News / Actualités / 最新ニュース

This is Yoko Kaneko’s Blog from Paris,

New recording/nouvel enregistrement 2020 « 8 Impromptus & Moments Musicaux de Schubert » sur le pianoforte originale. C.Graf. Si vous souhaitez acquérir, vous pouvez m’écrire par courriel : yoko2.kaneko@gmail.com オランダにあるシューベルト時代のフォルテピアノ『グラーフ』による録音シューベルト『即興曲前曲、楽興の時』の新譜、日本国内にてご購入ご希望の方はメールでお問い合わせくださいyoko2.kaneko@gmail.com


14 novebmre 11月14日(土)は、5月の予定からコロナで延期となっていたシューベルトリサイタル(今年リリースしたCDのプログラム)が『再ロックダウン』で集会が禁止(録音やリハーサルは可)されたため、ラジオ局への非公開ライヴ録音となりました。
会場となったポールロワイヤル美術館からは修道院跡(思想家哲学者のパスカルやラシーヌにも所縁がある)の美しい紅葉が眼下に広がって、心が洗われました。


22 octobre /10月22日、クリストフ・コワン、ジェローム・アコカ両氏とのシューベルトピアノトリオ第2番のライブ映像がNHKBSで放送されました。アルペジョーネソナタを含めこれが6度目の再放送。コロナ禍で外出もままならない時期に皆様に夜の時間帯でご覧いただけ、とても嬉しく思います。6ème (et probablement la dernière ) rediffusion à la télévision nationale NHK BS : live (vidéo) concert à Tokyo Musashino (en avril 2018) avec C.Coin et J.Akoka / Trio de Schubert


メルキュールデザール誌への特別寄稿

11月号は、音楽と旅で出会った人々と料理について書いてみました。Mon nouvel article en japonais paru sur « Mercure des Arts » Novembre :  http://mercuredesarts.com/2020/11/14/methode-kodaly-et-les-saveurs-de-lest-kaneko/

10月号『聴衆と作品 vsコンクール』  Vous avez dit « concours » ? 2ヶ月ぶりのコラムには、演奏の本質と音楽コンクールというシステムに対して私が感じていることを偽りなく、話を濁さずに書いてみました。 http://mercuredesarts.com/2020/10/14/special-ma-france-et-mes-resonances-vous-avez-dit-concours%e2%80%af-kaneko/

————————————————————————————————————

Samedi 3 octobre 20h00 au Musée du Port-Royal des Champs (ジュネーヴのコンサートの替わり)

Christophe Coin (vc), Yoko Kaneko (pianoforte : Fritz original, 6 octaves)

1, L.Van Beethoven (1770-1826)

– Sonate pour violoncelle et pianoforte en ré majeur op.102, nr.2

2, Ignaz Moscheles (1794-1870)

– Grand Duo concertant pour pianoforte et violoncelle (ou basson) op.35 en si bémol majeur,

– Grand Caprice ou Nocturne COne-certant sur l-des Airs des Rossini pour pianoforte et violoncelle op.37

10月3日(土)に予定されていたスイスのフォルテピアノ音楽祭『ハーモニクス』(コンサートとシンポジウム)は、フランスとスイスの国境がコロナのため閉鎖に近い状態となったため、延期となり、替わりにヴエルサイユ近郊ポールロワイヤル博物館(僧院跡)で同プログラムを演奏致しました。


9ème Rencontres Internationales Harmoniques (Suisse)

Samedi 3 octobre 2020 à 16h30 à Genève (Musée) avec Christophe Coin (vc) Reporté à une date ultérieure 

Sonates pour violoncelle et pianoforte de Moscheles (nr.1) et Beethoven (nr.5) 

コロナ禍の第2波が懸念される元フランスでは新年度がスタートし、パリ市内もすべての公の場所でマスク着用義務という体制で半年ぶりの音楽院で生徒達と対面授業が始まりました。久しぶりに公開コンサートのお知らせを掲載できることを嬉しく思います。

このコンサートで当初共演予定だったコワン夫人のマリア・テクラ・アンドレオッティさんのご冥福を心よりお祈り致します。
(夫人は3月初めに急逝されました)

C’était le dimanche 26 juillet 17h00 à Cubry (Franche-Compté) avec le Quatuor AKOS. 

