Posts Tagged ‘パリ音楽院’

Concerts 2016年コンサート

20 octobre 2015

2016

24 janvier à 17h00 à l’Eglise Réformée d’Auteuil パリ音楽院の修士、博士課程で注目されている4人の素晴らしい若手を紹介、共演します。

Affiche 24 jan 2016 F(japonais)concert Auteuil 24 janvier 2016

Yoko Kaneko et jeunes solistes du Conservatoire (CNSM) de Paris

Maria Hara : violon, 原麻里亜(パリ音楽院ヴァイオリン博士課程、春にエネスコの作品を録音予定)

Kei Tojo : alto,(東条慧、パリ音楽院ヴィオラ修士課程、2015年東京国際ヴィオラコンクール第2位受賞)

Cameron Crozman : violoncelle,(カメロン・クロズマン、カナダ出身。パリ音楽院チェロ修士課程。カナダの財団より貸与されている名器ストラディヴァリウスを使用予定。20歳)

Pierre Thibout : piano,(ピエール・ティボー。フランス、パリ音楽院伴奏科)

Saint-Saëns (1835-1921) : Sonate pour violoncelle et piano op. 32en ut mineur,

Enesco (1881-1955) : Sonate pour violon et piano « Dans le caractère populaire Roumain » op.25 (extrait), en la mineur,

Hersant (1948-) : Pavane pour alto solo,

Fauré (1845-1924) : Quatuor avec piano op.15 en ut mineur,


5 -6 mars : 4 concerts Schubert (Intégrale des pièces pour violon et piano) à Bilbao

Samedi 5 Mars 2016 スペインのビルバオにて、レジス・パスキエ氏とシューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品全曲を2日間にわたって4回のコンサートで演奏。

Regis-Pasquier

Photo by T.Yoshida 2013

Photo by T.Yoshida 2013

11:00 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en sol mineur opus 137 nº3 D408

Schubert: Sonatine en re majeur opus 137 nº1 D384

Schubert: Rondo brillant pour violon et piano en si mineur opus70 D895

17:15 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Duo pour violon et piano en la majeur opus 162 D574

Schubert: Fantaisie en do majeur pour violon et piano opus 159 D934

Dimanche 6 Mars 2016

11:00 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en la mineur opus 137 nº 2 D385

Schubert: Duo pour violon et piano en la majeur opus 162 D574

20:30 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en sol mineur opus137 nº3 D408

Schubert: Fantaisie en do majeur pour violon et piano opus 159 D934


Dimanche 13 mars au Château de Ripaille à Thonon–les Bains(フランスとスイス国境、レマン湖畔のリパイユ城でのコンサートシリーズに今回はクリストフ・コワン夫妻と再登場)

affiche 13 mars 2016 Kaneko Coin Andreotti v2

Christophe Coin (violoncelle)

Maria-Técla Andreotti (flûte traversière)

Yoko Kaneko (pianoforte Walter -Clarke

images-3

Saison 2015-2016 DMHC

Playel : Flute Trio,

Beethoven : Variation pour vc & pf,

Wölfl : Sonate pour vc & pf,

Wölfl : Flute Trio,

Haydn : Flute Trio


 Master Classe et concerts au Château de La Roche Guyon : 20 au 24 avril ラロッシュギュイヨン城マスタークラスとコンサート 4月20日(水)ー24日(日)

La Roche Guyon CONCERTS MASTER CLASS

 


3 récitals au Japon avec Régis Pasquier レジス・パスキエ氏と日本(横浜、鵠沼、米子)で3回のデュオリサイタル

Dimanche 15 mai 14h00, Yokohama (Himawari no sato Hall)

Concert Régis Pasquier Yoko Kaneko Yokohama 2016

ひまわりの郷コンサート・シリーズ – 横浜楽友会

Mozart Violin Sonate KV. 481 Es dur, Beethoven Violin Sonate nr.7 c moll, Schubert Sonatine D dur, Fantasie (violin & piano) C dur,

Mardi 17 mai 19h00, Kugénuma

Brahms Violin Sonate nr.1 G dur, Prokofiev Violin Sonate nr.2 D dur, Saint-Saëns Violin Sonate nr.1, d moll, 

Jeudi 18 mai 19h00 à Yonago(米子)

