Archive for novembre 2017

JAPAN TOURS APRIL 2018 Solo Recital & « Chrisotphe Coin & friends » 批評、フォトギャラリー2018年4月の日本公演(ソロリサイタル、クリストフ・コワンと仲間たち)

9 novembre 2017

ソロリサイタルと6回に渡る「クリストフコワンと仲間達」の公演が皆様の熱いご支援のお陰で大好評のうちに終了致し、一同元気でフランスに戻りました。関係者の皆様、時には遠方から、そして何箇所もの公演にご来場いただいたファンの皆様に心より御礼申し上げます。

Première diffusion (Sonate Arpeggione et Grand Duo de Schubert) au Japon : 22 Juin 5h00-5h55 sur Télévision NHK BS Prémium « Classic Club »/ 武蔵野公演の第1部の映像が、6月22日 朝5時よりNHK BSプレミアムの 『クラシック倶楽部』 にて第1回目の放映となります。https://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2018-06-22/10/1185/1894452/

Première diffusion de la totalité du concert « Schubert » au Japon sur NHK Radio FM : 17 juillet « Best of Classic » 19h30-21h10/武蔵野公演(第1部、第2部とも)の録音が、NHK FM『ベストオフクラシック』 で7月17日 19h30-21h10に放送されます。http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2018-07-17/07/34548/4858196/

Seulement environ 15 Arpeggiones existants (la plupart dans les musées !) dans le monde, cette tournée a été un événement historique pour les japonais. La totalité des 450 places du premier concert à Tokyo Musashino a été vendu en 15 minutes à peine, du jamais vu…Le live (vidéo et audio) de ce concert sera diffusé plusieurs fois au Japon et en Asie.コワン氏によると、アルペジオーネは世界に15台くらいしか現存せずしかもほとんどすべてが博物館所蔵、自身のコレクションを日本の聴衆のために持参くださった今回の日本公演は、正に歴史的な大事件だったといえ、武蔵野市民文化会館でのコンサート「オールシューベルト」プログラムのチケット450枚がなんと発売15分で売り切れという前代未聞の事態となった訳です。

Merveilleuse critique parue sur la revue Mercure des Arts (en japonais) par Mariko Okayama....Quelle beauté dans l’intimité des dialogues entre C. Coin et Y. Kaneko… C’était comme une musique que l’on ne pourrait plus jamais entendre de nouveau, comme si l’on contemplait sereinement un lac profond et pur, un jeu entre les vagues et la lumière. Ce n’était pas une question d’applaudissements ou de bravos, mais une musique devant laquelle nous avions envie de nous incliner, en remerciant du fond du cœur ceux qui nous l’offraient. Schubert apparaissait, tout comme ces deux musiciens, dans sa perfection la plus pure….  

武蔵野公演の素晴らしい批評が音楽評論サイト『メルキュールデザール』に掲載されましした。http://mercuredesarts.com/2018/05/14/christophe_coin-okayama/

「音楽の友」6月号に長谷川京介氏による素晴らしい批評が掲載されました。

Critique parue dans la revue musicale Ongaku-no-tomo (Amis de la Musique) Japon, Juin 2018.« Concert donné par Christophe Coin au violoncelle et à l’Arpeggione avec Maria-Tecla Andreotti à la flûte traversière et Yoko Kaneko au pianoforte. ».Le plus grand momentoute a été « La Sonate Arpeggione » de Schubert jouée sur l’Arpeggione, l’instrument étant un exemplaire d’époque…..Le duo avec le pianoforte (construit par J.G.Grober, 1820) joué par Kaneko était un enchantement extraordinaire où nous avons ressenti une émotion en découvrant la sonorité pleine de mélancolie que Schubert avait imaginée…..Ceci fut une précieuse occasion de connaître une partie de l’activité artistique considérable de C.Coin qui défend, pas seulement l’arpeggione, mais aussi des compositeurs inconnus et des œuvres oubliées telles que celles Wölfl et Ries en tant que patrimoine de l’humanité. ParKyosuké HASEGAWA

Musashino Culture Hall, Tokyo

Musashino Culture Hall, Toyo, Concert Schubert Christophe Coin & Friends, 19 avril 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Musashino Culture Hall, Tokyo, 19 avril 2018 Christophe Coin & Frends, Schubert,

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Copyright Munetsugu Hall, Nagoya, Japan, 2018

Copyright Munetsugu Hall, Nagoya, Japan, 2018

Copyright Munetsugu Hall Nagoya 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

Droit réservé Yoko Kaneko 2018

コンサート米子(旧称米子労音)の皆様と

Droit Réservé Yoko Kaneko 2018

4/17(火)19時 金子陽子フォルテピアノリサイタル 鵠沼『レスプリフランセ』(神奈川)

プログラム(フォルテピアノ5オクターブ半、ワルター・マクナルティモデル)

J.S.バッハ 幻想曲とフーガイ短調

ハイドン 変奏曲 変ホ長調 Hob.XVII:3 

J.S.バッハ パルティータ 第6番 

ハイドン ソナタ(第54番)ト長調 Hob.XVI:40 

シューベルト 楽興の時 第2番 変イ長調  ハンガリー風のメロディー 

ハイドン ソナタ(第62番) 変ホ長調 Hob.XVI:52

このコンサートに関する素晴らしい記事が音楽批評サイト『アリスの音楽館』に掲載されました。

http://queen-alice.air-nifty.com/blog/2018/04/fp-372nd417-06e.html

鵠沼室内愛好会のHP

https://kugenumasalonconcert.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/