Quintette avec piano de A.Dvorak op.81

輝かしく躍進中のアコス弦楽カルテットのコンサートがブザンソン地方の教会で7月25,26と2夜連続開催され、2年ぶりの嬉しい再共演!シューベルトの弦楽五重奏曲とドヴルザークのピアノ5重奏曲が満席の教会に響きわたりました。


Juillet 2020 un article  paru sur la revue musicale « MERCURE DES ARTS » (en japonais)メルキュールデザール7月号は 発見の旅・Voyages Insolites

http://mercuredesarts.com/2020/07/14/special-ma-france-et-mes-resonances-voyages-insolites-kaneko/

Juin 2020 6月号は 女性であること親になること・Être femme et devenir parent.

http://mercuredesarts.com/2020/06/14/special-ma-france-et-mes-resonances-etre-femme-et-devenir-parent-kaneko/

Mai 2020 5月号は2つのコラムに執筆しました。 

コロナ危機と時間・La notion de temps sous le Covid19 

http://mercuredesarts.com/2020/05/14/la-notion-de-temps-sous-le-covid19-kaneko/

言葉に埋もれて・L’immersion linguistique.

http://mercuredesarts.com/2020/05/14/special-ma-france-et-mes-resonances-limmersion_linguistique-kaneko/


Troisième diffusion du live du concert  « SCHUBERT » à Tokyo (avril 2018) : Sonate Arpeggione par Christophe Coin (arpeggione) et Yoko Kaneko (pianoforte 6 octaves) et Grand Duo par Jérôme Akoka (violon) et Yoko Kaneko de S : 17 avril 5h00-5h55 sur Télévision NHK BS Prémium « Classic Club »/ 2018年4月のクリストフ・コワンさん、ジェローム・アコカさんとの武蔵野公演の第一部のライヴが、4月17日 朝5時よりNHK BSプレミアムの 『クラシック倶楽部』 で、再々放映されます。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=202&date=2020-04-17&ch=10&eid=13037&f=242


 « Ma France et mes résonances » (en japonais) est paru sur la revue musicale « Mercure des Arts » (uniquement sur le web, gratuit). 2020年1月からWeb音楽評論誌 « メルキュールデザール » に、 »私のフランス、私の音 » と言う総合テーマで投稿させて頂いています。

Mars 4月号 音響と録音の不思議な世界 / Le mystère de l’acoustique et l’enregistrementhttp://mercuredesarts.com/2020/04/14/special-ma-france-et-mes-resonancesle-mystere_de_lacoustique_et_lenregistrement-kaneko/

Mars 3月号 音(と味)のアイデンティティL’identité sonore (et culinaire) http://mercuredesarts.com/2020/03/15/special-ma-france-et-mes-resonances-lidentite_sonore_et_culinaire-kaneko/

Février 2月号 「偉大な室内楽 / L’essence de la musique de chambre」音http://mercuredesarts.com/2020/02/14/special-ma-france-et-mes-resonances-lessence-de-la-musique-de-chambre-kaneko/

JANVIER 1月号はこちら « Une japonaise à Paris/ 留学、ヨーロッパに住むということ » http://mercuredesarts.com/2020/01/14/special-ma_france_et_mes_resonances-une_japonaise_a_paris-kanneko/


le 28 janvier 2020 Le site (en anglais traduit depuis hollandais) de Preludeklassiekmuziek aux Pays-Bas ou vous pouvez commander mon dernier CD Schubert. オランダのプレリュードクラシックミュージックのサイトで私のシューベルトの新譜を紹介して頂いています(オランダ語から英語に翻訳)ベネリュクスにお住まいの方はこちらにCDをご注文頂けます。

https://translate.google.com/translate?hl=nl&sl=auto&tl=en&u=https%3A%2F%2Fwww.preludeklassiekemuziek.nl%2Fschubert-in-alle-opzichten-hemels%2F

 

Récital solo du 19 janvier dernier/ リサイタル Dimanche 19 janvier 2020 au Château de Ripaille, Thonon-les-Bains (Haute-Savoie) :un récital au bord du lac Léman. Entre les deux sonates de Beethoven, vous pouvez découvrir la création des 3 pièces, sous le signe de « tradition – modernité – éternité » admirablement écrites par Alexandre Damnianovitch. Sur un vieux Steinway du Château de Ripaille. 1月19日(日)17時開演、レマン湖のほとり(フランス)のリパイユ城でのソロリサイタル。今回はフォルテピアノでなく、お城の古いスタインウエイで。パリ音楽院の先輩でもあるアレクサンドル・ダムニアノヴィッチさんが作曲してくださった伝統と現代性、永遠性が素晴らしくマッチした『2つの瞑想曲』『アリアンヌの糸』の世界初演をベートーヴェンの2曲ソナタと並べて対比しながら演奏、新聞紙上で素晴らしいコンサート評をいただきました。


