Posts Tagged ‘グラーフ’

8 mars 2017 à BONN/Concerts SCHUBERT par Christophe Coin (Arpeggione, Violoncelle), Jérôme Akoka (Violon) et Y.Kaneko (pianoforte) 2015 年に続いてドイツでクリストフ・コワンのアルペジョーネとチェロでシューベルトを共演!

30 août 2015

8 mars 2017, nous irons à BONN pour un programme entièrement SCHUBERT  avec Christophe Coin (arpeggione et violoncelle historique) et Jérôme Akoka (violon historique).

einviertel_arpeggione_ew03

https://www.erloeserkirchengemeinde.de/einrichtungen-orte/historischer-gemeindesaal/

Schubert (Grand Duo pour violon & pianoforte D.812,

Sonate Arpeggione pour arpeggione et pianoforte,

Trio nr.2 en mi bémol majeur)

Jérôme Akoka (violon)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle)

Yoko Kaneko :fortepiano : Graf, 6 octaves et demie)

imagesTrio Coin Akoka Kaneko 9 oct 2015

Octobre 2015 :

Je suis particulièrement heureuse de vous faire parvenir les dates de 2 concerts « rares » que je donne avec Christophe Coin (arpeggione et violoncelle historique) et Jérôme Akoka (violon historique).

Vous pouvez entendre la Sonate « Arpeggione » de Schubert sur un vrai « arpeggione » de sa collection & un pianoforte 6 octaves (de l’époque de Schubert), Trio nr.2 (mi bémol majeur) cette fois-ci sur violoncelle, ainsi que la Sonate « Printemps » de Beethoven.10月9日、11日に、パリの南西と北の2つの音楽祭で、バロックチェロの巨匠、パリ音楽院の親しい同僚でもあるクリストフ・コワン(Christophe Coin) 氏のチェロ(ペリオド楽器)と大変めずらしい アルペジョーネシューベルト時代のフォルテピアノ(私)とジェローム・アコカ (Jérôme Akoka) のヴァイオリンで、シューベルト(トリオ2番とアルペジョーネソナタ)、べ−ト−ヴェン(ヴァイオリンソナタ「春」)のコンサートが予定されています。世界最高峰と言われるモザイクカルテット、教育者(パリ音楽院とバーゼルのスコラカントロム)指揮者としても世界で活躍されているクリストフ・コワン氏とはドイツロマン派のグロス(J.B.GROSS) のチェロソナタのCD録音(Youtube でチェロソナタの試聴が可能です)をご一緒して以来デュオとトリオで共演を重ねています。9日 (金曜日、20h30) は パリの北Clermont de l’Oise の音楽祭, 11日 (日曜日、17h00) は ヴェルサイユ近郊の寺院跡、Port Royal des Champs (coté ruine, salle gazier) のコンサートシリーズで、 いずれも車が必要ですが、どちらも素敵な所です。

Vendredi 9 octobre 2015 à 20h30, Rencontre Musicales de Clermont (Clermont de l’Oise, près de Paris) 第一回クレルモン・ロワーズ音楽祭(パリの北)Eglise Saint Samson 60157 Clermont,

Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise | Festival de Musique Classique – Septembre 2015 – Ville de Clermont (Oise)

Yoko Kaneko / Jérôme Akoka / Christophe Coin – Diapason
Christophe Coin : Arpeggione* et violoncelle historique,
Jérôme Akoka : violon historique,
Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves)
Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.24 en fa majeur « Printemps »
Schubert : Sonate Arpeggione D.821, en la mineur, Trio D.929, op.100 en mi bémol majeur,

˜Tarif plein, à l’unité : 20€,   Enfants et demandeurs d’emploi : 5 €
˜Pass 3 concerts : 50 €
˜Pass 6 concerts : 80 €
Réservations par téléphone : 06 14 13 02 60
Mail : contact@rencontresmusicales.clermont-oise.fr

