violon  Beethoven : Sonate « Le printemps » pour violon et piano en fa majeur, Schubert : Sonate Arpeggionne et pianoforte en la minier, Trio op.100 en mi bémol majeur, 

 


29-31 octobre à LONDON 10月29−31日、2年前のパリに続いて、ジェローム・アコカとロンドンのTarisio 商会の尽力でロンドンで開催された歴史的弓の展示会に先だって、クリストフ・コワン、アレクサンダー・ヤニーチェク(バロックヴァイオリン)らとマスタ-クラス、様々な弓を使い比べるレクチャーコンサートが開催され、生徒達、楽器の専門家の方々にとっても大変興味深いイヴェントとなりました。討論会では、世界的な弓の専門家や音楽学者、歴史学者がヨーロッパ各地から集まりました。

A l’occasion de l’exposition  » L’Archet Révolutionnaire », concert-conférence avec Christophe Coin (vc), Yoko Kaneko (pianoforte), Alexander Janiczek (vl) , Nicolas Mazzoleni (alto), Chouchane Siranossian (vl), Claire Thirion (vc) et Jérôme Akoka,London 31 octobre Trio Haydn

Tarisio | L’Archet Révolutionnaire Event Programme


Mardi 15 décembre à Paris (sous invitation) CONCERT « Le dernier violon de MOZART »

モーツアルトが弾いたと推定される最後のヴァイオリン、同じくモーツアルトが好んだワルターモデルのフォルテピアノ(複製)を使用。(招待制のコンサートです)

Philippe Coutelen : violon, Yoko Kaneko : pianoforte (Walter-Clarke)

Schubert : Sonata pour violon et pianoforte en ré majeur D.384, op.137

Mozart : Sonate pour violon et pianoforte KV.454 en si bémol majeur

Mozart : Fantasie pour pianoforte KV.475 en ut mineur

Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.12, nr.3, en mi bémol majeur

 

 

 

Publicités

Master Classes et Festival au Château de La Roche Guyon 2015 (22-26 avril) et archives /ラ・ロッシュ・ギュイヨン城のマスタークラスとコンサート2015年のパンフレットと過去の記録

31 mars 2012

Voici les concerts « Festival de Jeunes Talents Internationaux » du Château de La Roche -Guyon, dirigé par Jean Mouillère. L’édition 2015 aura lieu du 22 au 26 avril. Voici le dépliant de Master Classes 2015 (les concerts seront annoncés ultérieurement)

ジャン・ムイエール氏音楽監督でパリ、ノルマンディの中間地点にあたるラ・ロッシュギュイヨン城ので開催される、若き才能を応援する国際音楽祭のご案内です。2015年は4月22日(水)より26日(日)

マスタークラスのパンフレットです。(期間中のコンサートは後日発表します)

Brochure MasterClassesb 2015Brochure MasterClasses2015 2015

パリ近郊、ラ・ロッシュギュイヨン城、2015年マスタークラスのご案内

2015年4月22日(水)(朝9時半集合)より26日の午後(18時)まで

モネの家のあるジヴェルニーに近い、壮大で美しいラ・ロッシュ・ギュイオンのお城にて、フランス室内楽界の大御所、パリ音楽院で素晴らしい室内楽クラスを誇ったジャン・ムイエール氏らによる楽器の個人レッスン及び室内楽グループ(弦、管、ピアノを含むあらゆる編成)のレッスンを受けることができます。

音楽監督とヴァイオリン ジャン・ムイエール

(パリ国立校等音楽院CNSM、エコールノルマル音楽院、ヴィアノヴァ弦楽4重奏団)

チェロ エレーヌ・ドートリー

(パリ市立地方音楽院CRR、エコールノルマル、ロンドン王立カレッジ)

ピアノ(伴奏、ソロ、室内楽)

金子陽子(パリ国立高等音楽院CNSM)

申し込み規約

申込書は2015年3月15日締め切りまでに送付してください。

募集生徒数に限りがありますので、申込は早く到着したものから、優先に取り扱います。

マスタークラス参加の可否は申し込みの書類審査によって決定します。

申し込み金 (Droits d’inscription),宿泊 (Hébergement) 食事(pension complète)