Affiche Yonago Régis Yoko 18 mai 2016

Mozart Violin Sonate KV. 481 Es dur, Beethoven Violin Sonate nr.7 c moll, Saint-Saëns Violin Sonate nr.1 d moll, Caprice en forme de Valse D dur,


6 juin à 20h30 à « France-Amerique » 9 Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris

Récital Violon -Piano avec Yaïe Benahim (Complet 完売) 

Bloch, Beethoven et Brahms, évènements – France-Amériques

France-Amérique Salon


10 Juin 2016 ENGLISH HAYDN FESTIVAL (Brignorth U.K.)  2016 英国ハイドン音楽祭ENGLISH HAYDN FESTIVAL (U.K) 10 Juin Triple concerto de BEETHOVEN & Concerto pour pianoforte de HAYDN nr.1, en Fa majeur/ avec pianforte 6 octaves modèle Streicher.

5回目の出演をさせていただいた英国ハイドン音楽祭、べ-トーヴェンの3重協奏曲(ヴァイオリン、チェロは音楽祭オーケストラの首席奏者のサイモンさんとロシア出身の新進バロックチェリストのパヴェル君)とハイドンのフォルテピアノコンチェルト第1番ヘ長調を6オクターヴのストライヒャーモデルのフォルテピアノで演奏、満員のお客さんも盛り上がり、素晴らしい会となりました!

Beethoven : Triple concerto & Haydn : concerto for fortepiano nr.2, F major,

HaydnLeaflet2016-AHaydnLeaflet2016B


3 août, Académie & Festival de Val d’Isère アルプスのヴァル・ディゼールの音楽祭で、名教授としても著名なチェロのミッシェル・シュトラス氏と初共演。

Récital Violoncelle -Piano avec Michel Strauss

Prokofiev, De Falla, Bruch…

Val d'Isere EgliseVAL D'ISERE !


13 septembre à 20h30 à « France-Amerique » 9 Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris Accueil – France-Amériquesパリのアルママルソーにある素晴らしい建物「フランスーアメリカ」のサロンにて、アソシエーション「ア・テンポ」を応援するコンサート。大好評だった6月のコンサートで入場できなかった方が多数いたために、同じプロを追加公演いたします。

Récital Violon -Piano avec Yaïe Benahim (Réservation obligatoire 予約制)

Bloch, Beethoven et Brahms,


RENCONTRE MUSICALE DE CLERMONT – CONCERT D’OUBERTURE : 23 septembre 20h30 à l’Eglise Saint-Samson

5 Rue de la Porte de Nointel, 60600 Clermont

L’Ensemble Fragonard, (Claire Thirion, violoncelle – Marc Zuili, flûte – Jérôme Akoka, violon – Christoph Fassbender, alto) Yoko Kaneko, pianoforte, Nicolas Baldeyrou, clarinette.

Programme sur instruments anciens

BACH – MOZART – BEETHOVEN

Sonate en ut majeur pour pianoforte, flûte et violon de Johann Christoph Friedrich Bach

Trio « Kegelstatt » en mi bémol majeur K.V498, pour pianoforte, clarinette et alto de W.A Mozart

Quatuor en la majeur K.V 298 pour flûte, violon, alto et cello de W.A Mozart

Trio pour clarinette, violoncelle et piano opus 11 de Ludwig Van Beethoven

Symphonie n°38 en ré majeur dite « Prague » K.V 504 de W.A Mozart (pour pianoforte, flûte, violon et violoncelle), version Hummel.

Vendredi 23 septembre – Ensemble Fragonard – Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise


Dimanche 27 novembre 17h00 à Port Royal des Champs « Salle Gazier » (près de Versailles) Les Granges de Port-Royal, 78114 Magny-les-Hameaux

Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte Fritz (6 octaves), Jérôme Akoka : violon  L.V.Beethoven : Trios « Geister »  op.70-1, « Archiduc » op. 97, pièces solo pour pianoforte et violoncelle de B.Ronberg « 3 Aires Russes Variés pour violoncelle et pianoforte » de F.Ries.