*images

10月9日(金)パリ近郊のクレルモン・ロワーズで初めて開催される音楽祭で、ベートーヴェンのスプリングソナタ(ヴァイオリン、ジェローム・アコカ)、シューベルトが「アルペジョーネ」という楽器の為に作曲した「アルペジョーネソナタ」(チェロでいつも演奏されていますが)をクリストフ・コワン氏所蔵の大変珍しい「アルペジョーネ」と共演します。2部はチェロに持ち替えていただいてシューベルトの大作トリオ変ホ長調を演奏します。(フォルテピアノは6オクターヴのオリジナル楽器を使用予定)

concert la roche posayJérôme Akoka
Dimanche 11 octobre 2015 à 17h00 à Port Royal des Champs (salle Gazier, l’entrée « coté ruine ») (près de Versailles, RER B St.Rémy-les-Chevreuse & bus) 10月11日(日)ヴェルサイユ近郊のポールロワイヤルデションで10月9日と同じプログラム 

Le site du Port Royal des Champs 会場のポールロワイヤル寺院、博物館のサイト : Concerts saisons

Christophe Coin : Arpeggione et violoncelle,
Jérôme Akoka : violon historique,
Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves)
Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.24, en fa majeur « Printemps »
Schubert : Sonate D.821, en la mineur pour arpeggione et pianoforte, Trio D.929, op.100, en mi bémol majeur,

Places (plein tarif) (チケット正規料金): 20€
Adhérents de l’association (会員割引料金): 15€
Etudiants(学生): 10€
Gratuit pour les enfants de moins de 12 ans 12歳未満無料
Formule 10 tickets : 100€ (à valoir sur l’ensemble des concerts de la saison, confirmation du nombre de places une semaine avant la date du concert)

Réservation par mail : asso.aprc@gmail.com /par téléphone : 06 13 08 34 08

Une visite guidé et concert : 25€  du site de Port-Royal des Champs sera donné avant concert par Jean-Paul Carcel, conférencier.
Renseignements et inscriptions à jpc.mail@free.fr ou au 06.51.58.41.14

 

Publicités

3 sonates françaises pour violon et pianoforte avec Cécile Kubik バイヨー、アラール、アルカンのフォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ、デュオのパリ音楽院での録音

5 janvier 2014

COLLECTION JEUNES SOLISTES DU CNSMDP

CHRONIQUES PARISIENNES 1820-1850 

Notice (french) 解説と演奏者の紹介はこちらをクリックしてください。

CnsmdP-CDJS-12-88-Kubik

Cécile Kubik : violon historique

Yoko Kaneko : pianoforte (Graf-Clarke, Erard 1880)

Programme

Pierre Baillot (1771-1842)

Sonate pour violon et piano, op. 32
1. Andante  3’34
2. Allegro brillante e vivo  6’03
3. Adagio assai  6’14
4. Allegro vivace  6’50

Delphin Alard (1815-1888)

Grand Duo concertant pour piano et violon, op. 25
5. Allegro moderato 8’01
6. Andantino sostenuto  5’47
7. Scherzo  3’21  à entendre
8. Allegretto grazioso  6’41

Charles Valentin Alkan (1813-1888)

Duo pour piano et violon, op. 21
9. Premier duo – Assez animé  7’58
10. L’Enfer – Lentement  5’49
11. Finale – Aussi vite que possible  11’54

Durée totale 72’38

Crédits

Enregistrement réalisé en avril 2012 par le service audio-visuel du Conservatoire, Grand Plateau d’Orchestre.
Ingénieur du son : Jean Gauthier.
Direction artistique : Florent Ollivier, étudiant en Formation Supérieure aux Métiers du Son (FSMS).
Texte du livret : Cécile Kubik.
Collection Jeunes Solistes avec le soutien de la Fondation Meyer pour le développement culturel et artistique.
Centre de Recherche et d’Edition du Conservatoire (CREC).
CREC-audio 12/088

