Posts Tagged ‘バッハ’

New CD J.S.BACH (MA-J510) / Partitas nr.4 et nr.6, Suite Française nr.5, Fantaisie et Fugue BWV 904 / 金子陽子 新CDバッハ, パルティータ4番,6番他, 天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏との新録音 

9 novembre 2014

New CD / Nouveau CD sorti au Japon en novembre 2014,

le 26 janvier 2015 en France :  Bach, J-S : Partitas n°4 et 6, Suite Française n°5, Fantaisie et Fugue

Also in Hollande : Yoko Kaneko speelt Bach op fortepiano

(MA-J510) J.S.BACH : Partitas nr.4 et nr.6, Suite Française nr.5, Fantaisie et Fugue BWV 904 鍵盤楽器のための作品集 (フォルテピアノによる録音)

3 excellents articles déjà parus au Japon : Le plus grand quotidien « Yomiuri-Shinbun » du 20 novembre, L’interview de Yoko Kaneko sur l’enregistrement du CD Bach avec Todd Garfinkle au Magazine « Audio Accessory », « Records Geijyutu (Art d’enregistrement » du mois de décembre : Prix du « meilleur enregistrement ». 11月20日の読売新聞夕刊にバッハのCDが推薦盤として紹介されました。「欧州で高い評価を得ているピアニスト金子陽子が、18世紀末の名器を復元したフォルテピアノをそうして洗練された表現を聴かせる。緩やかな楽章での甘美は歌い回しはことに絶妙。独自の調律法による響きの輝きも味わい深い。」 1月27日の読売デジタル版はこちら ○バッハ「パルティータ第4&6番」ほか : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 12月号のレコード芸術誌にても大変良い評価をいただきました。Articles Japon 読売、レコード芸術誌記事 CD Bach MAJ510 11月21日発売のオーディオ専門誌「オーディオアクセサリー AudioAccessory」に、新譜録音についての私のインタヴュー記事が掲載されています。是非ご購読ください。  

Copyright 2014 Yoko Kaneko

Copyright 2014 Yoko Kaneko

Yoko Kaneko CD Bach MAJ510

Copyright Yoko Kaneko 2014

MAJ510 back cover

English Notice & Biographie Yoko Kaneko of this CD : CD Bach MAJ510 English Notice

Notice et Biographie Yoko Kaneko en français (original) par René Beaupain et Edgardo Campos :  CD BACH MAJ 510 Notice en Frencais par René Beaupain

このCDの解説(ルネ・ボーパン、エドガルド・カンポ両氏、金子陽子プロフィールの日本語版 CD BACH MAJ 510 日本語版解説 Notice Japonais

« J.-S. Bach a connu le pianoforte, bien que ce soit sur le tard et il s’en est sûrement servi. En l’adoptant pour exécuter son œuvre, on peut espérer de demeurer aussi proche que possible de la sonorité pour laquelle elle a été conçue et d’éviter ainsi l’éloignement qu’apportera le piano moderne…Yoko Kaneko apporte ici la finesse de son toucher et sa phrasée sensibles au service des œuvres de J.-S. Bach qui en font ressortir la richesse harmonique, le scintillement éclatant et la plénitude sonore que le pianoforte est capable de produire. » (Copyright 2014, René Beaupain) Notice en français :  『バッハはフォルテピアノを知っていた。フォルテピアノを使えば、彼が頭に描いた音色に限りなく近付いていると期待できるし、現代のピアノとの隔たりを避けることもできるのである。金子陽子はバッハ作品の演奏を、繊細なタッチでフレージングを際立たせて行い、和声の豊かさ、まばゆいばかりのきらめき、音色の豊かさを聞かせている。これはフォルテピアノによって生み出すことが可能となるものだ。』 ルネ・ボーパン氏の解説より 日本国内でのオンライン購入はこちらからどうぞ 金子陽子/J.S.バッハ: 鍵盤楽器のための作品集 – TOWER RECORDS ONLINE 海外の方はこちらにメールでお問い合わせください。Yoko2.kaneko@gmail.com Recording at /enregistré à Port Royal des Champs, Juin 2014, 2014年6月、フランス、ポールロワイヤルデション寺院跡にて録音、 Publié chez MA RECORDINGS (USA) / distribué par xxx (France, Europe) et King International (Japon) / 日本販売元、キングインターナショナル、ヨーロッパ販売元は現在交渉中です。 Fortepiano (Pianoforte): Christopher Clarke (Donzy le National en Bourgogne, 2004) after/d’après Anton Walter / 使用楽器、クリストファー・クラーク製ワルターモデル、 Tuner /Accord et Tempérament : Edgardo Campos / 調律 (歴史的調律): エドガルド・カンポ Liner notes/Texte: René Beaupain, Paris /解説 : ルネ・ボーパン

Publicités