9回の食事、4泊の宿泊 260 ユーロ (VIANOVA 宛ての小切手)
(この小切手の添付がない書類は受け付けません。)

講習費 (5日間のレッスン)

講習費はマスタークラス初日にVIANOVA 宛ての小切手で支払うこと。

楽器のソロ個人レッスン  300ユーロ

室内楽グループ(すべての楽器)
デュオ   1人 220ユーロ,     トリオ   1人 180ユーロ,     カルテット(4人以上) 1人150ユーロ

プログラム、宿泊についての質問、お問い合わせ、ジャンムイエール携帯 : 06 13 51 74 29

(又は金子陽子 Yoko2.Kaneko@gmail.com)
(現地に宿泊しない参加者は個人的に料金など問い合わせてください。18歳未満の参加者は保護者の許可が必要です。)

現地への行き方 

車で : パリより 高速A13 又は A14、Mantes-la-jolieの最初の出口から、Limay-centre方面。セーヌ河に沿って交差点まで行く。Vétheuil-La Roche-Guyon方面。Vétheuilの村役場広場(place)に出たら左折。La Roche-Guyon 方面。

ルーアンより、高速A13 Bonnièresで高速から出る。市街地に入る前にセーヌ河を渡る。セーヌ河に沿ってLa Roche-Guyon 方向に。

電車(SNCF)で : サンラザール駅 (又はルーアン駅)から Mantes-la-jolie下車。

講習会から関係者が駅まで車を派遣できます。

必ず持参するもの 1、譜面台と楽譜(ソロ、デュオの場合はピアノパート譜)2、宿舎はホテルでないので洗面用品、タオルなど。3、コンサート用の服、天候によっては4月でもかなり夜冷え込み、教会の演奏会は寒いです。暖かい衣類を忘れないように。

注意 : 楽器は各自で保険をかけること。講習会中に楽器の盗難、破損などが起こった場合、主催者は責任を負いません。

受講生による演奏会は毎晩Vétheuilなど周辺の村で行われ、La Roche-Guyonでは最優秀の受講生による演奏会が予定されています。

宿泊は ホワイエ(FOYER : シャトーのすぐ横の台所付の学生寮、講習会が全館貸切ります) または、周辺の村の個人の家へのホームステイ(GITE)となります。

申込書は、すべての箇所を書き込んで、日付と署名をして郵送してください。申し込み後の参加キャンセルの場合、重大な理由(死亡、人身事故など)以外は、申込金は払い戻しされません。

ジャン・ムイエール(Jean Mouillère)

Jean MOUILLERE 2010

フランスの室内楽の伝統を引き継ぐ名ヴァイオリニスト、教育者。LPレコード時代からその活気漲る高い芸術性で日本をはじめ世界を風靡したヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団の創設者、パリ音楽院室内楽科の名教授として1980年—2006年の間世界第一線で活躍する多くの音楽家達を育成。2006年の退官後はエコーノルマル音楽院教授、毎年春に開催されるラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスと音楽祭の音楽監督、ニースでの夏の講習会でも教鞭を取り、常に若い世代の紹介に情熱を注いでいることでも知られている。2014年秋には金子陽子、ギヨーム・エフレールと共に来日公演が予定されている。

1941年フランスのアンジェ生まれ。パリ音楽院にてローラン・シャルミ(名女流ピアニストリリー・ラスキンの夫)にヴァイオリンを、名高い弦楽四重奏団として活躍したジョゼフ・カルヴェに室内楽を学び1960年にプルミエプリ(一等書)で卒業、パリ音楽院オーケストラ(今のパリ管弦楽団の前進)のコンサートマスターを務め、シャンゼリゼ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、アンドレ・キュルイテン、シャルル・ミュンシュなどの名指揮者に認められて、オーケストラの日本、アメリカツアのソリストとして抜擢される。

