Archive for the ‘Concerts News’ Category

Concerts 2019コンサート情報

11 avril 2019

 

Concerts confirmés en 2019 / 2019年の決定しているコンサートです。年末から逆上りに掲示してあります。


Concerts au JAPON novembre-décembre 2019 avec Régis Pasquier / レジス・パスキエ 金子陽子2019年来日公演

12月3日(火)鵠沼 レスプリフランセレジス・パスキエ 金子陽子 デュオリサイタル 

Mardi 3 décembre à 19h00 à Kugénuma « l’Esprit Français » DUO Récital Régis Pasquier et Yoko Kaneko

BEETHOVEN : Sonate pour violon et piano nr.6 op.30-1, La majeur
ベートーヴェン :ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第6番作品30−1、イ長調
SCHUBERT : Impromptu pour piano en ut mineur o.90-1
シューベルト: 即興曲ハ短調 作品90−1
 
CHOPIN : 2 Mazurkas op.24 nr.2 en ut majeur, nr.4 en si bémol mineur,
ショパン : マズルカ作品24から、第2番ハ長調、第4番変ロ短調
 
SAINT-SAENS : Introduction et Rondo Capriccioso
サンサーンス : 序曲とロンドカプリチオーソ
 
RAVEL : Sonate pour violon et piano nr.2
ラヴェル : ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番 ト長調

11月30日(日)14時開演 海老名市民文化会館

ブラームス ソナタ第1番 雨の歌 op.78 ト長調

プロコフィエフ ソナタ第2番 ニ長調, oP.94

フランク ソナタイ長調

Dimanche 30 novembre à 14h00 EBINA City Culture Hall (Kanagawa Préfécture)

BRHAMS : Sonate pour violon et piano nr.1, op.78, en sol majeur,

PROKOFIEV : Sonate pour violon et piano nr.2, op.94, en ré majeur;

FRANCK : Sonate en la majeur,


OCTOBRE : Concert « Musique Française » avec Régis Pasquier à Hanoï (Vietnam) : date à confirmer

10月半ばにベトナムのハノイにて、レジスパスキエさんとフランス音楽のデュオリサイタルを予定しています。


Dimanche 22 Septembre à 17H00, Récital de pianoforte  à La Chaize-Giraud (en Vendée)

L.Van BEETHOVEN, F.SCHUBERT, F.CHOPIN et A.DAMNIANOVITCH (ANASTASIMA/АНАСТАСИМА version pour piano, création)

https://www.vendee-tourisme.com/toutes-les-fetes-et-manifestations-en-vendee/89833-recital-pianoforte-yoko-kaneko.html

9月22日(日)17時開演、ラ・シェーズ・ジロー音楽祭、金子陽子フォルテピアノリサイタル。

フランスの大西洋に近いヴォンデー地方。シューベルトを中心に、ベートーヴェン、そしてフォルテピアノでは初めてのショパンの作品と、パリ音楽院出身のセルビア人の作曲家、指揮者、ダムニアノヴィッチ氏の新作 »ANASTASIMA/АНАСТАСИМА »『アナスタシマ』のピアノ版世界初演にも挑戦します。


Mi-septembre : Recording/Enregistrement des oeuvres pianoforte solo de SCHUBERT,

9月半ばにシューベルトのフォルテピアノによるソロ作品のCD録音を予定しています。 


13 & 14 Juilllet : Intégrale des pièces pour violon et piano de SCHUBERT à Opéra de Canton (Guangzhou) 7月13日、14日、レジス・パスキエさんと、中国の広州オペラ座にて2晩に渡ってシューベルトのヴァイオリンのピアノのための作品の全曲演奏に挑戦します。数年前のスペインのビルバオ音楽祭以来です!

Régis Pasquier violon Yoko Kaneko piano

13 juillet à 19h30 à l’Opéra de Canton,

Schubert: Sonatine en sol mineur opus 137 nº3 D408

Schubert: Grand Duo pour violon et piano en la majeur opus 162 D574

Schubert: Rondo brillant pour violon et piano en si mineur opus70 D895

 

12 juillet (dans la ville) et 14 juillet à 19h30 à l’Opéra de Canton,

Schubert: Sonatine en la mineur opus 137 nº 2  D385

Schubert: Sonatine en re majeur opus 137 nº1 D384

Schubert: Fantaisie en do majeur pour violon et piano opus 159 D934   


Dimanche 22 juin 14h30 Musée des Avelines Saint Cloud, Mini récital de piano

SCHUBERT Impromptu op.90, nr.1 en ut mineur, nr.3 en sol dièse majeur,

CHOPIN 4 Mazurkas op.6


16 mai : Cycle Beethoven à Séoul III avec Akiko Suwanai à « Kumho Art Hall Yonsei »

Beethoven : sonates pour violon & piano, nr.4, nr.10, nr.9

3年間に渡ってのソウルでのベートーヴェンチクルス最終回。5月16日ソウルのKumho Art Hall Yonseiにて、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ、第4番、第10番、第9番(クロイツエルソナタ)を諏訪内晶子さんと熱演しました。


24-29 avril 2019

Master classe et concerts de Musique de Chambre au Château de La Roche Guyon.

恒例のラ・ロッシュギュイヨン城での室内楽マスタークラスとコンサート、今年はモダンピアノでの室内楽を指導します。期間は4月の24日から28日です


16 avril à 18h00 CONCERT-CONFERENCE sur la SONATE ARPEGGIONE de SCHUBERT à Paris l’Auditorium (sous sol de la Galerie Corbert) à INHA (Institut National d’Histoir d’Art)  2, rue Vivienne, 75002 Paris (Métro Bourse, Pyramides, Quatre Septembre, Palais Royal), avec Valère Etienne (Conservateur BNF), Christophe Coin (arpeggione) et Yoko Kaneko (pianoforte Clarke-Walter) Entrée libre

シューベルトのアルペジョーネソナタの自筆譜はなんとパリに保存されています!この度パリのフランス国立図書館とフランス国立芸術史研究所の企画で、4月16日18時より、パリのギャラリーコルベール(2 rue Viviane) クリストフ・コワン氏がアルペジョーネ、音楽学者のヴァレール・エチエンヌ氏、私が(私のクラーク製のフォルテピアノを持参)レクチャーコンサートに参加致します。入場自由です。歴史的に大きな意味のある機会です。

 

https://www.inha.fr/fr/agenda/parcourir-par-annee/en-2019/avril-2019/tresors-de-richelieu-la-sonate-arpeggione.html


Concert « Jeunes Talents » à Paris dimanche 7 avril à 17h00 / パリ、オタイユプロテスタント教会での若い才能を応援するコンサート 4月7日(日)17時開演 若く才能溢れた3人のパリ音楽院のソリスト達が、バッハの小品を挟みながら20世紀に書かれたの名曲、難曲の数々を披露、大変に素晴らしく貴重な機会となりました。



Salle Cortot Concert de Midi et demie パリサルコルトーエコールノルマルの優秀生を紹介する昼のコンサート3月13日(12時半開演)

Aino AKIYAMA : violon, Yoko KANEKO : piano / ヴァイオリン 秋山愛乃、ピアノ 金子陽子

Debussy : Sonate pour violon et piano, Takemitsu : »Hika », Saint-Saëns : Introduction et Rondo Capriccioso,

 


新春の『若い芽を応援するコンサート』1月13日(日)(16時半開演)パリの教会で若手ヴァイオリニスト2人と共演。Concert « Jeunes Talents » Dimanche 13 janvier à 16h30 à l’Eglise Notre Dame de Compassion, Paris 17e, (Métro Porte Maillot)

 

Publicités

Concerts 2018コンサート記録

4 décembre 2017

Samedi 6 Janvier 19H00 à Orthez (64300) (Nouvelle Aquitaine, près de Pau)
Eglise Protestante : 74, rue Lapeyère, 
Récital Régis Pasquier et Yoko Kaneko
Brahms sonate op.78 en sol majeur,
Prokofiev sonate op.94 en ré majeur, 
Franck sonate en la majeur,
Réservation : parolesetmusiques64@gmail.com
06 76 44 61 62
 
Guangzhou (広州)Opera House (Chine Canton)
10 sonates de Beethoven 
Akiko Suwanai : violon
Yoko Kaneko : piano
7 mars 19h30 (Sonates nrs. 2, 8, 4, 5)
8 mars 19h30 (Sonates nrs. 1, 3, 9)
10 mars 15h00 (Sonates nrs. 6, 7, 10)
 
17 mars 2018  Le Mans : Chapelle de l’Oratoire, 
Trio La Révérence
Yoko KANEKO : pianoforte
Maria Tecla ANDREOTTI : flûte traverso
Christophe COIN : violoncelle et arpeggione
Haydn, Wölfl, Schubert, Ries, Hummel,
 
-7 concerts au Japon »
Mardi 17 avril 19h00 à Kugenuma « L’Esprit Français »
Récital de pianoforte Yoko Kaneko (Walter-Macnulti 5 octaves 1/2)
Bach, Haydn, Schubert,
https://kugenumasalonconcert.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/
Une très belle et incroyable critique de ce récital (en japonais)

Jeudi 19 avril à 19h00 à Tokyo « Musashino Culture Hall »
​Programme ​Schubert (complet)
Christophe Coin (arpeggione et violoncelle), Jérôme Akoka (violon)
Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/11/post-737.html

 


Vendredi 20 avril à 11h30-12h30 à Yokohama « Philia Hall »
Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso), Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)
Haydn, Schubert, Hummel (programme 1h, sans entracte)
Samedi 21 avril à 18h00 à Nagoya « Munetsugu Hall »
Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso), Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)
Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

 

Dimanche 22 avril à 14h00 à Yokohama « Himawarino sato Hall »
Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso), Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)
Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

Mardi 24 avril à 18h45 à Yonago
​Programme ​Schubert
Christophe Coin (arpeggione et violoncelle), Jérôme Akok a(violon)
Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Mercredi 25 avril à 19h00 à Nishinomiya (complet)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle), Jérôme Akoka (violon)
Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)
Beethoven, Ries, Schubert

Jeudi 7 juin à 16h00 CNSM de Paris (salle Art Lyrique)  

Récital de fin d’études avec Elena Controne (violon),
Debussy : Sonate pour violon et piano
Sarasate : Introduction et Tarantelle  etc

ce concert est annulé Dimanche 16 septembre à 17H00 Festival « Les Rendrez-vous de la Chaize  » 

La chaize Giraud (Vendée)
Yoko Kaneko Récital sur le pianoforte (Beethoven-Schubert)
このリサイタルは都合により中止(延期)となりました。

Samedi 29 septembre à 12h00, à l’HUME Utopia I, Lausanne (Suisse)« Rencontres International Harmoniques » 