NEW CD SCHUBERT (MAJ511, MA Recordings) /Après les tournées inoubliables en Asie (Chine, Corée, Vietnam, Japon) et en France, je suis heureuse de vous annoncer la sortie du nouvel album « SCHUBERT Impromptus et Moments Musicaux » un projet longuement préparé et interprété sur un instrument original, un beau pianoforte Graf, en septembre dernier aux Pays-Bas.

Vous pouvez entendre un extrait sur YouTube: YOKO KANEKO F.SCHUBERT Moments musicaux No.2 fortepiano 金子陽子 フォルテピアノ – YouTube

Dans l’attente du distributeur, je dispose déjà de quelques exemplaires que vous pouvez acquérir dès maintenant si vous le souhaitez. (Contact par courriel : yoko2.kaneko@gmail.com)

熟考と苦心の末に出来上がりましたフォルテピアノ(オランダにあるシューベルト時代のグラーフ)によるシューベルトの新譜、お聴きいただければ幸いです。(ご購入ご希望の方はメールでお問い合わせください。 yoko2.kaneko@gmail.com

Copyright.2020.Yoko.Kaneko

4 Impromptus op.90, D 899

6 Moments musicaux op.94, D 780

4 Impromptus op.port 142, D 935

Fortepiano:  Conrad Graf, Vienna ca.1826; Edwin Beunk Collection.

5.6 Mhz DSD Recording, Enschede, Netherlands, September 2019,

Engineered, edited & designed by Todd Garfinkle

Total time 78:24

Moments musicaux nr.2 sur YouTube 抜粋(楽興の時第2番)をお聴きいただけます。


Concerts au Japon : le 30 novembre et 3 décembre, Masterclasse au Conservatoire de Senzoku le 4 décembre / 11月30日(14時)海老名市民文化会館−12月3日(火)(19時)には鵠沼のレスプリフランセでレジス・パスキエさんとのデュオコンサートを大好評のうちに無事終えました。ご来場いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

12月4日には洗足学園大学大学院にて、昨年に引き続き室内楽の特別レッスンを致しました。反応が早くどんどん表現豊にな演奏になっていく若い学生さん達と充実した時間を過ごしました。


26 octobre 2019 Concert à Hanoï avec Régis Pasquier (violon), Vietnam. L’interview enregistré également pour la radio (en français) « La voix du Vietnam »  / 10月26日には初めてベトナムのハノイでレジス・パスキエさんとデュオコンサート, フォーレ、ドビッシー、ラヴェル、フランクの作品を演奏、若い世代もご来場いただき満員の嬉しい盛会となった他、ラジオ『La voix du Vietnam VOV5』にインタヴュー(フランス語)を収録しました。Au programme : Fauré, Debussy, Ravel et Franck.


22 septembre 2019 Un moment magique …Récital pianoforte (Clarke, modèle Walter) à La Chaize Giraud, en Vendée au Programme : Schubert, Beethoven et une très belle pièce de Alexandre Damnianovitch « Anastasima » (version pour piano, création) et Chopin./ 9月22日にはフランス大西洋沿岸の音楽祭にてクラーク製5オクターブの私のフォルテピアノを持参してのリサイタル、ベートーヴェン、シューベルトに加え、ウイーンで書かれたショパン初期のマズルカと、フォルテピアノのために書かれたアレクサンドル・ダムニアノヴィッチのフォルテピアノのための新作のひとつ『アナスタジマ』も初演、素晴らしい音響の教会を埋め尽くしたお客様が息をのんで聴き入ってくださり、素晴らしい演奏会となりました。https://www.payssaintgilles-tourisme.fr/se-divertir/agenda-du-pays-de-saint-gilles-croix-de-vie/recital-pianoforte-yoko-kaneko-2595099