1962年にフランスを拠点に「生気漲る音楽のため」の運動を始め、同世代の第一線の演奏家達と共に「コルシカ音楽祭」を創設。ミュンヘン国際ヴァイオリンコンクールで特別賞も受賞。コルシカ音楽祭の高い芸術性が著名評論家達から評価され、巨匠ピアニスト、リヒテル、ケンプが同音楽祭に参加して彼らと共演したことで、正に世界の注目を浴び、そこから「ヴィア・ノヴァ(新しい道という意)弦楽四重奏団」が生まれる ムイエール氏本人によると、この「新しい道」とは、今までになかった境地を音楽で表現しよう、世界を変えて行こう、という意味がこめられていたとのことである。1968年以降は、フランスのアルプス山脈のシャーもニー、ラプラーニュでも音楽祭を創設する。フォーレのピアノ曲全曲録音で知られるピアニスト、作曲家、故ジャン・ユボーとエラート社に多くの曲を録音、欧米の演奏家として初めて当時の中国に共に招かれたことを大変誇りに思っている。

現代曲も積極的に取り上げ、マデルナ、フェラリ、クセナキス、リテティ、デュティーユなどの作品を演奏。ソリストとしてはこれまでに、ミッシェル・プラソン、クルト・マズール、カサドシュ、アルベルト、アルマン・ジョルダンらの大指揮者、バーデンバーデン響、パリ管弦楽団、フランス放送響、ドレスデン響、ブダペスト響、スイスロマンド響、北京交響団、上海交響楽団と共演した。

これまでにリリースされた主要な録音

−アルマン・ジョルダン指揮、モンテカルロ交響楽団とのショーソンの詩曲 (ディアパゾン金賞受賞)

−ハイドンの弦楽四重奏曲、

−ドビッシー、ショーソン、ラヴェル、ルーセル、ピレルネ、イベール、カプレ、デュティーユなどのフランス物のカルテット

−ピアニスト、作曲家のジャン・ユボーとシューマン室内楽全集。

−今日でも名盤として世界で紹介されているジャン・ユボーとのフォーレ室内楽全集。

これらの録音に対してディアパゾン金賞、ゲルラン・ディスク大賞、芸術アカデミー大賞など12もの大賞を受賞。フランス政府からもフランス文化への貢献を高く評価されて勲章を授与されている。

EDITION 2014 : concert à l’Eglise de Vétheuil :Trio de Brahms nr.1 avec Jean Mouillère, Hélène Dautry et Yoko Kaneko

J.Mouillere, H.dautry, Y.kaneko Trio Brahms Vetehuil

EDITION 2013 (j’ai été absente en raison d’une tournée avec le concerto de Mozart KV 365)

2013年度のマスタークラスと音楽祭の記録(私はヨーロッパツアーのため欠席でした)

 

2013年5月8−12日、ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスパンフレット 

DepliantMasterClasses2013,2

affiche Vetheuil

affiche Cherence

Archive de l’édition 2012  /  2012年のラ・ロッシュギュイヨン城のマスタークラスとコンサートはパリ音楽院、エコールノルマル音楽院、フランス各地、日本、韓国、台湾、アルバニアなど世界各国の大変に質の高い参加者と教授陣との白熱した5日間のレッスン、リハーサルと3回のコンサートが大好評のうちに終了しました。

Droits réservés

Droits réservés

Vendredi 20 Avril 2012 à 20h.30 en l’église de Vétheuil 

J.S.Bach : Suite nr.3 (extrait) pour violoncelle (Guillaume EFFLER)
Paganini: Caprice nr.23 (Dam-in KIM )
Martinon : Sonatine (Kanadé FUNAYAMA)
Beethoven : Trio à cordes en ut mineur (Boris ROJANSKI, Akemi KANO, Guillaume EFFLER)
Brahms : Sextuor à cordes N° 2 Opus 36  (Jean MOUILLERE, Satoko TAKAHASHI, Kei TOJO, Hélène DAUTERY, Antoine GRAMONT etc)

Samedi 21 Avril 2012 à Gagny, à 20h.30,

Mendelssohn : Trio op.66 en ut mineur (Naomi IIKAWA, Guillaume EFFLER, Yoko KANEKO)
Ravel :Tzigane (Taiwen LIU, Yoko KANEKO)
Beethoven : Sonate pour piano et violoncelle nr.2, en sol mineur (Hélène DAUTRY, Masanori KOBIKI)
Popper : Requiem pour 3 violoncelles et piano op.66 (Hélène DAUTRY, Antoine GRAMONT, Rémy CARLON, Masanori KOBIKI)
Sarasate : Les Airs Bohémiens (Dam-in KIM, Yoko KANEKO)
Schumann : Quatuor avec piano op.47 (Jean MOUILLERE, Akemi KANO, Hélène DAUTRY, Yoko KANEKO)

Dimanche 22 Avril à 15h.00, salle des Gardes, au Château de La Roche-Guyon.