Yoko KANEKO : pianoforte
Maria Tecla ANDREOTTI : flûte traverso
Christophe COIN : violoncelle 
Beethoven,Weber,Romberg, Ries, Hummel,
Dimanche 7 octobre à 16h00, au Musée d’art et d’histoire, Genève, Suisse,
Yoko KANEKO : pianoforte (je remplace Mr. Pierre Goy)
Liana MOSCA : violon
Christophe COIN : violoncelle 
Beethoven : Trios op.70, nr.1 Les esprits, op.97 Archiduc 
スイスで永年続いている『ハーモニクス』というフォルテピアノに関する音楽祭(講演会、討論会、コンサート)より招待をいただき、9月29日12時よりスイスのローザンヌ音楽院ホールで、クリストフ・コワン、マリア・テクラ・アンドレオッティさんと『ロシアの主題』を使って作曲されたプログラム(ベートーヴェン、ウエーバー、リース、ロンベルグ、フンメルの作品)を、10月7日16時からはジュネーヴの芸術と歴史博物館にて、イタリア人の女流ヴァイオリニスト、リアナ・モスカさんを迎えてべ-トーヴェンのピアノトリオ『幽霊』と『大公』を(音楽祭の主宰者ピエール・ゴワさんのご病気のため、急遽代役として)演奏しました。

 Cycle Beethoven avec Akiko Suwanai « Corée-Japon »

韓国での諏訪内晶子さんとのベートーヴェンチクルス第2回、今年はソウルと釜山でも演奏、そして北九州『響ホール』、函館

25 octobre à 20h00, Séoul Kuhmo Art Hall (Corée du Sud)
Beethoven : Sonates pour violon et piano, nr.1, nr.3 et nr,7
26 octobre à 20h00, Busan Eulsukdo Cultural Center, Concert Hall (Corée du Sud)
Beethoven : Sonates pour violon et piano, nr.1, nr.3 et nr,7

dav

28 octobre à Kita Kyushu (Fukuoka, Japon) Kitakyushu International Festival
10月28日(日)15時開演、北九州、響ホール
Beethoven : Sonates pour violon et piano nr.3 et nr,7,
Schumann, Sonate pour violon et piano nr.1 en la mineur,
Pärt : Fratres ベートーヴェン、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ、第3番、第7番、
シューマン、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番、
パート、フラトレス

mde

29 octobre à Hakodaté (Hokkaido, Japon)
10月29日(月)函館市芸術ホール、18時45分開演
Beethoven : Sonates pour violon et piano nr.3 et nr,7,
Schumann, Sonate pour violon et piano nr.1 en la mineur,
Arvo Pärt : Fratres ベートーヴェン、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ、第3番、第7番、
シューマン、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番、
パート、フラトレス

mde

(more…)

JAPAN TOURS APRIL 2018 Solo Recital & « Chrisotphe Coin & friends » 批評、フォトギャラリー2018年4月の日本公演(ソロリサイタル、クリストフ・コワンと仲間たち)

9 novembre 2017

ソロリサイタルと6回に渡る「クリストフコワンと仲間達」の公演が皆様の熱いご支援のお陰で大好評のうちに終了致し、一同元気でフランスに戻りました。関係者の皆様、時には遠方から、そして何箇所もの公演にご来場いただいたファンの皆様に心より御礼申し上げます。

Première diffusion (Sonate Arpeggione et Grand Duo de Schubert) au Japon : 22 Juin 5h00-5h55 sur Télévision NHK BS Prémium « Classic Club »/ 武蔵野公演の第1部の映像が、6月22日 朝5時よりNHK BSプレミアムの 『クラシック倶楽部』 にて第1回目の放映となります。https://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2018-06-22/10/1185/1894452/

Première diffusion de la totalité du concert « Schubert » au Japon sur NHK Radio FM : 17 juillet « Best of Classic » 19h30-21h10/武蔵野公演(第1部、第2部とも)の録音が、NHK FM『ベストオフクラシック』 で7月17日 19h30-21h10に放送されます。http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2018-07-17/07/34548/4858196/

Seulement environ 15 Arpeggiones existants (la plupart dans les musées !) dans le monde, cette tournée a été un événement historique pour les japonais. La totalité des 450 places du premier concert à Tokyo Musashino a été vendu en 15 minutes à peine, du jamais vu…Le live (vidéo et audio) de ce concert sera diffusé plusieurs fois au Japon et en Asie.コワン氏によると、アルペジオーネは世界に15台くらいしか現存せずしかもほとんどすべてが博物館所蔵、自身のコレクションを日本の聴衆のために持参くださった今回の日本公演は、正に歴史的な大事件だったといえ、武蔵野市民文化会館でのコンサート「オールシューベルト」プログラムのチケット450枚がなんと発売15分で売り切れという前代未聞の事態となった訳です。

Merveilleuse critique parue sur la revue Mercure des Arts (en japonais) par Mariko Okayama....Quelle beauté dans l’intimité des dialogues entre C. Coin et Y. Kaneko… C’était comme une musique que l’on ne pourrait plus jamais entendre de nouveau, comme si l’on contemplait sereinement un lac profond et pur, un jeu entre les vagues et la lumière. Ce n’était pas une question d’applaudissements ou de bravos, mais une musique devant laquelle nous avions envie de nous incliner, en remerciant du fond du cœur ceux qui nous l’offraient. Schubert apparaissait, tout comme ces deux musiciens, dans sa perfection la plus pure….  

武蔵野公演の素晴らしい批評が音楽評論サイト『メルキュールデザール』に掲載されましした。http://mercuredesarts.com/2018/05/14/christophe_coin-okayama/

「音楽の友」6月号に長谷川京介氏による素晴らしい批評が掲載されました。

Critique parue dans la revue musicale Ongaku-no-tomo (Amis de la Musique) Japon, Juin 2018.« Concert donné par Christophe Coin au violoncelle et à l’Arpeggione avec Maria-Tecla Andreotti à la flûte traversière et Yoko Kaneko au pianoforte. ».Le plus grand momentoute a été « La Sonate Arpeggione » de Schubert jouée sur l’Arpeggione, l’instrument étant un exemplaire d’époque…..Le duo avec le pianoforte (construit par J.G.Grober, 1820) joué par Kaneko était un enchantement extraordinaire où nous avons ressenti une émotion en découvrant la sonorité pleine de mélancolie que Schubert avait imaginée…..Ceci fut une précieuse occasion de connaître une partie de l’activité artistique considérable de C.Coin qui défend, pas seulement l’arpeggione, mais aussi des compositeurs inconnus et des œuvres oubliées telles que celles Wölfl et Ries en tant que patrimoine de l’humanité. ParKyosuké HASEGAWA

Musashino Culture Hall, Tokyo

Musashino Culture Hall, Toyo, Concert Schubert Christophe Coin & Friends, 19 avril 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Musashino Culture Hall, Tokyo, 19 avril 2018 Christophe Coin & Frends, Schubert,

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Copyright Munetsugu Hall, Nagoya, Japan, 2018

Copyright Munetsugu Hall, Nagoya, Japan, 2018

Copyright Munetsugu Hall Nagoya 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

コンサート米子(旧称米子労音)の皆様と

Droit Réservé Yoko Kaneko 2018

4/17(火)19時 金子陽子フォルテピアノリサイタル 鵠沼『レスプリフランセ』(神奈川)

プログラム(フォルテピアノ5オクターブ半、ワルター・マクナルティモデル)

J.S.バッハ 幻想曲とフーガイ短調

ハイドン 変奏曲 変ホ長調 Hob.XVII:3 

J.S.バッハ パルティータ 第6番 

ハイドン ソナタ(第54番)ト長調 Hob.XVI:40 

シューベルト 楽興の時 第2番 変イ長調  ハンガリー風のメロディー 

ハイドン ソナタ(第62番) 変ホ長調 Hob.XVI:52

このコンサートに関する素晴らしい記事が音楽批評サイト『アリスの音楽館』に掲載されました。

http://queen-alice.air-nifty.com/blog/2018/04/fp-372nd417-06e.html

鵠沼室内愛好会のHP

https://kugenumasalonconcert.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/

会場 レスプリフランセのHP http://www.fr-jp.net/index.html


『クリストフ・コワンと仲間たち・

アルペジョーネの響き』

世界でも貴重なオリジナル楽器を聴く。全6公演。

クリストフ・コワン(アルペジョーネ、チェロ)

金子陽子(フォルテピアノ)

マリア・テクラ・アンドレオッティ(フラウト・トラベルソ*)

ジェローム・アコカ(ヴァイオリン**)

4/19(木)19時 武蔵野市民文化会館**(東京)オールシューベルトプログラム

シューベルト グラン・デュオ Op. posth. 162, D 574 イ長調(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ D. 821 イ短調(アルペジョーネとフォルテピアノ)

シューベルト ピアノトリオ第2番 D. 929 変ホ長調

チケットは12月2日発売当日に完売しました

この公演についての武蔵野文化会館のサイト http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/11/post-737.html

この公演のチラシAffiche (Pub) Musashino 2018.04.19 クリストフ・コワン

 


4/20(金)11時30分開演 フィリアホール(横浜青葉区民文化センター)* ランチタイムコンサート(神奈川) 

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

フンメル:ピアノ三重奏曲 Op.78 イ長調

http://www.philiahall.com/html/series/180420.html

【チケット料金】全席指定¥1,500(休憩なし/約1時間の公演)
シリーズセット券¥4,000

【一般発売】2018年1月14日(日)11:00~ (電話・Web・モバイル)
【チケット取扱】フィリアホールチケットセンター ☎045-982-9999(11:00~18:00)

【主催】フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエア South-1本館5階

 


4/21(土)18時 名古屋、宗次ホール*(愛知)

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:楽興の時 第2番 D.780 変ホ長調

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

ウオルフル(ベートーヴェンのライバル):フルート・ソナタ Op.34-2  ト長調<日本初演>

リース(ベートーヴェンの弟子):3つのロシアの歌による変奏曲 ハ短調<日本初演>

フンメル:ピアノ三重奏曲 イ長調 Op.78


4/22(日)14時(13時半、楽器についてのプレトークあり) 横浜港南区民文化センター「ひまわりの郷」*(神奈川)

主催者『横浜学友教会』のHP 

https://musikverein-yokohama.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%B7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/

会場 ひまわりの郷のHP

http://www.himawari-sato.com/modules/news2/article.php?storyid=290

 