Un lieu mythique. C’était dimanche 27 novembre à Port Royal des Champs.Concert BEETHOVEN, RIES (une pièce vc & pf uncroyable!) et RONBERG avec un merveilleux pianoforte Fritz… un concert rare et inoubliable avec Christophe Coin et Jérôme Akoka. Merci et bravo à dgardo Campos pour l’accord.日曜にクリストフ・コワンさん達と演奏したポールロワイヤル寺院跡、ルイ14世の命令で主要な建物は残念なことに壊されましたが遺跡が博物館と国有公園として保存され、大変質の高いペリオド楽器を中心としたコンサートが開催されています。色彩豊かな素晴らしい6オクターヴのフォルテピアノ「フリッツ」で奏でるベ-トーヴェンの2大トリオ「幽霊」と「大公」の魅力に私自身も聴衆も取り憑かれてしまいました。そして、今回恐らく世界初演のリースのチェロとフォルテピアノのデュオはとてつもない魅力を持つ曲で、これからもしばしば取り上げようとコワンさんと話しています。

im0141-hr

port-royal-nov-2016-dbeethoven-ries-port-royal-concert-nov-2016port-royal-nov-2016-aport-royal-nov-2016-c


Dimanche 10 décembre 17h00 au Musée des Avelines de Saint-Cloud  60 Rue Gounod, 92210 Saint-Cloud  avec Amélie Berson (flûte), Lester Chio (clarinette), Antoine Baudoin (hautbois), Stéphane Tamby (basson), Eric Du Fay (cor naturel) Yoko Kaneko (pianoforte Walter-Clarke 5 octaves) Beethoven Quintette pour pianoforte et vents op.16, F.X.Mozart Rondo pour flûte et pianoforte…

12月10日(日)パリ郊外の美しいサンクルーの美術館にて、私のフォルテピアノとペリオド楽器の管楽器(フルート、クラリネット、オーボエ、バスーン、ナチュラルホルン)でべ-トーヴェンのクインテット作品16他 

affiche-concert-musee-Saint-Cloud-10-dec-2016 

images

Publicités

3 sonates françaises pour violon et pianoforte avec Cécile Kubik バイヨー、アラール、アルカンのフォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ、デュオのパリ音楽院での録音

5 janvier 2014

COLLECTION JEUNES SOLISTES DU CNSMDP

CHRONIQUES PARISIENNES 1820-1850 

Notice (french) 解説と演奏者の紹介はこちらをクリックしてください。

CnsmdP-CDJS-12-88-Kubik

Cécile Kubik : violon historique

Yoko Kaneko : pianoforte (Graf-Clarke, Erard 1880)

Programme

Pierre Baillot (1771-1842)

Sonate pour violon et piano, op. 32
1. Andante  3’34
2. Allegro brillante e vivo  6’03
3. Adagio assai  6’14
4. Allegro vivace  6’50

Delphin Alard (1815-1888)

Grand Duo concertant pour piano et violon, op. 25
5. Allegro moderato 8’01
6. Andantino sostenuto  5’47
7. Scherzo  3’21  à entendre
8. Allegretto grazioso  6’41

Charles Valentin Alkan (1813-1888)

Duo pour piano et violon, op. 21
9. Premier duo – Assez animé  7’58
10. L’Enfer – Lentement  5’49
11. Finale – Aussi vite que possible  11’54

Durée totale 72’38

Crédits

Enregistrement réalisé en avril 2012 par le service audio-visuel du Conservatoire, Grand Plateau d’Orchestre.
Ingénieur du son : Jean Gauthier.
Direction artistique : Florent Ollivier, étudiant en Formation Supérieure aux Métiers du Son (FSMS).
Texte du livret : Cécile Kubik.
Collection Jeunes Solistes avec le soutien de la Fondation Meyer pour le développement culturel et artistique.
Centre de Recherche et d’Edition du Conservatoire (CREC).
CREC-audio 12/088

2012年にパリ音楽院で1週間かけて録音した大学院生セシル・キュビックさんとのバイヨー、アラール、アルカンのデュオソナタの録音がダウンロードできます。

これはパリ音楽院の大学院生の研究の一環とプロモーションを兼ねた、高品質な、しかし非売品の録音で、指導の一環として彼女の2年間の指導教官だったクリストフ・コワン氏の助言も参考にしながら特別にお手伝いしました。それぞれ素晴らしい曲ですが、ピアノパートは難度が高く苦労しました。

使用フォルテピアノは、パリ音楽院所蔵のククリストファー・ラーク製の素晴らしいグラーフモデル(6オクターヴ半)、1880年製エラールのピアノです。

時代の変遷ということで、昨年よりパリ音楽院は大学院の学生の録音シリーズはすべてダウンロードのみでCD本体の制作を中止しています。自由にダウンロードしてお聴きください。