4月20日20時半、ヴェトイユの教会

バッハ無伴奏チェロ組曲第3番より(ギヨーム・エフレール)
パガニーニ、カプリース23番、(ダミン・キム)
マルティノン、無伴奏ヴァイオリンのためのソナチネ(船山奏)
ベートーヴェン、弦楽トリオハ短調(ボリス・ロジャンスキー、ヴァイオリン、加納明美、ヴィオラ、ギヨーム・エフレール、チェロ)
ブラームス、弦楽6重奏曲第2番作品36(ジャン・ムイエール、高橋聡子、ヴァイオリン、エレーヌ・ドートリー、アントワーヌ・グラモン、チェロ 他)

21日20時半、ガニー

メンデルスゾーン、ピアノトリオ第2番ハ短調(飯川直美、ヴァイオリン、ギヨーム・エフレール、チェロ、金子陽子、ピアノ)
ラヴェル、ツイガーヌ(タイウエン・リウ、ヴァイオリン、金子陽子ピアノ)
ベートーヴェン、チェロソナタ第2番ト短調(エレーヌ・ドートリー、チェロ、コビキマサヒロ、ピアノ)
ポッパー、3台のチェロとピアノのためのレクイエム(エレーヌ・ドートリー、アントワーヌ・グラモン、レミ・キャルロン、チェロ、コビキマサヒロ ピアノ)
サラサーテ、チゴイネルワイゼン(ダミン・キム、ヴァイオリン、金子陽子ピアノ)
シューマン、ピアノ4重奏曲作品47(ジャン・ムイエール、加納明美、エレーヌ・ドートリー、金子陽子)

22日15時 ラ・ロッシュギュイヨン城のsalle des gardes 最優秀生達によるコンサート


Archive de l’édition 2010 /  ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラス2010年の記録

2010年4月28日(水) – 5月2日(日)

音楽監督、ヴァイオリン、ジャン ムイエール(パリ音楽院、ヴィアノヴァ弦楽四重奏団、パリエコールノルマル音楽院)

チェロ、ジャン マリー ガマール (パリ音楽院、ヴィアノヴァ弦楽四重奏団)

ピアノ、金子陽子 (パリ音楽院、ガブリエルピアノ四重奏団)

コントラバス、ジャン クリストフ デルフォルジュ(オーベールビリエ音楽院)

Photo by Thierry Beauvir

ラ ロッシュ ギュイオン城は、モネの家で有名なジヴェルニーのあるセーヌに面した美しい地方にあり、フランスの歴史上重要な役割を果たし、岩を掘って作られた珍しいお城です。期間中は毎日お城にて16h00-18h00に公開講座、近郊の村の教会でのコンサート、5月2日午後には優秀受講生のコンサートが予定されています。すべてのコンサートはライヴ録音に収められ、優秀生の演奏はCDとして残されます。2010年度のライヴCD2枚組はその質の高さを高く評価されています。

パリ近郊にお住まいの方、散策と音楽鑑賞を兼ねて是非お出かけ下さい。

4月30日(金)20時30分 サンマルタン ラ ギャレンヌ村の教会、「ジャン ムイエールが各国から集まった15人の若き音楽家たちを紹介」 ベートーヴェン、ボッテジーニ、パガニーニ、シューマン、ショーソン等のピアノと弦楽器の作品

5月1日(土) 20時開演 ヴェトイユ村の教会、コントラバスを中心としたコンサート、モーツアルト、ホッホマイスター、シューベルト、ドヴォルジャークなどを予定。22時半には ロッシュギュイヨン城の庭にて 映画「ロバと王女」を野外上映、映画に出演している女優 ミシュリン プレスルさん(お城の近くに住んでいる)も上映会出席予定!