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:楽興の時 第2番 D.780 変ホ長調

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

ウオルフル(ベートーヴェンのライバル):フルート・ソナタ Op.34-2  ト長調<日本初演>

リース(ベートーヴェンの弟子):3つのロシアの歌による変奏曲 ハ短調<日本初演>

フンメル:ピアノ三重奏曲 イ長調 Op.78

セット券(シリーズのコンサート3回券10000円)1月7日より発売

1回券(5000円)2月11日よリ発売


4/24(火)18時45分開演(18時15分開場) 米子市文化ホール**(鳥取)

主催、米子労音のHP http://www2.sanmedia.or.jp/rouon/

オールシューベルトプログラム

シューベルト グラン・デュオ Op. posth. 162, D 574 イ長調(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ D. 821 イ短調(アルペジョーネとフォルテピアノ)

シューベルト ピアノトリオ第2番 D. 929 変ホ長調


4/25(水)19時 兵庫県立芸術文化センター**(兵庫)

チケットは12月2日に完売しました。

http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4303213302&sid=0000000001

ベートーヴェン スプリングソンソナタ(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ(アルペジョーネとフォルテピアノ)

リース ロシアの3つのメロディによるチェロとフォルテピアノのための変奏曲

ベートーヴェン ピアノトリオ『幽霊』




JAPON AVRIL 2018  / Concert Tours in JAPAN April 2018

Mardi 17 avril 19h00 à Kugenuma « L’Esprit Français »

Récital de pianoforte Yoko Kaneko (Walter-Macnulti 5 octaves 1/2)

Bach, Haydn, Schubert,

 

Jeudi 19 avril à 19h00 à Tokyo « Musashino Culture Hall »

​Programme ​Schubert (concert complet)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Jérôme Akoka (violon)

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Affiche (Pub) Musashino 2018.04.19 クリストフ・コワン

 

Vendredi 20 avril à 11h30-12h30 à Yokohama « Philia Hall »

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Hummel (programme d’une heure, sans entracte)

http://www.philiahall.com/html/series/180420.html

 

Samedi 21 avril à 18h00 à Nagoya « Munetsugu Hall »

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

 

Dimanche 22 avril à 14h00 à Yokohama « Himawarino sato Hall »

https://musikverein-yokohama.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%B7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/

http://www.himawari-sato.com/modules/news2/article.php?storyid=290

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

 

Mardi 24 avril à 18h45 à Yonago (Tottori Préfecture)

​Programme ​Schubert

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Jérôme Akok a(violon)

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

 

Mercredi 25 avril à 19h00 à Nishinomiya (concert complet)

http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4303213302&sid=0000000001

Beethoven vl sonate nr.5 « Printemps » en fa majeur, op.24

Franz SCHUBERT : Sonate Arpeggione (Arpeggione et pianoforte) en la mineur, D.821 

Ferdinand RIES : 3 Airs Russes Variés pour violoncelle et pianoforte en ut mineur, op.72 

Beethoven Trio « Geister » en ré majeur, op.70-1, 

 

 

Concerts 2017コンサート記録

16 janvier 2017

CONCERTS 2017 年のコンサート
Le Samedi 14 janvier à ORTHEZ (Nouvelle Aquitaine, près de Pau), Récital Régis Pasquier et Yoko Kaneko

レジス・パスキエ、金子陽子 デュオリサイタル(シューベルト、グランド・デュオD.812、べ-トーヴェン、スプリングソナタ、ショパン、3つのマズルカ作品59、サンサーンス、序曲とロンドかプリチオーソ、ラヴェル、ツイガーヌ)南西フランス(スペインに近い)、オルテーズ市。オルテーズ市のモダンなプロテスタント教会の満員のお客様とパスキエさんと素敵な濃厚なひと時でした。

Schubert : Grand Duo pour violon & piano D.812,

Beethoven : Sonate nr.5 « Printemps » pour violon et piano,

Chopin : 3 Mazurkas op.59 pour piano,

Saint-Saëns : Introduction et Rondo Cappricioso,

Ravel : Tzigane,

affiche-recital14-1-17-1

16114825_1414030161971995_4908672575755597764_n


Samedi 21 janvier à 18H00 à Paris l’Eglise Réformée d’Auteuil (53 rue Erlanger 75016 Paris)

Yoko Kaneko et les musiciens du Château de La Roche Guyon (11ème concert)avec Haruka Takikawa (violoncelle), Quatuor AKOS

Bravo Haruka Takikawa (J.S.Bach et Mendelssohn ) Quatuor Akos (Beethoven op.59-2. Brahms Piano Quintette op.34) pour ces grands moments! En présence de notre Maître : Jean Mouillère ! Ce soir à Paris Eglise Réformée d’Auteuil quasi complète ! オタイユ教会での瀧川春香さん、アコスカルテットの演奏は素晴らしかったです。難曲のブラームスピアノ5重奏曲を彼らと一緒に作り上げたことは、私にとっても大きな喜びでした。ロッシュギュイヨンで彼らも師事した師匠のジャンムイエール、(私が師事してから今年で28年目) も駆けつけてくれました。
Concert 21 janvier 2017 Paris Auteuil

PROGRAMME ici programme-concert-autruil-21-jan-2017-roche-guyon-xi

パリオタイユプロテスタント教会コンサート『金子陽子とラ・ロッシュギュイヨン城の音楽家達シリーズ 第11回』アコスカルテット、瀧川春香(チェロ)を迎えて、バッハ、べ-トーヴェン、ブラームスの作品から。当日配布されたプログラムはこちらprogramme-concert-autruil-21-jan-2017-roche-guyon-xi

quatuor-akos-concert-auteuil-2017haruka-takikawa-concert-auteuil


8 mars 20h00 CONCERT SCHUBERT à BONN ( Bad Godesberg, Kronprinzenstr. 31 « Historischer Gemeindesaal »3月8日にはドイツ、ボンにてクリストフ・コワン、ジェローム・アコカと、オールシューベルトプロ、使用楽器はグラーフのフォルテピアノ、6オクターブ半、

einviertel_arpeggione_ew03

https://www.erloeserkirchengemeinde.de/einrichtungen-orte/historischer-gemeindesaal/

Schubert (Grand Duo pour violon & pianoforte D.812,

Sonate Arpeggione pour arpeggione et pianoforte,

Trio nr.2 en mi bémol majeur)

Jérôme Akoka (violon)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle)

Yoko Kaneko :fortepiano : Graf, 6 octaves et demie)


Vendredi 31 mars à Paris3月31日(金)20時半、

パリ音楽院教授時代に13年間ご一緒にお仕事をさせていただいた大御所ジェラール・プーレ氏と、パリのサントノレ通りの由緒あるサン・ロッシュ教会(大作曲家ケルビーニの葬儀もここであったとか)にて。大変美しいフランクのソナタとなりました。


4-9 Avril : Master classe et concert au Château de La Roche Guyon (pianoforte et piano moderne / musique de chambre) 4月4日(火)から9日(日)、ラ・ロッシュギュイヨンマスタークラス、コンサート(フォルテピアノとモダンピアノでのソロ、室内楽)

Vendredi 7 Avril 2017 à 20h.30 Eglise de La Roche-Guyon

Place du Cloître Saint-Samson, 95780 La Roche-Guyon

« Quand le Violon baroque  rencontre le  Pianoforte »

Koji YODA (Violon baroque)

Yoko KANEKO et Luca MONTEBUGNOLI (Piano-forte)  et Domitille Bès

Sonates pour Violon et pianoforte de Carl Philippe Emmanuel Bach de L.V Beethoven.

Haydn, Mozart, Beethoven…des pièces pour pianoforte solo et 4 mains.

 

申し込み用紙はこちら bulltin-dinscriptionbulltin-dinscription-master-classes-2017

cha%cc%82teau-de-la-roche-guyon-master-classe-2017-amaster-classe-2017-b


スイス、スペイン、イタリー、日本、台湾で多くのコンサートをご一緒してきたヴァイオリニストの諏訪内晶子さんと、久しぶりに共演させていただくことになりました。今年は4月に日本で2公演、9月からは3年間に渡って、韓国ソウルで「べートーヴェンヴァイオリンとピアノのためのソナタ全曲プロジェクト」が始まります。「ベ−トーヴェン全曲」は私はすでに何度か経験していますが、ペリオド楽器の経験も踏まえてモダンピアノでの新たなアプローチを諏訪内晶子さんと共に探索できることをとても楽しみにしています。

諏訪内晶子ヴァイオリンリサイタル、ピアノ 金子陽子 / Récital Akiko Suwanai (violon) & Yoko Kaneko (piano moderne) au JAPON : 14 avril à Urayasu, 16 avril à Yatsugataké (Beethoven – Prokofiev -De Falla)

4月14日(金)19:00開演 浦安音楽ホール
チケット:6000円
4月16日(日)16:30開演 八ヶ岳高原音楽堂
*チケットのみ 12,300円 (宿泊プランとのセットがメイン)
http://www.yatsugatake.co.jp/event/concert/2017/0416/
2公演のプログラム

プロコフィエフ作曲 ヴァイオリンとピアノのための5つのメロディー作品35
ベートーベン作曲 ヴァイオリンソナタ 第5番「春」
(休憩)
ベートーベン作曲 ヴァイオリンソナタ 第6番 
マヌエル・デ・ファリャ作曲 コハンスキー編曲 スペイン民謡組曲(全6曲)

Photo by Eisuke Miyoshi 三好英輔,写真提供:日本文化財団


Vendredi 7 juillet Festival Le Rendez-Vous de la Chaize

http://www.lesrendezvousdelachaize.com/?page_id=149Régis Pasquier, violon – Véra Lopatina, violon – Quatuor Parisii – Florentin Ginot, contrebasse – Yoko Kaneko, Clavecin

  • Jean-Sébastien Bach, concerto en la mineur BWV 1041
  • Marin Marais, prélude en arpègement – Florentin Ginot, contrebasse
  • György Kurtag, 12 microludes – quatuor Parisii
  • Jean-Sébastien Bach, concerto en mi majeur BWV 1042
  • Giovanni Bottesini, grand duo concertant pour violon et contrebasse – Régis Pasquier et Florentin Ginot
  • Laurent Lefrançois « Toccata sesta », d’après Frescobaldi – quatuor Parisii
  • Jean-Sébastien Bach, double concerto pour violons en ré mineur BWV 1043 – Régis Pasquier et Vera Lopatina 

15 septembre 20h30 à Paris / Salle Henry Darien (1er étage) Mairie de Vanves, « Debussy 1917 » pour la journée de patrimoine-Entrée libre.フランス全土での文化財記念日のイヴェントとして開催される無料コンサートで、ヴェテランのグザヴィエ ジュリアン・ラフェリエールと初共演。今年は100年前に初演されたドヴイッシーのヴァイオリンソナタとその時代の音楽がテーマです。パリのすぐ南、ヴァンヴ市役所 1Fの素晴らしい ホールSalle Henry Darien にて. (メトロ13番線Malakoff Plateau de Vanves 下車)