10 et 24 septembre 2019  Rediffusion du live concert SCHUBERT à Tokyo (Avril 2018) avec Christphe Coin et Jérôme Akoka sur la Radio NHK FM le 24 septembre / Télévision NHK BS le 10 septembre matin  / 9月10日朝5時より2018年4月のクリストフ・コワンさん、ジュエローム・アコカさんとのシューベルト演奏会の前半がNHKBSクラシック俱楽部にて、コンサート総てのライブがNHK FM  にて9月24に再放送されました。

4月に開催された、パリ国立美術史研究所と国立図書館共催のシューベルト、アルペジョーネソナタ(自筆譜がパリ国立図書館に保管されている)についてのレクチャーコンサートのライブヴィデオがこの度公式にYoutubeに公開されました。フランス語での大変興味深いお話の後にコワン氏持参のアルペジョーネで、私も持参したクラーク製のフォルテピアノで共演しています。コンサートホールではないので音響などは理想的ではありませんが、フランス語が理解できる方にとっては大変に貴重なお話が沢山登場します。

Live vidéo officielle sur Youtube/ Trésors de Richelieu | 16 avril 2019 – La Sonate Arpeggione de Franz Schubert

https://www.youtube.com/watch?v=3am6c0h2RJE&feature=youtu.be
 
Franz Schubert (1797-1828) écrit en 1824, sur commande, une sonate destinée à un curieux instrument à cordes tout récemment mis au point par le luthier viennois Johann Staufer : l’arpeggione, sorte d’hybride entre la guitare et le violoncelle, appelé d’ailleurs parfois « guitare-violoncelle » ou « guitare à archet ». Créée dans la foulée par son commanditaire Vincenz Schuster, avec Schubert au piano, cette œuvre de circonstance a conservé une notoriété, alors même que l’instrument auquel elle s’adressait est, quant à lui, très vite tombé dans l’oubli. Les éditions successives de la sonate jusqu’à aujourd’hui nous l’ont présentée dans des transcriptions diverses (pour violon, violoncelle, alto ou instruments à vent), mais le manuscrit original de Schubert, conservé au département de la Musique de la BnF, incite à redécouvrir l’œuvre dans sa conception initiale.

Intervenants :
Christophe Coin (violoncelliste, gambiste, chef d’orchestre)
Etienne Valère (BnF)
Yoko Kaneko (pianiste)

12, 13 & 14 July : All SCHUBERT CONCERTS (for VIOLON & PIANO) / Depuis 2016 à Bilbao, notre 2e Intégrale des pièces pour violon et piano de SCHUBERT avec Régis Pasquier à l’OPERA de CANTON (Chine) les 12(dans la ville),2016年のビルバオ音楽祭に続いて、 13 et 14 (Opéra) juillet. 7月12(広州市内) 13, 14日(オペラハウス)の3夜に渡って、レジス・パスキエさんと、中国広州オペラハウスでシューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品全曲コンサート。http://www.gzdjy.org/piao/4/4264.html


16 avril à Séoul Kumho Art Hall Yonsei (Corée du Sud) Cycle BEETHOVEN III avec Akiko SUWANAI.

Sonates nr. 4, nr. 10 et nr. 9 de BEETHOVEN

4月16日 Kumho Art Hall Yonsei(ソウル)

3年に渡った諏訪内晶子さんとのベートーヴェンヴァイオリンソナタ全曲チクルスの最終回、第4番、第10番、第9番(クロイツエルソナタ)を演奏、忘れられない熱演となりました。


 Yoko Kaneko on YOUTUBE/Ecouter et voir Yoko Kaneko sur Youtubeで聴ける金子陽子のCDとライブはこちらをクリックしてください。https://wp.me/pRHCS-Me


Première diffusion de la totalité du concert « Schubert » au Japon sur NHK Radio FM : 17 juillet « Best of Classic » 19h30-21h10/武蔵野公演の全部の録音が、NHK FM『ベストオフクラシック』 で7月17日 19h30-21h10に放送されました。 http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2018-07-17/07/34548/4858196/

Première diffusion (Sonate Arpeggione et Grand Duo de Schubert) au Japon : 22 Juin 5h00-5h55 sur Télévision NHK BS Prémium « Classic Club »/ 武蔵野公演の抜粋が、6月22日 朝5時よりNHK BSプレミアムの 『クラシック倶楽部』 にて第1回目放映終了、沢山の反響をいただきました。今回はコンサート第1部が紹介されました。https://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2018-06-22/10/1185/1894452/