会場 レスプリフランセのHP http://www.fr-jp.net/index.html


『クリストフ・コワンと仲間たち・

アルペジョーネの響き』

世界でも貴重なオリジナル楽器を聴く。全6公演。

クリストフ・コワン(アルペジョーネ、チェロ)

金子陽子(フォルテピアノ)

マリア・テクラ・アンドレオッティ(フラウト・トラベルソ*)

ジェローム・アコカ(ヴァイオリン**)

4/19(木)19時 武蔵野市民文化会館**(東京)オールシューベルトプログラム

シューベルト グラン・デュオ Op. posth. 162, D 574 イ長調(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ D. 821 イ短調(アルペジョーネとフォルテピアノ)

シューベルト ピアノトリオ第2番 D. 929 変ホ長調

チケットは12月2日発売当日に完売しました

この公演についての武蔵野文化会館のサイト http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/11/post-737.html

この公演のチラシAffiche (Pub) Musashino 2018.04.19 クリストフ・コワン

 


4/20(金)11時30分開演 フィリアホール(横浜青葉区民文化センター)* ランチタイムコンサート(神奈川) 

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

フンメル:ピアノ三重奏曲 Op.78 イ長調

http://www.philiahall.com/html/series/180420.html

【チケット料金】全席指定¥1,500(休憩なし/約1時間の公演)
シリーズセット券¥4,000

【一般発売】2018年1月14日(日)11:00~ (電話・Web・モバイル)
【チケット取扱】フィリアホールチケットセンター ☎045-982-9999(11:00~18:00)

【主催】フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエア South-1本館5階

 


4/21(土)18時 名古屋、宗次ホール*(愛知)

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:楽興の時 第2番 D.780 変ホ長調

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

ウオルフル(ベートーヴェンのライバル):フルート・ソナタ Op.34-2  ト長調<日本初演>

リース(ベートーヴェンの弟子):3つのロシアの歌による変奏曲 ハ短調<日本初演>

フンメル:ピアノ三重奏曲 イ長調 Op.78


4/22(日)14時(13時半、楽器についてのプレトークあり) 横浜港南区民文化センター「ひまわりの郷」*(神奈川)

主催者『横浜学友教会』のHP 

https://musikverein-yokohama.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%B7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/

会場 ひまわりの郷のHP

http://www.himawari-sato.com/modules/news2/article.php?storyid=290

 

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hoboken XV

シューベルト:楽興の時 第2番 D.780 変ホ長調

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ D.821 イ短調(オリジナル楽器を使用)

ウオルフル(ベートーヴェンのライバル):フルート・ソナタ Op.34-2  ト長調<日本初演>

リース(ベートーヴェンの弟子):3つのロシアの歌による変奏曲 ハ短調<日本初演>

フンメル:ピアノ三重奏曲 イ長調 Op.78

セット券(シリーズのコンサート3回券10000円)1月7日より発売

1回券(5000円)2月11日よリ発売


4/24(火)18時45分開演(18時15分開場) 米子市文化ホール**(鳥取)

主催、米子労音のHP http://www2.sanmedia.or.jp/rouon/

オールシューベルトプログラム

シューベルト グラン・デュオ Op. posth. 162, D 574 イ長調(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ D. 821 イ短調(アルペジョーネとフォルテピアノ)

シューベルト ピアノトリオ第2番 D. 929 変ホ長調


4/25(水)19時 兵庫県立芸術文化センター**(兵庫)

チケットは12月2日に完売しました。

http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4303213302&sid=0000000001

ベートーヴェン スプリングソンソナタ(ヴァイオリンとフォルテピアノ)

シューベルト アルペジョーネソナタ(アルペジョーネとフォルテピアノ)

リース ロシアの3つのメロディによるチェロとフォルテピアノのための変奏曲

ベートーヴェン ピアノトリオ『幽霊』




JAPON AVRIL 2018  / Concert Tours in JAPAN April 2018

Mardi 17 avril 19h00 à Kugenuma « L’Esprit Français »

Récital de pianoforte Yoko Kaneko (Walter-Macnulti 5 octaves 1/2)

Bach, Haydn, Schubert,

 

Jeudi 19 avril à 19h00 à Tokyo « Musashino Culture Hall »

​Programme ​Schubert (concert complet)

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Jérôme Akoka (violon)

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Affiche (Pub) Musashino 2018.04.19 クリストフ・コワン

 

Vendredi 20 avril à 11h30-12h30 à Yokohama « Philia Hall »

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Hummel (programme d’une heure, sans entracte)

http://www.philiahall.com/html/series/180420.html

 

Samedi 21 avril à 18h00 à Nagoya « Munetsugu Hall »

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

 

Dimanche 22 avril à 14h00 à Yokohama « Himawarino sato Hall »

https://musikverein-yokohama.jimdo.com/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%B7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/

http://www.himawari-sato.com/modules/news2/article.php?storyid=290

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Maria-Tecla Andreotti (flûte traverso),

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

Haydn, Schubert, Wölfl, Ries, Hummel,

 

Mardi 24 avril à 18h45 à Yonago (Tottori Préfecture)

​Programme ​Schubert

Christophe Coin (arpeggione et violoncelle),

Jérôme Akok a(violon)

Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves)

 

Mercredi 25 avril à 19h00 à Nishinomiya (concert complet)

http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4303213302&sid=0000000001

Beethoven vl sonate nr.5 « Printemps » en fa majeur, op.24

Franz SCHUBERT : Sonate Arpeggione (Arpeggione et pianoforte) en la mineur, D.821 

Ferdinand RIES : 3 Airs Russes Variés pour violoncelle et pianoforte en ut mineur, op.72 

Beethoven Trio « Geister » en ré majeur, op.70-1, 

 

 

Publicités