Adresse : 23, rue Mary Besseyre, 93100 Vanvces, métro : Malakoff Plateau de Vanves (ligne 13)Debussy : sonate pour violon et piano, Fauré : sonate nr.2 op.108 pour violon et piano, Ravel : Menuet (piano solo)…Xavier Juilien-Lafferière : violon,Yoko Kaneko : piano,


28 septembre à Seoul (Corée du Sud韓国ソウル), Kumho Art Hall : l’Intégrale des 10 sonates de Beethoven pour violon et piano nr.1 ベートーヴェンヴァイオリンとピアノのためのソナタ全曲シリーズ第1回 

(Beethoven : violin Sonates nr.2, nr.5, nr.6, nr.8)

Akiko Suwanai (諏訪内晶子): violon,

Yoko Kaneko (金子陽子): piano,

http://www.kumhoarthall.com/eng/designer/skin/01/detail.html?p_idx=21026&s_idx=&vwY=2017&vwM=&se_idx=


1er Octobre à Fujisawa JAPON, Récital de pianoforte MOZART-BEETHOVEN /10月1日(日)(午後14時開演)藤沢リラホールにて、フォルテピアノリサイタル。モーツアルトとベートーヴェン

 

ソウルでの諏訪内晶子さんとのベートーヴェンシリーズ第一弾、藤沢での久しぶりのフォルテピアノリサイタルが無事に大好評のうちに終了致しました。関係者そしてご来場の皆様に心より感謝致します。初めて滞在した韓国は、日本とお隣でありながら文化、伝統、料理で違う面が多く、とても興味深い楽しい滞在でした。来年2018年は10月25日に再びソウルで諏訪内さんとの第2回公演が予定されています。藤沢公演では故小島芳子さんのために作られて今は栃木県の西方音楽財団所有の私の楽器と同じワルタークラークを使わせていただき、(この時代の楽器の)驚くような音色の豊かさと繊細さが皆様にとって強く印象に残ったようです。貴重な楽器だからこそ、ご来場いただいた愛好家、ピアノの先生や生徒さん達に良さを知っていただきたいと私が希望しまして、終了後僅かの時間でしたが、この楽器の調整をずっとされている福沢宏さんに「ミニ楽器体験口座」をしていただきました。

このコンサートを主催された音楽財団アンシェルの主旨にも合う「聴衆と音楽、演奏者のつながりを大切にする」という私にとっても素敵なコンサートでした。


 Dimanche 15 octobre à 17h00 à Paris (Montreuil 93100) : Yoko Kaneko récital de pianoforte MOZART-BEETHOVEN / 10月15日(日)パリ近郊(東))モントロイユ教会、金子陽子フォルテピアノリサイタル。

Merci Claire et « Les Musicales de Montreuil » d’avoir organisé cette très belle soirée du récital pianoforte avec beaucoup de mélomanes très fidèles ! パリの教会でのフォルテピアノリサイタルは大きな教会に沢山の熱心なお客様が集まり熱気のある素晴らしい会でした。今回(藤沢でも)取り上げたべ-トーヴェンの1番のピアノソナタは、主催者クレールさんのリクエスト。数あるソナタからこの曲を弾かせていただく機会をいただきとても嬉しかったです。

Adresse : 2 Rue de Romainville, 93100 Montreuil

http://evene.lefigaro.fr/culture/agenda/yoko-kaneko-5032277.php

Mozart et Beethoven,
pianoforte : Walter-Clarke 5 octaves.

Concerts 2016コンサート記録

20 octobre 2015

2016

24 janvier à 17h00 à l’Eglise Réformée d’Auteuil パリ音楽院の修士、博士課程で注目されている4人の素晴らしい若手を紹介、共演します。

Affiche 24 jan 2016 F(japonais)concert Auteuil 24 janvier 2016

Yoko Kaneko et jeunes solistes du Conservatoire (CNSM) de Paris

Maria Hara : violon, 原麻里亜(パリ音楽院ヴァイオリン博士課程、春にエネスコの作品を録音予定)

Kei Tojo : alto,(東条慧、パリ音楽院ヴィオラ修士課程、2015年東京国際ヴィオラコンクール第2位受賞)

Cameron Crozman : violoncelle,(カメロン・クロズマン、カナダ出身。パリ音楽院チェロ修士課程。カナダの財団より貸与されている名器ストラディヴァリウスを使用予定。20歳)

Pierre Thibout : piano,(ピエール・ティボー。フランス、パリ音楽院伴奏科)

Saint-Saëns (1835-1921) : Sonate pour violoncelle et piano op. 32en ut mineur,

Enesco (1881-1955) : Sonate pour violon et piano « Dans le caractère populaire Roumain » op.25 (extrait), en la mineur,

Hersant (1948-) : Pavane pour alto solo,

Fauré (1845-1924) : Quatuor avec piano op.15 en ut mineur,


5 -6 mars : 4 concerts Schubert (Intégrale des pièces pour violon et piano) à Bilbao

Samedi 5 Mars 2016 スペインのビルバオにて、レジス・パスキエ氏とシューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品全曲を2日間にわたって4回のコンサートで演奏。

Regis-Pasquier

Photo by T.Yoshida 2013

Photo by T.Yoshida 2013

11:00 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en sol mineur opus 137 nº3 D408

Schubert: Sonatine en re majeur opus 137 nº1 D384

Schubert: Rondo brillant pour violon et piano en si mineur opus70 D895

17:15 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Duo pour violon et piano en la majeur opus 162 D574

Schubert: Fantaisie en do majeur pour violon et piano opus 159 D934

Dimanche 6 Mars 2016

11:00 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en la mineur opus 137 nº 2 D385

Schubert: Duo pour violon et piano en la majeur opus 162 D574

20:30 Régis Pasquier violon, Yoko Kaneko piano

Schubert: Sonatine en sol mineur opus137 nº3 D408

Schubert: Fantaisie en do majeur pour violon et piano opus 159 D934


Dimanche 13 mars au Château de Ripaille à Thonon–les Bains(フランスとスイス国境、レマン湖畔のリパイユ城でのコンサートシリーズに今回はクリストフ・コワン夫妻と再登場)

affiche 13 mars 2016 Kaneko Coin Andreotti v2

Christophe Coin (violoncelle)

Maria-Técla Andreotti (flûte traversière)

Yoko Kaneko (pianoforte Walter -Clarke

images-3

Saison 2015-2016 DMHC

Playel : Flute Trio,

Beethoven : Variation pour vc & pf,

Wölfl : Sonate pour vc & pf,

Wölfl : Flute Trio,

Haydn : Flute Trio


 Master Classe et concerts au Château de La Roche Guyon : 20 au 24 avril ラロッシュギュイヨン城マスタークラスとコンサート 4月20日(水)ー24日(日)

La Roche Guyon CONCERTS MASTER CLASS

 


3 récitals au Japon avec Régis Pasquier レジス・パスキエ氏と日本(横浜、鵠沼、米子)で3回のデュオリサイタル

Dimanche 15 mai 14h00, Yokohama (Himawari no sato Hall)

Concert Régis Pasquier Yoko Kaneko Yokohama 2016

ひまわりの郷コンサート・シリーズ – 横浜楽友会

Mozart Violin Sonate KV. 481 Es dur, Beethoven Violin Sonate nr.7 c moll, Schubert Sonatine D dur, Fantasie (violin & piano) C dur,

Mardi 17 mai 19h00, Kugénuma

Brahms Violin Sonate nr.1 G dur, Prokofiev Violin Sonate nr.2 D dur, Saint-Saëns Violin Sonate nr.1, d moll, 

Jeudi 18 mai 19h00 à Yonago(米子)

Affiche Yonago Régis Yoko 18 mai 2016

Mozart Violin Sonate KV. 481 Es dur, Beethoven Violin Sonate nr.7 c moll, Saint-Saëns Violin Sonate nr.1 d moll, Caprice en forme de Valse D dur,


6 juin à 20h30 à « France-Amerique » 9 Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris

Récital Violon -Piano avec Yaïe Benahim (Complet 完売) 

Bloch, Beethoven et Brahms, évènements – France-Amériques

France-Amérique Salon


10 Juin 2016 ENGLISH HAYDN FESTIVAL (Brignorth U.K.)  2016 英国ハイドン音楽祭ENGLISH HAYDN FESTIVAL (U.K) 10 Juin Triple concerto de BEETHOVEN & Concerto pour pianoforte de HAYDN nr.1, en Fa majeur/ avec pianforte 6 octaves modèle Streicher.

5回目の出演をさせていただいた英国ハイドン音楽祭、べ-トーヴェンの3重協奏曲(ヴァイオリン、チェロは音楽祭オーケストラの首席奏者のサイモンさんとロシア出身の新進バロックチェリストのパヴェル君)とハイドンのフォルテピアノコンチェルト第1番ヘ長調を6オクターヴのストライヒャーモデルのフォルテピアノで演奏、満員のお客さんも盛り上がり、素晴らしい会となりました!

Beethoven : Triple concerto & Haydn : concerto for fortepiano nr.2, F major,

HaydnLeaflet2016-AHaydnLeaflet2016B


3 août, Académie & Festival de Val d’Isère アルプスのヴァル・ディゼールの音楽祭で、名教授としても著名なチェロのミッシェル・シュトラス氏と初共演。

Récital Violoncelle -Piano avec Michel Strauss

Prokofiev, De Falla, Bruch…

Val d'Isere EgliseVAL D'ISERE !


13 septembre à 20h30 à « France-Amerique » 9 Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris Accueil – France-Amériquesパリのアルママルソーにある素晴らしい建物「フランスーアメリカ」のサロンにて、アソシエーション「ア・テンポ」を応援するコンサート。大好評だった6月のコンサートで入場できなかった方が多数いたために、同じプロを追加公演いたします。

Récital Violon -Piano avec Yaïe Benahim (Réservation obligatoire 予約制)

Bloch, Beethoven et Brahms,


RENCONTRE MUSICALE DE CLERMONT – CONCERT D’OUBERTURE : 23 septembre 20h30 à l’Eglise Saint-Samson

5 Rue de la Porte de Nointel, 60600 Clermont

L’Ensemble Fragonard, (Claire Thirion, violoncelle – Marc Zuili, flûte – Jérôme Akoka, violon – Christoph Fassbender, alto) Yoko Kaneko, pianoforte, Nicolas Baldeyrou, clarinette.