7 juin : Excellent critique parue dans la revue musicale Ongaku-no-tomo (Amis de la Musique) Japon, Juin 2018. »Concert donné par Christophe Coin au violoncelle et à l’Arpeggione avec Maria-Tecla Andreotti à la flûte traversière et Yoko Kaneko au pianoforte. »….Le plus grand moment d’écoute a été « La Sonate Arpeggione » de Schubert jouée sur l’Arpeggione, l’instrument étant un exemplaire d’époque…..Le duo avec le pianoforte (construit par J.G.Grober, 1820) joué par Kaneko était un enchantement extraordinaire où nous avons ressenti une émotion en découvrant la sonorité pleine de mélancolie que Schubert avait imaginée…..Ceci fut une précieuse occasion de connaître une partie de l’activité artistique considérable de C.Coin qui défend, pas seulement l’arpeggione, mais aussi des compositeurs inconnus et des œuvres oubliées telles que celles Wölfl et Ries en tant que patrimoine de l’humanité. 

Kyosuké HASEGAWA 6月号の「音楽の友」にて長谷川京介氏より素晴らしい批評を頂きました。

15 mai : Merveilleuse critique du Concert à Musashino parue sur le site « Mercure des Arts » (en japonais)…Quelle beauté dans l’intimité des dialogues entre C. Coin et Y. Kaneko… C’était comme une musique que l’on ne pourrait plus jamais entendre de nouveau, comme si l’on contemplait sereinement un lac profond et pur, un jeu entre les vagues et la lumière. Ce n’était pas une question d’applaudissements ou de bravos, mais une musique devant laquelle nous avions envie de nous incliner, en remerciant du fond du cœur ceux qui nous l’offraient. Schubert apparaissait, tout comme ces deux musiciens, dans sa perfection la plus pure….

 丘山万里子氏による武蔵野公演の素晴らしい批評が音楽評論サイト『メルキュールデザール』に掲載されましたこ。こちらをご覧ください。http://mercuredesarts.com/2018/05/14/christophe_coin-okayama/

10 mai : Une très belle et incroyable critique (en japonais) de mon récital pianoforte (Bach, Haydn, Schubert) du 17 avril au Japon 鵠沼でのフォルテピアノリサイタルの驚くような充実した批評文が掲載されました。

http://queen-alice.air-nifty.com/blog/2018/04/fp-372nd417-06e.htmlフォルテピアノにおける表現の優位性」現代のピアノと比べれば、フォルテピアノは明らかに、演奏者のつくる個性的な響きを表現しやすく、弦楽器にも似たクオリティがある。Par rapport au piano moderne, le pianoforte est plus propice à exprimer l’univers sonore personnel de chaque interprète et possède une qualité proche d’un instrument à cordes

17-25 Avril 2018 : tournée au Japon avec Christophe Coin, Maria Tecla Andreotti et Jérôme Akoka鵠沼レスプリフランセでのフォルテピアノリサイタルを皮切りにクリストフ・コワン氏らとの日本ツアー全6公演が大好評のうちに無事終了、一同元気で満足のうちにフランスに帰国致しました。熱い声援をお送りくださったファンの皆様、関係者、スタッフの皆様に心より御礼を申し上げます。

Seulement environ 15 Arpeggiones existants (la plupart dans les musées !) dans le monde, cette tournée a été un événement historique pour les japonais. La totalité des 450 places du premier concert à Tokyo Musashino a été vendu en 15 minutes à peine, du jamais vu…Le live (vidéo et audio) de ce concert sera diffusé plusieurs fois au Japon et en Asie.コワン氏によると、アルペジオーネは世界に15台くらいしか現存せずしかもほとんどすべてが博物館所蔵、自身のコレクションを日本の聴衆のために持参くださった今回の日本公演は、正に歴史的な大事件だったといえ、武蔵野市民文化会館でのコンサート「オールシューベルト」プログラムのチケット450枚がなんと発売15分で売り切れという前代未聞の事態となった訳です。

Mars 2018 3月, 10 sonates pour VIOLON & PIANO de BEETHOVEN avec AKIKO SUWANAI at GUANZHOU OPERA HOUSE WOMEN ARTISTS FESTIVAL、諏訪内晶子さんと、中国広州オペラハウスで3日に渡ってべ-トーヴェンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ全10曲を演奏致しました。若い子供連れのご家族が多く来場、CDへのサインや記念撮影を求められ、新しいダイナミックな世代と会えて嬉しく思いました。又、3月8日の国際夫人デーでは、この地方では半日祝日。マスコミを招いてホールで活躍する女性達を招いての討論会もあり、私達もインタビューを受けました。女性の社会への進出は中国では毛沢東以来だとのことで、国を挙げての取り組みに感銘を受けました。