5月2日(日) 15時開演 ロッシュギュイヨン城、最終コンサート、シューベルトの鱒を中心に メンデルスゾーン、ピアゾラなど。

お城の公式サイトはこちら http://www.chateaudelarocheguyon.fr

 

Double CD live de La Roche Guyon : Schubert, Schumann…/ラ・ロッシュギュヨン城ライヴCD

12 avril 2011

copyright yoko kaneko 2011

ネットマガジンJazz Tokyo 2012年2月26日号に、批評家、丘山万里子氏による素晴らしい記事が掲載されました。モーツアルトCD「黄金時代の作品集」の他に、ラ・ロッシュギュイヨン城ライブ2010 を推薦いただいています。こちらをクリックしてください。 FIVE by FIVE:JAZZTOKYO

ラ ロッシュギュイヨン城マスタークラス 2010年度の教授陣と優秀受講生によるライヴ録音

CD2枚組。店頭では購入できませんのでご希望の方はメールでお問い合わせください

yoko2.kaneko@gmail.com

Si vous souhaitez acheter cet enregistrement, (2 CD) envoyez un courriel.

CD1

シューベルト : アルペジョーネ ソナタ (パリ オタイユ教会)

ギヨーム エフレール : チェロ  金子陽子 : ピアノ

シューベルト : ピアノ5重奏曲「鱒」(パリ オタイユ教会)

中村ゆか里 : ヴァイオリン  加納明美 : ヴィオラ

ギヨーム エフレール : チェロ

フロロンタン ギノ : コントラバス

金子陽子 : ピアノ

メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲より終楽章

(ラ ロッシュギュイヨン城)

中村ゆか里 : ヴァイオリン  金子陽子 : ピアノ

パガニーニ : モーゼの主題による変奏曲

(サンマルタン ラ ギャレンヌ村の教会)

フロロンタン ギノ : コントラバス

金子陽子 : ピアノ

CD2

シューマン : ピアノ4重奏曲作品47変ホ長調(パリ オタイユ教会)

ジャン ムイエール : ヴァイオリン

アドリアン ボワソー : ヴィオラ

ギヨーム エフレール : チェロ   金子陽子 : ピアノ

シューベルト 弦楽5重奏曲(2台のチェロ)より第一楽章(ヴェトイユ村の教会)

高橋聡子、依田幸司 : ヴァイオリン 加納明美 : ヴィオラ

アドリアン ショソン、ギヨーム エフレール : チェロ

ショーソン : 詩曲 (サンマルタン ラ ギャレンヌ村の教会)

高橋聡子 : ヴァイオリン

金子陽子 : ピアノ

グリエール : 前奏曲とスケルツオ

(サンマルタン ラ ギャレンヌ村の教会)

フェリシー バゼレール : コントラバス

金子陽子 : ピアノ

ヘンデル 2台のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ

(ヴェトイユ村の教会)

シリル ラシェーズ、依田幸司 ヴァイオリン

ジャン クリストフ デルフォルジュ : ヴィオラ ダ ガンバ

録音 フレデリック ムイエール

ジャン ムイエール と ジャン ユボー / Au revoir Ken Kinoshita /追悼 木下健一氏

6 avril 2010

Au revoir Ken Kinoshita / 追悼 木下健一氏

Le journaliste Kenichi Kinoshita nous a quitté le 17 mars 2011 suite à une longue maladie.

Il a vécu à Paris entre 1971 et 2006   

1951年1月6日-2011年3月17日(1971年より2006年までパリ在住)

Copyright Yoko Kaneko 2011

  悲しいニュースです。胃がんとの壮絶な闘病生活を続けられていた木下健一氏がこの3月に他界されました。パリ在住時代から、情熱を持ってムイエール、ヴィアノヴアカルテット、私自身とガブリエルピアノカルテットを応援してくださり、ブザンソン音楽祭でのコンサートや レイナルド アーンのCD録音にも駆けつけてくださったことなど忘れられません。氏が残された数多くの素晴らしい記事と評論は、日仏文化にも重要な資料だと思います。氏の業績に心から感謝を申しあげ、心よりご冥福をお祈りいたします。

ジャン・ムイエール(Jean Mouillère)