Programme sur instruments anciens

BACH – MOZART – BEETHOVEN

Sonate en ut majeur pour pianoforte, flûte et violon de Johann Christoph Friedrich Bach

Trio « Kegelstatt » en mi bémol majeur K.V498, pour pianoforte, clarinette et alto de W.A Mozart

Quatuor en la majeur K.V 298 pour flûte, violon, alto et cello de W.A Mozart

Trio pour clarinette, violoncelle et piano opus 11 de Ludwig Van Beethoven

Symphonie n°38 en ré majeur dite « Prague » K.V 504 de W.A Mozart (pour pianoforte, flûte, violon et violoncelle), version Hummel.

Vendredi 23 septembre – Ensemble Fragonard – Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise


Dimanche 27 novembre 17h00 à Port Royal des Champs « Salle Gazier » (près de Versailles) Les Granges de Port-Royal, 78114 Magny-les-Hameaux

Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte Fritz (6 octaves), Jérôme Akoka : violon  L.V.Beethoven : Trios « Geister »  op.70-1, « Archiduc » op. 97, pièces solo pour pianoforte et violoncelle de B.Ronberg « 3 Aires Russes Variés pour violoncelle et pianoforte » de F.Ries.

Un lieu mythique. C’était dimanche 27 novembre à Port Royal des Champs.Concert BEETHOVEN, RIES (une pièce vc & pf uncroyable!) et RONBERG avec un merveilleux pianoforte Fritz… un concert rare et inoubliable avec Christophe Coin et Jérôme Akoka. Merci et bravo à dgardo Campos pour l’accord.日曜にクリストフ・コワンさん達と演奏したポールロワイヤル寺院跡、ルイ14世の命令で主要な建物は残念なことに壊されましたが遺跡が博物館と国有公園として保存され、大変質の高いペリオド楽器を中心としたコンサートが開催されています。色彩豊かな素晴らしい6オクターヴのフォルテピアノ「フリッツ」で奏でるベ-トーヴェンの2大トリオ「幽霊」と「大公」の魅力に私自身も聴衆も取り憑かれてしまいました。そして、今回恐らく世界初演のリースのチェロとフォルテピアノのデュオはとてつもない魅力を持つ曲で、これからもしばしば取り上げようとコワンさんと話しています。

im0141-hr

port-royal-nov-2016-dbeethoven-ries-port-royal-concert-nov-2016port-royal-nov-2016-aport-royal-nov-2016-c


Dimanche 10 décembre 17h00 au Musée des Avelines de Saint-Cloud  60 Rue Gounod, 92210 Saint-Cloud  avec Amélie Berson (flûte), Lester Chio (clarinette), Antoine Baudoin (hautbois), Stéphane Tamby (basson), Eric Du Fay (cor naturel) Yoko Kaneko (pianoforte Walter-Clarke 5 octaves) Beethoven Quintette pour pianoforte et vents op.16, F.X.Mozart Rondo pour flûte et pianoforte…

12月10日(日)パリ郊外の美しいサンクルーの美術館にて、私のフォルテピアノとペリオド楽器の管楽器(フルート、クラリネット、オーボエ、バスーン、ナチュラルホルン)でべ-トーヴェンのクインテット作品16他 

affiche-concert-musee-Saint-Cloud-10-dec-2016 

images

8 mars 2017 à BONN/Concerts SCHUBERT par Christophe Coin (Arpeggione, Violoncelle), Jérôme Akoka (Violon) et Y.Kaneko (pianoforte) 2015 年に続いてドイツでクリストフ・コワンのアルペジョーネとチェロでシューベルトを共演!

30 août 2015

8 mars 2017, nous irons à BONN pour un programme entièrement SCHUBERT  avec Christophe Coin (arpeggione et violoncelle historique) et Jérôme Akoka (violon historique).

einviertel_arpeggione_ew03

https://www.erloeserkirchengemeinde.de/einrichtungen-orte/historischer-gemeindesaal/

Schubert (Grand Duo pour violon & pianoforte D.812,

Sonate Arpeggione pour arpeggione et pianoforte,

Trio nr.2 en mi bémol majeur)

Jérôme Akoka (violon)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle)

Yoko Kaneko :fortepiano : Graf, 6 octaves et demie)

imagesTrio Coin Akoka Kaneko 9 oct 2015

Octobre 2015 :

Je suis particulièrement heureuse de vous faire parvenir les dates de 2 concerts « rares » que je donne avec Christophe Coin (arpeggione et violoncelle historique) et Jérôme Akoka (violon historique).

Vous pouvez entendre la Sonate « Arpeggione » de Schubert sur un vrai « arpeggione » de sa collection & un pianoforte 6 octaves (de l’époque de Schubert), Trio nr.2 (mi bémol majeur) cette fois-ci sur violoncelle, ainsi que la Sonate « Printemps » de Beethoven.10月9日、11日に、パリの南西と北の2つの音楽祭で、バロックチェロの巨匠、パリ音楽院の親しい同僚でもあるクリストフ・コワン(Christophe Coin) 氏のチェロ(ペリオド楽器)と大変めずらしい アルペジョーネシューベルト時代のフォルテピアノ(私)とジェローム・アコカ (Jérôme Akoka) のヴァイオリンで、シューベルト(トリオ2番とアルペジョーネソナタ)、べ−ト−ヴェン(ヴァイオリンソナタ「春」)のコンサートが予定されています。世界最高峰と言われるモザイクカルテット、教育者(パリ音楽院とバーゼルのスコラカントロム)指揮者としても世界で活躍されているクリストフ・コワン氏とはドイツロマン派のグロス(J.B.GROSS) のチェロソナタのCD録音(Youtube でチェロソナタの試聴が可能です)をご一緒して以来デュオとトリオで共演を重ねています。9日 (金曜日、20h30) は パリの北Clermont de l’Oise の音楽祭, 11日 (日曜日、17h00) は ヴェルサイユ近郊の寺院跡、Port Royal des Champs (coté ruine, salle gazier) のコンサートシリーズで、 いずれも車が必要ですが、どちらも素敵な所です。

Vendredi 9 octobre 2015 à 20h30, Rencontre Musicales de Clermont (Clermont de l’Oise, près de Paris) 第一回クレルモン・ロワーズ音楽祭(パリの北)Eglise Saint Samson 60157 Clermont,

Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise | Festival de Musique Classique – Septembre 2015 – Ville de Clermont (Oise)

Yoko Kaneko / Jérôme Akoka / Christophe Coin – Diapason
Christophe Coin : Arpeggione* et violoncelle historique,
Jérôme Akoka : violon historique,
Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves)
Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.24 en fa majeur « Printemps »
Schubert : Sonate Arpeggione D.821, en la mineur, Trio D.929, op.100 en mi bémol majeur,

˜Tarif plein, à l’unité : 20€,   Enfants et demandeurs d’emploi : 5 €
˜Pass 3 concerts : 50 €
˜Pass 6 concerts : 80 €
Réservations par téléphone : 06 14 13 02 60
Mail : contact@rencontresmusicales.clermont-oise.fr

*images

10月9日(金)パリ近郊のクレルモン・ロワーズで初めて開催される音楽祭で、ベートーヴェンのスプリングソナタ(ヴァイオリン、ジェローム・アコカ)、シューベルトが「アルペジョーネ」という楽器の為に作曲した「アルペジョーネソナタ」(チェロでいつも演奏されていますが)をクリストフ・コワン氏所蔵の大変珍しい「アルペジョーネ」と共演します。2部はチェロに持ち替えていただいてシューベルトの大作トリオ変ホ長調を演奏します。(フォルテピアノは6オクターヴのオリジナル楽器を使用予定)

concert la roche posayJérôme Akoka
Dimanche 11 octobre 2015 à 17h00 à Port Royal des Champs (salle Gazier, l’entrée « coté ruine ») (près de Versailles, RER B St.Rémy-les-Chevreuse & bus) 10月11日(日)ヴェルサイユ近郊のポールロワイヤルデションで10月9日と同じプログラム 

Le site du Port Royal des Champs 会場のポールロワイヤル寺院、博物館のサイト : Concerts saisons

Christophe Coin : Arpeggione et violoncelle,
Jérôme Akoka : violon historique,
Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves)
Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.24, en fa majeur « Printemps »
Schubert : Sonate D.821, en la mineur pour arpeggione et pianoforte, Trio D.929, op.100, en mi bémol majeur,

Places (plein tarif) (チケット正規料金): 20€
Adhérents de l’association (会員割引料金): 15€
Etudiants(学生): 10€
Gratuit pour les enfants de moins de 12 ans 12歳未満無料
Formule 10 tickets : 100€ (à valoir sur l’ensemble des concerts de la saison, confirmation du nombre de places une semaine avant la date du concert)

Réservation par mail : asso.aprc@gmail.com /par téléphone : 06 13 08 34 08

Une visite guidé et concert : 25€  du site de Port-Royal des Champs sera donné avant concert par Jean-Paul Carcel, conférencier.
Renseignements et inscriptions à jpc.mail@free.fr ou au 06.51.58.41.14

 

CONCERTS 2015年コンサート

12 décembre 2014

 Dimanche 18 janvier 2015 à 17h00 «Musiciens du Château de La Roche Guyon VI» 『金子陽子とラ・ロッシュギュイヨン城の仲間達 第9回』Yoko Kaneko présente 4 jeunes et brillants collègues : S.Takahashi, K.Tsushima (violons), Clément Batrel-Genin (alto) et Guillaume Effler (violoncelle) interpréteront les chefs d’œuvres.ヴァイオリニストの高橋聡子、對馬佳祐らパリ、リヨン国立高等音楽院出身の日仏の素晴らしい若手を紹介、Bach : L’Art de la Fugue », Mendelssohn : Quatuor à cordes op.80, Schumann : Quintette pour piano et cordes op.47

Concert Musiciens du Château de La Roche Guyon 18 janvier 2015 Concert Paris


Dimanche 24 janvier 2015 à Paris パリのサロンでのレジス・パスキエ氏とのデュオリサイタル フランス3大ソナタの夕べ Concert privé « 3 grands sonates françaises » avec le grand violoniste Régis Pasquier : Fauré nr.1, Ravel et Saint-Saëns nr.1

Regis-Pasquier

Photo by T.Yoshida 2013

Photo by T.Yoshida 2013


Samedi 14 mars 2015 à 16H30 偉大な教育者、ヴァイオリニスト、ジェラール・プーレ氏と、10年ぶりの共演がパリで実現!Concert avec le grand violoniste GERARD POULET à l’Eglise Saint Vincent de Paul à Paris (Place Franz Liszt, métro Gare du Nord, Poissonnière)Poulet, Kaneko, Concert Chausson 14 mars 2015 Paris St Vincent de Paul

Concert G.Poulet 14 mars 2015affiche poulet kanekoEglise Saint Vincent de Paul à Paris