2012年にパリ音楽院で1週間かけて録音した大学院生セシル・キュビックさんとのバイヨー、アラール、アルカンのデュオソナタの録音がダウンロードできます。

これはパリ音楽院の大学院生の研究の一環とプロモーションを兼ねた、高品質な、しかし非売品の録音で、指導の一環として彼女の2年間の指導教官だったクリストフ・コワン氏の助言も参考にしながら特別にお手伝いしました。それぞれ素晴らしい曲ですが、ピアノパートは難度が高く苦労しました。

使用フォルテピアノは、パリ音楽院所蔵のククリストファー・ラーク製の素晴らしいグラーフモデル(6オクターヴ半)、1880年製エラールのピアノです。

時代の変遷ということで、昨年よりパリ音楽院は大学院の学生の録音シリーズはすべてダウンロードのみでCD本体の制作を中止しています。自由にダウンロードしてお聴きください。

セシル・キュビックさんのサイトはこちらです。

Cécile Kubik: Actualités

 

Pianofortes (et élèves) que j’ai rencontrés au CNSM / パリ音楽院のフォルテピアノと教授代行

1 mai 2012

Droits réservés

Droits réservés

パリ音楽院の博士課程(旧『第三課程』、新しく作られた『実技 & ソルボンヌ大学での研究』の課程)で昨年より研究をしているヴァイオリンのセシル・キュビックさんの指導をクリストフ・コワン氏と担当しています。ペリオド楽器でフランス19世紀のヴァイオリンとピアノフォルテの作品の発掘、研究と演奏が研究課題。パリ音楽院の博士課程の学生にメイヤー財団の援助により毎年実現されるCD録音(音楽院のためのもので非売品)では私がピアノフォルテを担当しました。

プログラムはバイヨー、アラール(共に当時パリで活躍してパリ音楽院教授だった名ヴァイオリニスト)とアルカンの超難曲のデュオ。録音に先立っての4月1日の楽器博物館でのコンサートでは博物館所蔵のブロードマン、エラールを演奏させていただき、録音では、パリ音楽院蔵のグラーフとエラールの2台を使用しました。

いつも思うことですが、素晴らしい楽器は私達演奏家に表現の可能性、作曲家が探していた真実を教示してくれるのです。演奏家、楽譜、楽器、そして録音技師(パリ音楽院に20年以上勤務しているベテランのジャン・ゴチエ氏)と音楽監督(録音技師養成クラスの学生フロラン・オリヴィエ君)の努力が結集した白熱した5日間でした。CDの完成が楽しみです。

録音終了と同時に、パリ音楽院から、脚を怪我したフォルテピアノ科の教授の代講を依頼され、しばらくの間生徒達の指導もしています。パリ音楽院やトウールーズ音楽院からは数年以来フォルテピアノ科の卒業試験の審査員としてしばしば招かれていましたが、レッスンは初めてで、私にとってもとても興味深いです。生徒はフランス、台湾、中国、韓国のそれぞれモダンピアノの高いレヴェルの学生ばかりで、特に台湾、中国、韓国の3人は、将来母国でフォルテピアノの初めての本格的な世代として活躍するのでは、という気がします。(30年前に桐朋がフォルテピアノを購入したことを考えると、30−40年遅れているのだろうと思うのです。)

パリ音楽院にジョス・ファン・インマゼール氏のフォルテピアノクラスが開講されてから20年、(氏は多忙のため95年にパリ音楽院を去り後継者が就任)当時パリ音楽院が入手した楽器はクラーク製のレンゲラーモデル(5オクターヴの素晴らしい楽器)一台。これを生徒達が争うようにそれは大切に弾きつつ『鍵盤が超軽い楽器に必要な繊細なテクニック』を一生懸命マスターしたことを思い出します。今ではマクナルティのワルターモデル、マーネ製のグラーフモデル、エラール2台、プレイエルと、音楽院のコレクションも豊になり羨ましい次第です。

来年はストラヴィンスキーの春の祭典の指揮まで手がけるという凄い活動を展開し続ける恩師インマゼールとは2013年の今頃、フランス、ベルギー、ポーランドで再びモーツアルトの2台フォルテピアノのためのコンチェルトを共演予定で、再会を心より楽しみにしています。

2012年5月1日 金子陽子