フランスの室内楽の伝統を引き継ぐ名ヴァイオリニスト、教育者。LPレコード時代からその活気漲る高い芸術性で日本をはじめ世界を風靡したヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団の創設者、パリ音楽院室内楽科の名教授として1980年—2006年の間世界第一線で活躍する多くの音楽家達を育成。2006年の退官後はエコーノルマル音楽院教授、毎年春に開催されるラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスと音楽祭の音楽監督、ニースでの夏の講習会でも教鞭を取り、常に若い世代の紹介に情熱を注いでいることでも知られている。

1941年フランスのアンジェ生まれ。パリ音楽院にてローラン・シャルミ(名女流ピアニストリリー・ラスキンの夫)にヴァイオリンを、名高い弦楽四重奏団として活躍したジョゼフ・カルヴェに室内楽を学び1960年にプルミエプリ(一等書)で卒業、パリ音楽院オーケストラ(今のパリ管弦楽団の前進)のコンサートマスターを務め、シャンゼリゼ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、アンドレ・キュルイテン、シャルル・ミュンシュなどの名指揮者に認められて、オーケストラの日本、アメリカツアのソリストとして抜擢される。

1962年にフランスを拠点に「生気漲る音楽のため」の運動を始め、同世代の第一線の演奏家達と共に「コルシカ音楽祭」を創設。ミュンヘン国際ヴァイオリンコンクールで特別賞も受賞。コルシカ音楽祭の高い芸術性が著名評論家達から評価され、巨匠ピアニスト、リヒテル、ケンプが同音楽祭に参加して彼らと共演したことで、正に世界の注目を浴び、そこから「ヴィア・ノヴァ(新しい道という意)弦楽四重奏団」が生まれる。

ムイエール氏本人によると、この「新しい道」とは、今までになかった境地を音楽で表現しよう、世界を変えて行こう、という意味がこめられていたとのことである。

1968年以降は、フランスのアルプス山脈のシャーもニー、ラプラーニュでも音楽祭を創設する。

フォーレのピアノ曲全曲録音で知られるピアニスト、作曲家、故ジャン・ユボーとエラート社に多くの曲を録音、欧米の演奏家として初めて当時の中国に共に招かれたことを大変誇りに思っている。

現代曲も積極的に取り上げ、マデルナ、フェラリ、クセナキス、リテティ、デュティーユなどの作品を演奏。ソリストとしてはこれまでに、ミッシェル・プラソン、クルト・マズール、カサドシュ、アルベルト、アルマン・ジョルダンらの大指揮者、バーデンバーデン響、パリ管弦楽団、フランス放送響、ドレスデン響、ブダペスト響、スイスロマンド響、北京交響楽団、上海交響楽団と共演した。

これまでにリリースされた主要な録音

−アルマン・ジョルダン指揮、モンテカルロ交響楽団とのショーソンの詩曲 (ディアパゾン金賞受賞)

−ハイドンの弦楽四重奏曲、

−ドビッシー、ショーソン、ラヴェル、ルーセル、ピレルネ、イベール、カプレ、デュティーユなどのフランス物のカルテット

−ピアニスト、作曲家のジャン・ユボーとシューマン室内楽全集。

−今日でも名盤として世界で紹介されているジャン・ユボーとのフォーレ室内楽全集。

これらの録音に対してディアパゾン金賞、ゲルラン・ディスク大賞、芸術アカデミー大賞など12もの大賞を受賞。フランス政府からもフランス文化への貢献を高く評価されて勲章を授与されている。

ジャン ムイエール のインタヴュー記事

こちらの木下健一氏のサイトでご覧になれますhttp://members2.jcom.home.ne.jp/kinoken2/intv/intv_contents/intv_mouillere.html

1989年にレコード芸術誌に掲載されたジャーナリスト木下健一氏による記事が、氏のサイトに保存されています。日本語で現存する貴重な資料です!