Gérard Poulet : violon, Yoko kaneko : piano

Keisuké Tsushima, Misa Mamiya : violons,

Nicolas Loubaton : alto,  Diana Lighetti : violoncelle

Dvorak : Quintette avec piano et cordes, Chausson : Concert pour violon, piano et quatuor à cordes, 

(piano :YAMAHA)


22-26 avril 2015 Festival et Master classe du Château de La Roche Guyon 2015。恒例のラ・ロッシュギュイヨン城、マスタークラスと音楽祭。(ジャン・ムイエール主宰)

Programe du Concert de Gala : 26 avril à 15h30 au Château de La Roche Guyon

Frédéric Chopin
Introduction et Polonaise brillante op. 3 en do majeur
Haruka Takikawa (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Johannes Brahms
Concerto pour violon op. 77 en ré majeur
Chung Feng Lin (violon), Yoko Kaneko (piano)

Wolfgang Amadeus Mozart
Sonate pour quatre mains en do majeur
Ezaki Moeko, Yoko Kaneko

Joseph Haydn
Concerto pour violoncelle n° 2 en ré majeur
Nicolas Menut (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Georges Enesco
Sonate pour violon et piano n° 3 op. 25
Maria Hara (violon), Yoko Kaneko (piano)

Jean-Sébastien Bach
Sonate en ré majeur pour viole de gambe
Ulysse Vigreux (contrebasse), Yoko Kaneko (piano)

Claude Debussy
Quatuor à cordes
Quatuor Onslow
Sonate pour violoncelle et piano
Eunji Qong (violoncelle), Mikko Merjanen (piano)

Ernest Chausson
Concert pour piano, violon, et quatuor à cordes op. 21 en ré majeur
Jean Mouillère (violon), Yoko Kaneko (piano), Quatuor Onslow

(piano :KAWAI)

2015_Roche_Guyon_affiche_gneral


Jeudi 4 juin 2015 (concert de midi) English Haydn Festival (U.K. Bridgnorth)英国ハイドン音楽祭に3年連続4度目の出演。6月4日はクリストフ・コワン、マリア・テクラ・アンドレオッティとのデュオとトリオ、5日はフォルテピアノソロリサイタル(ハイドンのソナタ集とベートーヴェンの月光)Site du Festival : Home

Programme du Festival (音楽祭の全プログラム): http://www.englishhaydn.com/HaydnLeaflet2015.pdf

Christophe Coin : violoncelle, Maria-Tecla Andreotti : flûte, Yoko Kaneko : pianoforte

Ignaz Pleyel: Trios for fortepiano , flûte and cello, e minor

Josef Wolfl: Trio pour fortepiano, flûte et violoncelle op.48-2, F major

Beethoven: 7 Variations for cello and fortepiano , E Flat major WoO 46

Josef Haydn: Flute Trio D major XV:16

Vendredi 5 juin 2015 (concert de midi) English Haydn Festival (U.K. Bridgnorth)

Yoko Kaneko Récital de pianoforte solo, 

Haydn : Variations E flat major, Hob.XVII:3 (1770-74)

Haydn : Sonata C major Hob.XVI:50. (1794)

Beethoven : Sonata « Quasi una Fantasia » (Moonlight) op.27-2, c sharp minor(1801)

Haydn : Sonata E flat major, Hob, XVI:52 (1794)

img_1226591249_14941_1233426245_mod_193_193EHF2015Photo


 3 Août, JAPON, TOKYO-MUSASHINO Culture Hall、東京武蔵野市民文化会館、8月3日(月)、チェロの巨匠クリストフ・コワン、夫人でフルートトラヴェルソのマリア・テクラ・アンドレオッティとの室内楽コンサート

Christophe Coin : violoncelle, Maria-Tecla Andreotti : flûte, Yoko Kaneko : pianoforte (Walter-Clarke)

Ignaz Pleyel: Trios for fortepiano , flûte and cello, e minor

Beethoven: Cello sonate nr.2 g minor, Op.5 

Josef Wolfl: Trio pour fortepiano, flûte et violoncelle   op.48-2, F major             

Beethoven: 7 Variations for cello and fortepiano , E Flat major WoO 46

Josef Haydn: Flute Trio D major XV:16

Musashino Programme


Samedi 9 Août 17h00 à Dôme de Richelieu, « FESTIVAL de RICHELIEU »Récital de Pianoforte « J.S.BACH » 8月9日(土)フランスポワチエ近郊の由緒あるリシュリューでの国際音楽祭に2度目の出演。フォルテピアノでのバッハ ソロリサイタル

Festival de Richelieu 2015Dome Chateau Richelieu

J.S.BACH:

Toccata en mi mineur, BWV 914,   

Fantasie et Fugue en la mineur BWV 904,

Invention en mi bémol majeur, BWV 776, mi majeur BWV 777,

Sinfonia en sol mineur, BWV 797,

Suite Française nr.5 en sol majeur, BWV 816,

J.HAYDN : Variations en mi bémol majeur, Hob.XVII:3,

BACH / T.AIDA (né en 1983-): « Largo » transcription de la sonate pour violon solo BWV 1005 en ut majeur

J.S. BACH: Partita nr.6 en mi mineur, BWV 830,


FESTIVAL Musique de Chambre à GIVERNY (FRANCE) : programme J.S.BACH sur pianoforteフランス、モネの家があることで有名なジヴェルニーで2週間にわたって開催された国際音楽祭でフォルテピアノによるバッハプログラムを、世界中から選ばれて招待された優秀な音楽家達と共演。

Jeudi 20 août │ 20h00 │ Musée des Impressionnismes : « Offrande musicale » 『音楽の捧げもの』(pianoforte : Walter-Clarke) avec Tami Krausz : flûte traverso, Yoko Kaneko (pianofrte) Magdalena Geka et Shin Suhan : violons, Cameron Crozman : violoncelle.

Vendredi 21 août │ 20h00 │Eglise Notre Dame de l’Isle : « Back to Bach » J.S. Bach : Partita nr.6 en mi majeur, Sonate pour violon, clavier, en ut mineur, no. 4 par Yoko Kaneko (pianoforte) et Nikita Briso-Glebsky : violon,

J.S.Bach Suite nr.2 par Emmanuel Arakékien : clavecin, Irina Boriso-Glebsky : flûte, Shuichi Okada : violon….Notre Dame en l'Ile EgliseClavecin, Emmanuel et Walter-Clarke

Samedi 22 août │ 15h30 │Eglise de Giverny : « Journée des grands B – J.S Bach : Suite anglaise n°3 en sol mineur pour pianoforte par Yoko Kaneko (pianoforte 5 octave Modèle Walter par C.Clarke), Beethoven Trio op.70 (sur un nouveau piano « S.Paulello » fourni et accordé par P.E.Berlioz) avec Peter Frankl (piano), Nikita Boriso-Glebsky (violon), Hanna Dahlkvist (vc). Le piano de Stefen Paulello et le pianoforte de Christopher Clarke, cela fut « une rencontre historique » des 2 plus grands génies du monde de piano actuel!  Paulello et Walter-Clarke

このコンサートの2部では、天才ピアノ製作者、ステファン・ポレロ氏が製作した最新の素晴らしいグランドピアノが使用され(ルアーヴルで楽器店を営むポール・エチエンヌ・ベルリオーズ氏が購入してコンサート用にレンタル)がハンガリー出身で英国在住の巨匠 ペーター・フランケル氏がべ-トーヴェンの作品70のピアノトリオを素晴らしい若手のプロ達と演奏しました。ステファン・ポレロとクリストファー・クラークというフランス在住で現役の2人の天才ピアノ製作者の楽器2台がこのように一堂に出会うのことは歴史的な出来事です!

Un site utilisant WordPress – Musique à Giverny


Samedi 26 septembre, Récital de pianoforte Yoko Kaneko à Baarn, Pays-Bas (J.S.Bach-Haydn), 9月、オランダ,バールン市でのフォルテピアノリサイタル(バッハプログラム)(pianoforte : Walter-Clarke)Concerten Oude Muziek Baarn 2015 – 2016

Concert Live sur Youtube (Haydn Sonate)Haydn by Yoko Kaneko, Baarn NL, September 2015 – YouTube

yoko_kaneko_Baarn

J.S.BACH :

Partita nr.6 ​E min​o​r, BWV 830,

2​I​nvention​s​, E flat major B​​​​W​V 776​​, ​E​ maj​o​r BWV 777,

Fantasie ​and​ Fugue​ A min​or BWV 904,

Ricercar a 3 from « Musical Offering » c minor,

​Ricercar a 6 from « Musical Offering » ​c minor,

J.HAYDN :

Variations ​E flat​ majo​r, Hob.XVII:3,

Sonata C major Hob.XVI:50.


Vendredi 9 octobre 20h30, Rencontre Musicales de Clermont (Clermont de l’Oise, près de Paris) 

Rencontres Musicales de Clermont de l’Oise | Festival de Musique Classique – Septembre 2015 – Ville de Clermont (Oise)

avec Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte (Fritz, vers 1811-14 à Vienne, 6 octaves), Jérôme Akoka : violon Yoko Kaneko / Jérôme Akoka / Christophe Coin – Diapason

Beethoven : Sonate « Le printemps » pour violon et piano en fa majeur, Schubert : Sonate Arpeggionne et pianoforte en la minier, Trio op.100 en mi bémol majeur, 10月9日(金)パリから車で1時間、ピカルディ地方のクレルモン・ロワーズで初めて開催された音楽祭は連日超満員のお客様で大成功を収めました。ベートーヴェンのスプリングソナタ(ヴァイオリン、ジェローム・アコカ)、シューベルトのアルペジョーネソナタをクリストフ・コワン氏所有のアルペジョーネ(世界に10台くらいしか存在しない珍しい楽器)と共演。チェロに持ち替えていただいて最後にシューベルトの大作トリオ変ホ長調も演奏。フォルテピアノはシューベルト時代の6オクターヴの素晴らしいオリジナルFritzを使わせていただきました。
C.Coin (Arpeggione) Y.Kaneko (pf Fritz)Trio Coin Akoka Kaneko 9 oct 2015


Samedi 10 octobre, Les journées Maurice Ravel de Montfort-l’Amaury

 Régis Pasquier : violon, Yoko Kaneko : piano (Sonate de Saint-Saëns, Tzigane de Ravel) 10月10日(土)フランス、モンフォール・ラモーリ−のモーリス・ラヴェル音楽祭、レジス・パスキエ氏とツイガーヌを演奏。Les journées Ravel de Montfort L’Amaury – Bienvenue sur le site officiel des journées Ravel

 


