Posts Tagged ‘Graf’

3 sonates françaises pour violon et pianoforte avec Cécile Kubik バイヨー、アラール、アルカンのフォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ、デュオのパリ音楽院での録音

5 janvier 2014

COLLECTION JEUNES SOLISTES DU CNSMDP

CHRONIQUES PARISIENNES 1820-1850 

Notice (french) 解説と演奏者の紹介はこちらをクリックしてください。

CnsmdP-CDJS-12-88-Kubik

Cécile Kubik : violon historique

Yoko Kaneko : pianoforte (Graf-Clarke, Erard 1880)

Programme

Pierre Baillot (1771-1842)

Sonate pour violon et piano, op. 32
1. Andante  3’34
2. Allegro brillante e vivo  6’03
3. Adagio assai  6’14
4. Allegro vivace  6’50

Delphin Alard (1815-1888)

Grand Duo concertant pour piano et violon, op. 25
5. Allegro moderato 8’01
6. Andantino sostenuto  5’47
7. Scherzo  3’21  à entendre
8. Allegretto grazioso  6’41

Charles Valentin Alkan (1813-1888)

Duo pour piano et violon, op. 21
9. Premier duo – Assez animé  7’58
10. L’Enfer – Lentement  5’49
11. Finale – Aussi vite que possible  11’54

Durée totale 72’38

Crédits

Enregistrement réalisé en avril 2012 par le service audio-visuel du Conservatoire, Grand Plateau d’Orchestre.
Ingénieur du son : Jean Gauthier.
Direction artistique : Florent Ollivier, étudiant en Formation Supérieure aux Métiers du Son (FSMS).
Texte du livret : Cécile Kubik.
Collection Jeunes Solistes avec le soutien de la Fondation Meyer pour le développement culturel et artistique.
Centre de Recherche et d’Edition du Conservatoire (CREC).
CREC-audio 12/088

2012年にパリ音楽院で1週間かけて録音した大学院生セシル・キュビックさんとのバイヨー、アラール、アルカンのデュオソナタの録音がダウンロードできます。

これはパリ音楽院の大学院生の研究の一環とプロモーションを兼ねた、高品質な、しかし非売品の録音で、指導の一環として彼女の2年間の指導教官だったクリストフ・コワン氏の助言も参考にしながら特別にお手伝いしました。それぞれ素晴らしい曲ですが、ピアノパートは難度が高く苦労しました。

使用フォルテピアノは、パリ音楽院所蔵のククリストファー・ラーク製の素晴らしいグラーフモデル(6オクターヴ半)、1880年製エラールのピアノです。

時代の変遷ということで、昨年よりパリ音楽院は大学院の学生の録音シリーズはすべてダウンロードのみでCD本体の制作を中止しています。自由にダウンロードしてお聴きください。

セシル・キュビックさんのサイトはこちらです。

Cécile Kubik: Actualités

 

Publicités