 「ジャン ムイエールとジャン ユボー、私の2人の恩師」 

 桐朋大学音楽学部1年のとき、フランス音楽に凝っていたヴァイオリニストの親友に誘われて、フォーレの音楽が使われているから、というので、フランス映画「田舎の日曜日」(1983年)を都心の小さな深夜映画館に見に行き、深く感銘をうけました。フランスのセザール賞を独占したというその名画に使われていたのはなんとフォーレのピアノクインテット、トリオなどのそれは美しいテーマの数々で、その演奏をしていたのが、LP時代の名盤で日本にもファンの多かった ジャン ムイエール率いる ヴィアノヴァカルテットQuatuor Via Nova 、彼の師であった名ピアニスト、作曲家、故ジャン ユボーだったのです。

 後に聞いたのですが、当のジャン ムイエール自身、大ヒットしたその映画を映画館に見に行って、はじめて自分達のCDが使われていたことを発見し、あとから著作権料を請求したという笑い話があります。

 それらのCDと 当時出始めたばかりのウオークマン式CDプレーヤーを渡仏のお餞別として友人たちからプレゼントされ、ジャン ムイエール、ジャン ユボーをいつかフランスで探し出そうと思いつつパリ音楽院に無事入学したのが1987年秋。

  2人との出会いは意外と早くやってきました。パリ音楽院1年生が終わる頃、ラヴエルの生誕地サン ジャン ド リュズでのアカデミーの生徒募集のポスターに2人の名が教授として並んでいたのです。当時、すでにパリ音楽院の室内楽の教授を退官され (後任となったのが ジャン ムイエール)、エラートレーベルに シューマン室内楽全集、フォーレ室内楽全集を終えて フォーレピアノ全曲の録音プロジェクトにとりかかりはじめられていたジャン ユボー氏にはアカデミーに先立って15区の質素なご自宅にご挨拶に伺い、暖かくお迎えいただきました。日本から来たばかりで、フォーレの後期の作品のほうが好きだ、などど(生意気にも)口にする私のことを、厚い眼鏡の奥から暖かく、まじまじと見つめていられたのが印象的でした。

 ジャン ムイエール氏との初顔合わせは意外にも。。。3週間のアカデミーの開校式には顔を見せず、午後の休息時間に生徒達で砂浜に出かけたところ、顔が全部入ってしまいそうな大きな水中眼鏡をかけた海水パンツ姿の男性が、それはそれは楽しそうに波とたわむれつつ、生徒達にBONJOUR!と握手をしているではありませんか。あまりの人懐っこそうな姿に、伴奏ピアニストか事務局のお兄さんかと思いきや、「これが ジャン ムイエール先生よ」。。。。今でいうと「のだめカンタービレの世界」そのもです。

  どちらかというと無口でひょうきんなジャン ユボー大先生と、その弟子で、しゃべりだすと止まらないけれど弾きだすと感動せずにはいられないジャン ムイエール氏のデュオもまた素晴らしいものでしたが、レッスンでは、ユーモアを交えながらも2人は決して生徒にお世辞を言わず、暖かくも厳しく、楽譜の解釈と室内楽演奏の基本、フランス音楽の伝統を教えられました。ユボー氏の指使いやペダルの指示を直筆で書き込まれた ドビューシー、ラヴェル、フォーレのヴァイオリンソナタの譜面は私の宝物です。

  パリ音楽院ではピアノ科の生徒は2年目から室内楽が必修でしたので、この講習会が終わって新年度が始まると共に、私は ジャン ムイエールクラスに正式に入門を許され、クインテットを希望していた私にメンバーを見つけてくださいました。これがすぐにガブリエル ピアノカルテットになりまして、大学院まで5年間の教えを受けたのです。氏はお人柄友達が多く、知り合いのパリのサロンやアヌシー湖の湖畔、ご自身の別荘や ラ ロッシュギュイヨン城などで手作りコンサートを企画し、どんどん人前で弾く機会を与えてくださいました。アヌシー湖畔のフォーレがレクイエムを初演した教会で、ムイエール氏と、あの都心の深夜映画ではじめて耳にした懐かしのフォーレのクインテットを共演した演奏会は忘れられない思い出となりました。

 ジャン ムイエールに、音楽のすべてを、音楽の歓びを教わった、、、というのが巣立った生徒達の一致した感想です。こんなに貴重な経験を与えてくれたことに卒業生たち(多くが、パリをはじめヨーロッパ各地の主要オーケストラの主席奏者として活躍中)は皆感謝しているはずです。

 2010年4月 金子陽子