Dimanche 11 octobre 17h00 à Port Royal des Champs (près de Versailles) 10月11日(日)ヴェルサイユ近郊のポールロワイヤルデション10月9日と同じプログラム。Christophe Coin : violoncelle et Arpeggionne, Yoko Kaneko : pianoforte (6 octaves), Jérôme Akoka : violon  Beethoven : Sonate « Le printemps » pour violon et piano en fa majeur, Schubert : Sonate Arpeggionne et pianoforte en la minier, Trio op.100 en mi bémol majeur, 

 


29-31 octobre à LONDON 10月29−31日、2年前のパリに続いて、ジェローム・アコカとロンドンのTarisio 商会の尽力でロンドンで開催された歴史的弓の展示会に先だって、クリストフ・コワン、アレクサンダー・ヤニーチェク(バロックヴァイオリン)らとマスタ-クラス、様々な弓を使い比べるレクチャーコンサートが開催され、生徒達、楽器の専門家の方々にとっても大変興味深いイヴェントとなりました。討論会では、世界的な弓の専門家や音楽学者、歴史学者がヨーロッパ各地から集まりました。

A l’occasion de l’exposition  » L’Archet Révolutionnaire », concert-conférence avec Christophe Coin (vc), Yoko Kaneko (pianoforte), Alexander Janiczek (vl) , Nicolas Mazzoleni (alto), Chouchane Siranossian (vl), Claire Thirion (vc) et Jérôme Akoka,London 31 octobre Trio Haydn

Tarisio | L’Archet Révolutionnaire Event Programme


Mardi 15 décembre à Paris (sous invitation) CONCERT « Le dernier violon de MOZART »

モーツアルトが弾いたと推定される最後のヴァイオリン、同じくモーツアルトが好んだワルターモデルのフォルテピアノ(複製)を使用。(招待制のコンサートです)

Philippe Coutelen : violon, Yoko Kaneko : pianoforte (Walter-Clarke)

Schubert : Sonata pour violon et pianoforte en ré majeur D.384, op.137

Mozart : Sonate pour violon et pianoforte KV.454 en si bémol majeur

Mozart : Fantasie pour pianoforte KV.475 en ut mineur

Beethoven : Sonate pour violon et pianoforte op.12, nr.3, en mi bémol majeur

 

 

 

2012 Concours International & rencontre de Violon de Mirecourt / 2012 フランス ミルクール国際ヴァイオリンコンクール日本人が1位と2位!

9 novembre 2012

公式サイト、Le site officiel du Concours, masterclasse…la direction artistique : Marianne PIKETTY (violoniste concertiste, professeur au CNSM de Lyon)Concours International de Violon de Mirecourt

Les résultats du concours

  • 1er prix : OKADA Shuichi
  • 2nd prix : MASOKA Eri
  • 3ème prix : Laura BORTOLOTTO
  • 4ème Prix : KIM Seayoung
  • Prix du Public : Laura BORTOLOTTO
  • Prix de l’école de Lutherie : Laura BORTOLOTTO
  • Prix Palazetto Bru Zane Centre de musique romantique français pour la meilleure interprétation de la sonate française en demi finale : Laura BORTOLOTTO
  • Prix CORELLI AUBERT LUTHERIE attribué à la personnalité la plus remarquable – un archet de Sylvain BIGOT : OKADA Shuichi

フランスのロレーヌ地方のミルクールという町は知る人ぞ知る弦楽器の楽器製作職人を養成する世界有数の学校があり、この地で制作された弦楽器や弓が今でも世界中の音楽家達に使われて重宝されています。この町で、新しいダイナミックな世代のヴァイオリニスト、フランスのリヨン国立高等音楽院の教授としても知られるマリアンヌ・ピケティさんの音楽監督で、国際ヴァイオリンコンクールとマスタークラスが開催され、ピケティさんからの依頼でセミファイナルの公式伴奏の大役を引き受けました。課題はフランス物のあまり弾かれない珠曲のソナタ5曲からの選択、審査員も素晴らしい顔ぶれで、ピケティさんとアメリカでクラスメートで私自身桐朋で同級生だった竹沢恭子さん、パリ音楽院教授でパリ管のコンサートマスターでもあるローラン・ドガレイユさんもいらっしゃいました。若い素晴らしい才能が世界から応募、結果は日本の岡田修一さん(17歳、パリ音楽院在学中)が1位と特別賞(シルヴァン・ビゴ氏がこのコンクールのために作った弓を授与)、2位も日本からの正岡えりさん(マドリードに留学中)、3位とフランス音楽のソナタ最優秀演奏賞並びに聴衆からの投票による特別賞はイタリアのローラ・ボルトロットさん(17歳)、4位は韓国のシーヤング・キムさんでした。私は3位の方以外の3人とセミファイナルで難曲のルクーのソナタなどを共演、ローラ・ボルトロットさんのアーンのソナタのの演奏は同僚が共演でしたが、とても素晴らしかったです。彼らのこれからの益々の発展を楽しみにしています。コンクールのサイトで本選の写真がご覧になれます。Les actualités – Concours International de Violon de Mirecourt 2012

Master Classes et Festival au Château de La Roche Guyon 2015 (22-26 avril) et archives /ラ・ロッシュ・ギュイヨン城のマスタークラスとコンサート2015年のパンフレットと過去の記録

31 mars 2012

Voici les concerts « Festival de Jeunes Talents Internationaux » du Château de La Roche -Guyon, dirigé par Jean Mouillère. L’édition 2015 aura lieu du 22 au 26 avril. Voici le dépliant de Master Classes 2015 (les concerts seront annoncés ultérieurement)

ジャン・ムイエール氏音楽監督でパリ、ノルマンディの中間地点にあたるラ・ロッシュギュイヨン城ので開催される、若き才能を応援する国際音楽祭のご案内です。2015年は4月22日(水)より26日(日)

マスタークラスのパンフレットです。(期間中のコンサートは後日発表します)

Brochure MasterClassesb 2015Brochure MasterClasses2015 2015

パリ近郊、ラ・ロッシュギュイヨン城、2015年マスタークラスのご案内

2015年4月22日(水)(朝9時半集合)より26日の午後(18時)まで

モネの家のあるジヴェルニーに近い、壮大で美しいラ・ロッシュ・ギュイオンのお城にて、フランス室内楽界の大御所、パリ音楽院で素晴らしい室内楽クラスを誇ったジャン・ムイエール氏らによる楽器の個人レッスン及び室内楽グループ(弦、管、ピアノを含むあらゆる編成)のレッスンを受けることができます。

音楽監督とヴァイオリン ジャン・ムイエール

(パリ国立校等音楽院CNSM、エコールノルマル音楽院、ヴィアノヴァ弦楽4重奏団)

チェロ エレーヌ・ドートリー

(パリ市立地方音楽院CRR、エコールノルマル、ロンドン王立カレッジ)

ピアノ(伴奏、ソロ、室内楽)

金子陽子(パリ国立高等音楽院CNSM)

申し込み規約

申込書は2015年3月15日締め切りまでに送付してください。

募集生徒数に限りがありますので、申込は早く到着したものから、優先に取り扱います。

マスタークラス参加の可否は申し込みの書類審査によって決定します。

申し込み金 (Droits d’inscription),宿泊 (Hébergement) 食事(pension complète)

9回の食事、4泊の宿泊 260 ユーロ (VIANOVA 宛ての小切手)
(この小切手の添付がない書類は受け付けません。)

講習費 (5日間のレッスン)

講習費はマスタークラス初日にVIANOVA 宛ての小切手で支払うこと。

楽器のソロ個人レッスン  300ユーロ

室内楽グループ(すべての楽器)
デュオ   1人 220ユーロ,     トリオ   1人 180ユーロ,     カルテット(4人以上) 1人150ユーロ

プログラム、宿泊についての質問、お問い合わせ、ジャンムイエール携帯 : 06 13 51 74 29

(又は金子陽子 Yoko2.Kaneko@gmail.com)
(現地に宿泊しない参加者は個人的に料金など問い合わせてください。18歳未満の参加者は保護者の許可が必要です。)

現地への行き方 

車で : パリより 高速A13 又は A14、Mantes-la-jolieの最初の出口から、Limay-centre方面。セーヌ河に沿って交差点まで行く。Vétheuil-La Roche-Guyon方面。Vétheuilの村役場広場(place)に出たら左折。La Roche-Guyon 方面。

ルーアンより、高速A13 Bonnièresで高速から出る。市街地に入る前にセーヌ河を渡る。セーヌ河に沿ってLa Roche-Guyon 方向に。

電車(SNCF)で : サンラザール駅 (又はルーアン駅)から Mantes-la-jolie下車。

講習会から関係者が駅まで車を派遣できます。

必ず持参するもの 1、譜面台と楽譜(ソロ、デュオの場合はピアノパート譜)2、宿舎はホテルでないので洗面用品、タオルなど。3、コンサート用の服、天候によっては4月でもかなり夜冷え込み、教会の演奏会は寒いです。暖かい衣類を忘れないように。

注意 : 楽器は各自で保険をかけること。講習会中に楽器の盗難、破損などが起こった場合、主催者は責任を負いません。

受講生による演奏会は毎晩Vétheuilなど周辺の村で行われ、La Roche-Guyonでは最優秀の受講生による演奏会が予定されています。

宿泊は ホワイエ(FOYER : シャトーのすぐ横の台所付の学生寮、講習会が全館貸切ります) または、周辺の村の個人の家へのホームステイ(GITE)となります。

申込書は、すべての箇所を書き込んで、日付と署名をして郵送してください。申し込み後の参加キャンセルの場合、重大な理由(死亡、人身事故など)以外は、申込金は払い戻しされません。

ジャン・ムイエール(Jean Mouillère)

Jean MOUILLERE 2010

フランスの室内楽の伝統を引き継ぐ名ヴァイオリニスト、教育者。LPレコード時代からその活気漲る高い芸術性で日本をはじめ世界を風靡したヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団の創設者、パリ音楽院室内楽科の名教授として1980年—2006年の間世界第一線で活躍する多くの音楽家達を育成。2006年の退官後はエコーノルマル音楽院教授、毎年春に開催されるラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスと音楽祭の音楽監督、ニースでの夏の講習会でも教鞭を取り、常に若い世代の紹介に情熱を注いでいることでも知られている。2014年秋には金子陽子、ギヨーム・エフレールと共に来日公演が予定されている。

1941年フランスのアンジェ生まれ。パリ音楽院にてローラン・シャルミ(名女流ピアニストリリー・ラスキンの夫)にヴァイオリンを、名高い弦楽四重奏団として活躍したジョゼフ・カルヴェに室内楽を学び1960年にプルミエプリ(一等書)で卒業、パリ音楽院オーケストラ(今のパリ管弦楽団の前進)のコンサートマスターを務め、シャンゼリゼ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、アンドレ・キュルイテン、シャルル・ミュンシュなどの名指揮者に認められて、オーケストラの日本、アメリカツアのソリストとして抜擢される。