セシル・キュビックさんのサイトはこちらです。

Cécile Kubik: Actualités

 

Pianofortes (et élèves) que j’ai rencontrés au CNSM / パリ音楽院のフォルテピアノと教授代行

1 mai 2012

Droits réservés

Droits réservés

パリ音楽院の博士課程(旧『第三課程』、新しく作られた『実技 & ソルボンヌ大学での研究』の課程)で昨年より研究をしているヴァイオリンのセシル・キュビックさんの指導をクリストフ・コワン氏と担当しています。ペリオド楽器でフランス19世紀のヴァイオリンとピアノフォルテの作品の発掘、研究と演奏が研究課題。パリ音楽院の博士課程の学生にメイヤー財団の援助により毎年実現されるCD録音(音楽院のためのもので非売品)では私がピアノフォルテを担当しました。

プログラムはバイヨー、アラール(共に当時パリで活躍してパリ音楽院教授だった名ヴァイオリニスト)とアルカンの超難曲のデュオ。録音に先立っての4月1日の楽器博物館でのコンサートでは博物館所蔵のブロードマン、エラールを演奏させていただき、録音では、パリ音楽院蔵のグラーフとエラールの2台を使用しました。

いつも思うことですが、素晴らしい楽器は私達演奏家に表現の可能性、作曲家が探していた真実を教示してくれるのです。演奏家、楽譜、楽器、そして録音技師(パリ音楽院に20年以上勤務しているベテランのジャン・ゴチエ氏)と音楽監督(録音技師養成クラスの学生フロラン・オリヴィエ君)の努力が結集した白熱した5日間でした。CDの完成が楽しみです。

録音終了と同時に、パリ音楽院から、脚を怪我したフォルテピアノ科の教授の代講を依頼され、しばらくの間生徒達の指導もしています。パリ音楽院やトウールーズ音楽院からは数年以来フォルテピアノ科の卒業試験の審査員としてしばしば招かれていましたが、レッスンは初めてで、私にとってもとても興味深いです。生徒はフランス、台湾、中国、韓国のそれぞれモダンピアノの高いレヴェルの学生ばかりで、特に台湾、中国、韓国の3人は、将来母国でフォルテピアノの初めての本格的な世代として活躍するのでは、という気がします。(30年前に桐朋がフォルテピアノを購入したことを考えると、30−40年遅れているのだろうと思うのです。)

パリ音楽院にジョス・ファン・インマゼール氏のフォルテピアノクラスが開講されてから20年、(氏は多忙のため95年にパリ音楽院を去り後継者が就任)当時パリ音楽院が入手した楽器はクラーク製のレンゲラーモデル(5オクターヴの素晴らしい楽器)一台。これを生徒達が争うようにそれは大切に弾きつつ『鍵盤が超軽い楽器に必要な繊細なテクニック』を一生懸命マスターしたことを思い出します。今ではマクナルティのワルターモデル、マーネ製のグラーフモデル、エラール2台、プレイエルと、音楽院のコレクションも豊になり羨ましい次第です。

来年はストラヴィンスキーの春の祭典の指揮まで手がけるという凄い活動を展開し続ける恩師インマゼールとは2013年の今頃、フランス、ベルギー、ポーランドで再びモーツアルトの2台フォルテピアノのためのコンチェルトを共演予定で、再会を心より楽しみにしています。

2012年5月1日 金子陽子

ジャン ムイエール と ジャン ユボー / Au revoir Ken Kinoshita /追悼 木下健一氏

6 avril 2010

Au revoir Ken Kinoshita / 追悼 木下健一氏

Le journaliste Kenichi Kinoshita nous a quitté le 17 mars 2011 suite à une longue maladie.

