Archive for 5 janvier 2014

3 sonates françaises pour violon et pianoforte avec Cécile Kubik バイヨー、アラール、アルカンのフォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ、デュオのパリ音楽院での録音

5 janvier 2014

COLLECTION JEUNES SOLISTES DU CNSMDP

CHRONIQUES PARISIENNES 1820-1850 

Notice (french) 解説と演奏者の紹介はこちらをクリックしてください。

CnsmdP-CDJS-12-88-Kubik

Cécile Kubik : violon historique

Yoko Kaneko : pianoforte (Graf-Clarke, Erard 1880)

Programme

Pierre Baillot (1771-1842)

Sonate pour violon et piano, op. 32
1. Andante  3’34
2. Allegro brillante e vivo  6’03
3. Adagio assai  6’14
4. Allegro vivace  6’50

Delphin Alard (1815-1888)

Grand Duo concertant pour piano et violon, op. 25
5. Allegro moderato 8’01
6. Andantino sostenuto  5’47
7. Scherzo  3’21  à entendre
8. Allegretto grazioso  6’41

Charles Valentin Alkan (1813-1888)

Duo pour piano et violon, op. 21
9. Premier duo – Assez animé  7’58
10. L’Enfer – Lentement  5’49
11. Finale – Aussi vite que possible  11’54

Durée totale 72’38

Crédits

Enregistrement réalisé en avril 2012 par le service audio-visuel du Conservatoire, Grand Plateau d’Orchestre.
Ingénieur du son : Jean Gauthier.
Direction artistique : Florent Ollivier, étudiant en Formation Supérieure aux Métiers du Son (FSMS).
Texte du livret : Cécile Kubik.
Collection Jeunes Solistes avec le soutien de la Fondation Meyer pour le développement culturel et artistique.
Centre de Recherche et d’Edition du Conservatoire (CREC).
CREC-audio 12/088

2012年にパリ音楽院で1週間かけて録音した大学院生セシル・キュビックさんとのバイヨー、アラール、アルカンのデュオソナタの録音がダウンロードできます。

これはパリ音楽院の大学院生の研究の一環とプロモーションを兼ねた、高品質な、しかし非売品の録音で、指導の一環として彼女の2年間の指導教官だったクリストフ・コワン氏の助言も参考にしながら特別にお手伝いしました。それぞれ素晴らしい曲ですが、ピアノパートは難度が高く苦労しました。

使用フォルテピアノは、パリ音楽院所蔵のククリストファー・ラーク製の素晴らしいグラーフモデル(6オクターヴ半)、1880年製エラールのピアノです。

時代の変遷ということで、昨年よりパリ音楽院は大学院の学生の録音シリーズはすべてダウンロードのみでCD本体の制作を中止しています。自由にダウンロードしてお聴きください。

セシル・キュビックさんのサイトはこちらです。

Cécile Kubik: Actualités

 

Publicités

CD MOZART (Diapason d’Or) concerto pour 2 pianofortes réédité インマゼールとのモーツアルト2台フォルテピアノ協奏曲CDが再発売

5 janvier 2014

3760009293243_600

Réédition du CD 2006 : MOZART par Jos Van Immerseel & ANIMA ETERNA BRUGGE (6 CD)

Mon premier disque en pianoforte paru en 2006 (chez Zig Zag) « concerto pour 2 pianoforte KV. 365  (pianoforte I : Yoko Kaneko, pianoforte II : Jos Van Immerseel)  »  avait reçu Diapason d’Or 2006, Prix d’ARTE (France), The Editor’s Choice of GRAMOPHNE (U.K).

Il est réédité avec 5 autres (superbes) disques en 2013

2006年に世界中で賞を受賞した金子陽子とインマゼールによるモーツアルト2台のフォルテピアノのための協奏曲KV365 (フォルテピアノ1、金子陽子、フォルテピアノ2、ジョス・ファン・インマゼール)が、アニマ・エテルナ・ブリュージュオーケストラのモーツアルト全集 (CD 6枚組またはダウンロード形式)として再び発売されました。2006年のCDは各国の主要図書館にすでに収められていますが、より多くの人々に聴いていただければ幸いです。

Mozart: Konzerte (Concerto for 2 Pianos KV 365; Flute & Harp Concerto KV 299; Horn Concerto KV 447) /Anima Eterna · van Immerseel
Copyright Yoko Kaneko 2010

Mozart : Concerto for 2 Pianos KV 365,

Flute & Harp Concerto KV 299, Horn Concerto KV 447

Orchestra : Anima Eterna, Dir : Jos van Immerseel

Pianofortes: Yoko Kaneko (I) & Jos Van Immerseel (II)

(2 pianofortes : Modèle A.Walter par Christopher Clarke)

Publié chez Zig Zag Territories en 2006

Brugge, février 2005 avec Anima Eterna
Copyright Yoko Kaneko 2010

モーツアルト2台のフォルテピアノのための協奏曲KV 365

アニマ エテルナ オーケストラ、指揮 ジョス ファン インマゼール

フォルテピアノ 金子陽子(第1ピアノ)、ジョス ファン インマーゼル(第2ピアノ)

(2台共にクリストファー クラークによるワルターモデル)

ブリュージュコンセルトヘボウにて2005年2月に録音、

ジグザグ テリトワール社 2006年 (日本販売元 キングインターナショナル)

仏ディアパゾン誌金賞、アルテ賞、英国グラモフォン誌「今月の一枚」、ゴールドベルグ誌最高評価、クラシックホイテ10点満点