1962年にフランスを拠点に「生気漲る音楽のため」の運動を始め、同世代の第一線の演奏家達と共に「コルシカ音楽祭」を創設。ミュンヘン国際ヴァイオリンコンクールで特別賞も受賞。コルシカ音楽祭の高い芸術性が著名評論家達から評価され、巨匠ピアニスト、リヒテル、ケンプが同音楽祭に参加して彼らと共演したことで、正に世界の注目を浴び、そこから「ヴィア・ノヴァ(新しい道という意)弦楽四重奏団」が生まれる ムイエール氏本人によると、この「新しい道」とは、今までになかった境地を音楽で表現しよう、世界を変えて行こう、という意味がこめられていたとのことである。1968年以降は、フランスのアルプス山脈のシャーもニー、ラプラーニュでも音楽祭を創設する。フォーレのピアノ曲全曲録音で知られるピアニスト、作曲家、故ジャン・ユボーとエラート社に多くの曲を録音、欧米の演奏家として初めて当時の中国に共に招かれたことを大変誇りに思っている。

現代曲も積極的に取り上げ、マデルナ、フェラリ、クセナキス、リテティ、デュティーユなどの作品を演奏。ソリストとしてはこれまでに、ミッシェル・プラソン、クルト・マズール、カサドシュ、アルベルト、アルマン・ジョルダンらの大指揮者、バーデンバーデン響、パリ管弦楽団、フランス放送響、ドレスデン響、ブダペスト響、スイスロマンド響、北京交響団、上海交響楽団と共演した。

これまでにリリースされた主要な録音

−アルマン・ジョルダン指揮、モンテカルロ交響楽団とのショーソンの詩曲 (ディアパゾン金賞受賞)

−ハイドンの弦楽四重奏曲、

−ドビッシー、ショーソン、ラヴェル、ルーセル、ピレルネ、イベール、カプレ、デュティーユなどのフランス物のカルテット

−ピアニスト、作曲家のジャン・ユボーとシューマン室内楽全集。

−今日でも名盤として世界で紹介されているジャン・ユボーとのフォーレ室内楽全集。

これらの録音に対してディアパゾン金賞、ゲルラン・ディスク大賞、芸術アカデミー大賞など12もの大賞を受賞。フランス政府からもフランス文化への貢献を高く評価されて勲章を授与されている。

EDITION 2014 : concert à l’Eglise de Vétheuil :Trio de Brahms nr.1 avec Jean Mouillère, Hélène Dautry et Yoko Kaneko

J.Mouillere, H.dautry, Y.kaneko Trio Brahms Vetehuil

EDITION 2013 (j’ai été absente en raison d’une tournée avec le concerto de Mozart KV 365)

2013年度のマスタークラスと音楽祭の記録(私はヨーロッパツアーのため欠席でした)

 

2013年5月8−12日、ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラスパンフレット 

DepliantMasterClasses2013,2

affiche Vetheuil

affiche Cherence

Archive de l’édition 2012  /  2012年のラ・ロッシュギュイヨン城のマスタークラスとコンサートはパリ音楽院、エコールノルマル音楽院、フランス各地、日本、韓国、台湾、アルバニアなど世界各国の大変に質の高い参加者と教授陣との白熱した5日間のレッスン、リハーサルと3回のコンサートが大好評のうちに終了しました。

Droits réservés

Droits réservés

Vendredi 20 Avril 2012 à 20h.30 en l’église de Vétheuil 

J.S.Bach : Suite nr.3 (extrait) pour violoncelle (Guillaume EFFLER)
Paganini: Caprice nr.23 (Dam-in KIM )
Martinon : Sonatine (Kanadé FUNAYAMA)
Beethoven : Trio à cordes en ut mineur (Boris ROJANSKI, Akemi KANO, Guillaume EFFLER)
Brahms : Sextuor à cordes N° 2 Opus 36  (Jean MOUILLERE, Satoko TAKAHASHI, Kei TOJO, Hélène DAUTERY, Antoine GRAMONT etc)

Samedi 21 Avril 2012 à Gagny, à 20h.30,

Mendelssohn : Trio op.66 en ut mineur (Naomi IIKAWA, Guillaume EFFLER, Yoko KANEKO)
Ravel :Tzigane (Taiwen LIU, Yoko KANEKO)
Beethoven : Sonate pour piano et violoncelle nr.2, en sol mineur (Hélène DAUTRY, Masanori KOBIKI)
Popper : Requiem pour 3 violoncelles et piano op.66 (Hélène DAUTRY, Antoine GRAMONT, Rémy CARLON, Masanori KOBIKI)
Sarasate : Les Airs Bohémiens (Dam-in KIM, Yoko KANEKO)
Schumann : Quatuor avec piano op.47 (Jean MOUILLERE, Akemi KANO, Hélène DAUTRY, Yoko KANEKO)

Dimanche 22 Avril à 15h.00, salle des Gardes, au Château de La Roche-Guyon.

4月20日20時半、ヴェトイユの教会

バッハ無伴奏チェロ組曲第3番より(ギヨーム・エフレール)
パガニーニ、カプリース23番、(ダミン・キム)
マルティノン、無伴奏ヴァイオリンのためのソナチネ(船山奏)
ベートーヴェン、弦楽トリオハ短調(ボリス・ロジャンスキー、ヴァイオリン、加納明美、ヴィオラ、ギヨーム・エフレール、チェロ)
ブラームス、弦楽6重奏曲第2番作品36(ジャン・ムイエール、高橋聡子、ヴァイオリン、エレーヌ・ドートリー、アントワーヌ・グラモン、チェロ 他)

21日20時半、ガニー

メンデルスゾーン、ピアノトリオ第2番ハ短調(飯川直美、ヴァイオリン、ギヨーム・エフレール、チェロ、金子陽子、ピアノ)
ラヴェル、ツイガーヌ(タイウエン・リウ、ヴァイオリン、金子陽子ピアノ)
ベートーヴェン、チェロソナタ第2番ト短調(エレーヌ・ドートリー、チェロ、コビキマサヒロ、ピアノ)
ポッパー、3台のチェロとピアノのためのレクイエム(エレーヌ・ドートリー、アントワーヌ・グラモン、レミ・キャルロン、チェロ、コビキマサヒロ ピアノ)
サラサーテ、チゴイネルワイゼン(ダミン・キム、ヴァイオリン、金子陽子ピアノ)
シューマン、ピアノ4重奏曲作品47(ジャン・ムイエール、加納明美、エレーヌ・ドートリー、金子陽子)

22日15時 ラ・ロッシュギュイヨン城のsalle des gardes 最優秀生達によるコンサート

 

Archive de l’édition 2010 /  ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラス2010年の記録

2010年4月28日(水) – 5月2日(日)

音楽監督、ヴァイオリン、ジャン ムイエール(パリ音楽院、ヴィアノヴァ弦楽四重奏団、パリエコールノルマル音楽院)

チェロ、ジャン マリー ガマール (パリ音楽院、ヴィアノヴァ弦楽四重奏団)

ピアノ、金子陽子 (パリ音楽院、ガブリエルピアノ四重奏団)

コントラバス、ジャン クリストフ デルフォルジュ(オーベールビリエ音楽院)

Photo by Thierry Beauvir

ラ ロッシュ ギュイオン城は、モネの家で有名なジヴェルニーのあるセーヌに面した美しい地方にあり、フランスの歴史上重要な役割を果たし、岩を掘って作られた珍しいお城です。期間中は毎日お城にて16h00-18h00に公開講座、近郊の村の教会でのコンサート、5月2日午後には優秀受講生のコンサートが予定されています。すべてのコンサートはライヴ録音に収められ、優秀生の演奏はCDとして残されます。2010年度のライヴCD2枚組はその質の高さを高く評価されています。

パリ近郊にお住まいの方、散策と音楽鑑賞を兼ねて是非お出かけ下さい。

4月30日(金)20時30分 サンマルタン ラ ギャレンヌ村の教会、「ジャン ムイエールが各国から集まった15人の若き音楽家たちを紹介」 ベートーヴェン、ボッテジーニ、パガニーニ、シューマン、ショーソン等のピアノと弦楽器の作品

5月1日(土) 20時開演 ヴェトイユ村の教会、コントラバスを中心としたコンサート、モーツアルト、ホッホマイスター、シューベルト、ドヴォルジャークなどを予定。22時半には ロッシュギュイヨン城の庭にて 映画「ロバと王女」を野外上映、映画に出演している女優 ミシュリン プレスルさん(お城の近くに住んでいる)も上映会出席予定!

5月2日(日) 15時開演 ロッシュギュイヨン城、最終コンサート、シューベルトの鱒を中心に メンデルスゾーン、ピアゾラなど。

お城の公式サイトはこちら http://www.chateaudelarocheguyon.fr

 

Concerts pour le JAPON /「日本のためのチャリティーコンサート」

5 mai 2011

  

Dimanche 15 mai 16h30

Concert en faveur du JAPON

ロータリークラブ,ジャンムイエール主催、震災支援チャリティーコンサート

Eglise de Nucourt (95420 Val d’Oise)

ラ ロッシュギュイヨン近郊ニュクール村の教会

Jean Mouillère, Yuri Kuroda : violons,

ジャン ムイエール、黒田裕理、ヴァイオリン

Emmanuel Raynaud : alto, エマニュエル ベルトラン、ヴィオラ

Guillaume Effler : violoncelle, ギヨーム エフレール チェロ

Michel Innocenti, Ana Maria Gorce, Yoko Kaneko : pianos,

ミッシェル イノチエンティ、アナ マリア ゴルシュ、金子陽子 ピアノ

Rachmaninov, Schumann, Takemitsu, Brahms

ラフマニノフ、シューマン、武満徹、ブラームスの作品から

Tarif : 20 €

Réservation par téléphone 電話予約先: 01 34 67 49 13 / 06 47 07 92 91

Par courriel メールでの予約: rotary-magny@sfr.fr

 

4月2日のパリでのチャリティーコンサートとミニバザーはすべての人々が日本のために力を合わせた素晴らしい会となりました。収益金は3480ユーロにのぼり、全額がパリの日本大使館を通じて日本赤十字に寄付されました。

3480 euros ont été donnés par le public lors du concert et la vente de charité pour le Japon que j’ai organisé avec l’église réformée d’Auteuil à Paris. L’ensemble des dons a été transféré auprès de à la Croix Rouge du Japon via l’Ambassade du Japon à Paris.