Il a vécu à Paris entre 1971 et 2006   

1951年1月6日-2011年3月17日(1971年より2006年までパリ在住)

Copyright Yoko Kaneko 2011

  悲しいニュースです。胃がんとの壮絶な闘病生活を続けられていた木下健一氏がこの3月に他界されました。パリ在住時代から、情熱を持ってムイエール、ヴィアノヴアカルテット、私自身とガブリエルピアノカルテットを応援してくださり、ブザンソン音楽祭でのコンサートや レイナルド アーンのCD録音にも駆けつけてくださったことなど忘れられません。氏が残された数多くの素晴らしい記事と評論は、日仏文化にも重要な資料だと思います。氏の業績に心から感謝を申しあげ、心よりご冥福をお祈りいたします。

ジャン・ムイエール(Jean Mouillère)


フランスの室内楽の伝統を引き継ぐ名ヴァイオリニスト、教育者。LPレコード時代からその活気漲る高い芸術性で日本をはじめ世界を風靡したヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団の創設者、パリ音楽院室内楽科の名教授として1980年—2006年の間世界第一線で活躍する多くの音楽家達を育成。2006年の退官後はエコーノルマル音楽院教授、毎年春に開催されるラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスと音楽祭の音楽監督、ニースでの夏の講習会でも教鞭を取り、常に若い世代の紹介に情熱を注いでいることでも知られている。

1941年フランスのアンジェ生まれ。パリ音楽院にてローラン・シャルミ(名女流ピアニストリリー・ラスキンの夫)にヴァイオリンを、名高い弦楽四重奏団として活躍したジョゼフ・カルヴェに室内楽を学び1960年にプルミエプリ(一等書)で卒業、パリ音楽院オーケストラ(今のパリ管弦楽団の前進)のコンサートマスターを務め、シャンゼリゼ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、アンドレ・キュルイテン、シャルル・ミュンシュなどの名指揮者に認められて、オーケストラの日本、アメリカツアのソリストとして抜擢される。

1962年にフランスを拠点に「生気漲る音楽のため」の運動を始め、同世代の第一線の演奏家達と共に「コルシカ音楽祭」を創設。ミュンヘン国際ヴァイオリンコンクールで特別賞も受賞。コルシカ音楽祭の高い芸術性が著名評論家達から評価され、巨匠ピアニスト、リヒテル、ケンプが同音楽祭に参加して彼らと共演したことで、正に世界の注目を浴び、そこから「ヴィア・ノヴァ(新しい道という意)弦楽四重奏団」が生まれる。

ムイエール氏本人によると、この「新しい道」とは、今までになかった境地を音楽で表現しよう、世界を変えて行こう、という意味がこめられていたとのことである。

1968年以降は、フランスのアルプス山脈のシャーもニー、ラプラーニュでも音楽祭を創設する。

フォーレのピアノ曲全曲録音で知られるピアニスト、作曲家、故ジャン・ユボーとエラート社に多くの曲を録音、欧米の演奏家として初めて当時の中国に共に招かれたことを大変誇りに思っている。

現代曲も積極的に取り上げ、マデルナ、フェラリ、クセナキス、リテティ、デュティーユなどの作品を演奏。ソリストとしてはこれまでに、ミッシェル・プラソン、クルト・マズール、カサドシュ、アルベルト、アルマン・ジョルダンらの大指揮者、バーデンバーデン響、パリ管弦楽団、フランス放送響、ドレスデン響、ブダペスト響、スイスロマンド響、北京交響楽団、上海交響楽団と共演した。

これまでにリリースされた主要な録音

−アルマン・ジョルダン指揮、モンテカルロ交響楽団とのショーソンの詩曲 (ディアパゾン金賞受賞)

−ハイドンの弦楽四重奏曲、

−ドビッシー、ショーソン、ラヴェル、ルーセル、ピレルネ、イベール、カプレ、デュティーユなどのフランス物のカルテット

−ピアニスト、作曲家のジャン・ユボーとシューマン室内楽全集。

−今日でも名盤として世界で紹介されているジャン・ユボーとのフォーレ室内楽全集。

これらの録音に対してディアパゾン金賞、ゲルラン・ディスク大賞、芸術アカデミー大賞など12もの大賞を受賞。フランス政府からもフランス文化への貢献を高く評価されて勲章を授与されている。

ジャン ムイエール のインタヴュー記事

こちらの木下健一氏のサイトでご覧になれますhttp://members2.jcom.home.ne.jp/kinoken2/intv/intv_contents/intv_mouillere.html

1989年にレコード芸術誌に掲載されたジャーナリスト木下健一氏による記事が、氏のサイトに保存されています。日本語で現存する貴重な資料です!

 「ジャン ムイエールとジャン ユボー、私の2人の恩師」 

 桐朋大学音楽学部1年のとき、フランス音楽に凝っていたヴァイオリニストの親友に誘われて、フォーレの音楽が使われているから、というので、フランス映画「田舎の日曜日」(1983年)を都心の小さな深夜映画館に見に行き、深く感銘をうけました。フランスのセザール賞を独占したというその名画に使われていたのはなんとフォーレのピアノクインテット、トリオなどのそれは美しいテーマの数々で、その演奏をしていたのが、LP時代の名盤で日本にもファンの多かった ジャン ムイエール率いる ヴィアノヴァカルテットQuatuor Via Nova 、彼の師であった名ピアニスト、作曲家、故ジャン ユボーだったのです。

 後に聞いたのですが、当のジャン ムイエール自身、大ヒットしたその映画を映画館に見に行って、はじめて自分達のCDが使われていたことを発見し、あとから著作権料を請求したという笑い話があります。

 それらのCDと 当時出始めたばかりのウオークマン式CDプレーヤーを渡仏のお餞別として友人たちからプレゼントされ、ジャン ムイエール、ジャン ユボーをいつかフランスで探し出そうと思いつつパリ音楽院に無事入学したのが1987年秋。

  2人との出会いは意外と早くやってきました。パリ音楽院1年生が終わる頃、ラヴエルの生誕地サン ジャン ド リュズでのアカデミーの生徒募集のポスターに2人の名が教授として並んでいたのです。当時、すでにパリ音楽院の室内楽の教授を退官され (後任となったのが ジャン ムイエール)、エラートレーベルに シューマン室内楽全集、フォーレ室内楽全集を終えて フォーレピアノ全曲の録音プロジェクトにとりかかりはじめられていたジャン ユボー氏にはアカデミーに先立って15区の質素なご自宅にご挨拶に伺い、暖かくお迎えいただきました。日本から来たばかりで、フォーレの後期の作品のほうが好きだ、などど(生意気にも)口にする私のことを、厚い眼鏡の奥から暖かく、まじまじと見つめていられたのが印象的でした。

 ジャン ムイエール氏との初顔合わせは意外にも。。。3週間のアカデミーの開校式には顔を見せず、午後の休息時間に生徒達で砂浜に出かけたところ、顔が全部入ってしまいそうな大きな水中眼鏡をかけた海水パンツ姿の男性が、それはそれは楽しそうに波とたわむれつつ、生徒達にBONJOUR!と握手をしているではありませんか。あまりの人懐っこそうな姿に、伴奏ピアニストか事務局のお兄さんかと思いきや、「これが ジャン ムイエール先生よ」。。。。今でいうと「のだめカンタービレの世界」そのもです。

  どちらかというと無口でひょうきんなジャン ユボー大先生と、その弟子で、しゃべりだすと止まらないけれど弾きだすと感動せずにはいられないジャン ムイエール氏のデュオもまた素晴らしいものでしたが、レッスンでは、ユーモアを交えながらも2人は決して生徒にお世辞を言わず、暖かくも厳しく、楽譜の解釈と室内楽演奏の基本、フランス音楽の伝統を教えられました。ユボー氏の指使いやペダルの指示を直筆で書き込まれた ドビューシー、ラヴェル、フォーレのヴァイオリンソナタの譜面は私の宝物です。

  パリ音楽院ではピアノ科の生徒は2年目から室内楽が必修でしたので、この講習会が終わって新年度が始まると共に、私は ジャン ムイエールクラスに正式に入門を許され、クインテットを希望していた私にメンバーを見つけてくださいました。これがすぐにガブリエル ピアノカルテットになりまして、大学院まで5年間の教えを受けたのです。氏はお人柄友達が多く、知り合いのパリのサロンやアヌシー湖の湖畔、ご自身の別荘や ラ ロッシュギュイヨン城などで手作りコンサートを企画し、どんどん人前で弾く機会を与えてくださいました。アヌシー湖畔のフォーレがレクイエムを初演した教会で、ムイエール氏と、あの都心の深夜映画ではじめて耳にした懐かしのフォーレのクインテットを共演した演奏会は忘れられない思い出となりました。

 ジャン ムイエールに、音楽のすべてを、音楽の歓びを教わった、、、というのが巣立った生徒達の一致した感想です。こんなに貴重な経験を与えてくれたことに卒業生たち(多くが、パリをはじめヨーロッパ各地の主要オーケストラの主席奏者として活躍中)は皆感謝しているはずです。

 2010年4月 金子陽子