Janvier 2018 年1月 Vidéo Live « Concerto pour deux pianofortes KV.365 » donné à Consertgebhow de Bruges (Mai 2013) est publié sur le site de MEDIATV (payant)   2013年にジョス・ファン・インマゼール氏とモーツアルトの2台のフォルテピアノの為のコンチェルトでの3度目のツアー(ポーランド、ベルギー、フランス)の、ブリュージュでのコンサートがフランスの番組制作会社より収録され、有料サイトにて公開されていますhttp://mmediatv.com/film/613 

http://mmediatv.com/film/613L’extrait du vidéo (6 minutes) その抜粋(6分)をYoutubeでご覧頂けます。https://www.youtube.com/watch?v=ZWXwOg-3XaM

New (3d) edition (with a new jacket) of Mozart Concerto for 2 fortepianos KV 365 (recorded on 2005) 2006年のモーツアルトイヤーに発売されて世界中で受賞して各国の音楽図書館に収められている「モーツアルトの2台のフォルテピアノのための協奏曲」のCD、ジャケットを一新して(レコード会社買収などの事情もあり)「3度目の再発売」の報告が入っています https://www.outhere-music.com/en/albums/concertos-alpha339

This is the same recording as these 2 CD (2006 and 2013)! 以下の2つのジャケット(2006年と 2013の再発売)と全く同じ内容です!

Photo of recording (on fev 2005) at Concertgebouw of Bruges. 2005年2月のベルギーブリューニュのコンセルトヘボウでのレコーディングセッションの写真


Avril : Très belle critique du concert SCHUBERT à Bonn ドイツ、ボンでのシューベルトプロのコンサートの素晴らしい批評が届きました。翻訳の抜粋です。….この演奏会のクライマックスであったのはコワンによるシューベルトのアルペジオーネ・ソナタの演奏であろう…….コワンと金子はここで完璧に息のあった演奏を見せた。優美でダイナミックなニュアンスづけがされており、特に最終楽章で繰り広げられる緩急奏法(アゴーギグ)が素晴らしい。メランコリーから夢見心地の状態へ、それからさらに踊り出すような軽やかさへと幅広い表現力がここでも発揮された。休憩後は三人揃っての ピアノトリオ(op.100)の演奏であったが、こちらも大成功である。ここでは古典楽器それぞれの持ち味がバランスよく生かされ、演奏家同士のキャッチボールも巧妙になされていたといえよう。ましても申し分のない完璧な、貴重で珍しい室内楽を満喫することのできた「アイン・フィアレル」コンサートの一つであった。


Nouvel article (présentation) sur Yoko Kaneko : http://www.monolithe.biz/#!classique/cg07

金子陽子を紹介するフランス語と日本語のページが登場、こちらをクリックしてくださいCLASSIQUE


Yoko Kaneko, pianiste, pianofortiste,

Formée dans deux hauts lieux de l’enseignement supérieur de musique, d’abord à Toho Gakuen à Tokyo et ensuite au Conservatoire National Supérieur de Musique (CNSM) de Paris, la pianiste et pianofortisteYoko Kaneko est devenue une artiste accomplie et musicienne virtuose qui est actuellement considérée comme l’une des plus sensibles de sa génération. Très sollicitée au cours de sa carrière, elle a partagé les scènes internationales avec les plus grands artistes.

  Sa volonté de chercher la quintessence de chaque œuvre, dont elle souhaite obtenir une interprétation juste en connaissant le style spécifique des différents compositeurs, l’a amenée à travailler avec des grands maîtres de la musique. Citons pour la musique de piano Germaine Mounier, Michel Béroff, Yvonne Loriot-Messiaen ; pour la musique de chambre et la lecture approfondie Jean Mouillère, Menahem Pressler, Jean Hubeau et György Kurtag ainsi que pour l’étude de la musique ancienne la rencontre avec deux de ses précurseurs, Masahiro Arita et Jos van Immerseel, a été déterminante.

  Adepte passionnée de la musique de chambre et son répertoire méconnu, elle a effectué six enregistrements avec le Quatuor Gabriel comportant des œuvres de Guillaume Lekeu, Reynaldo Hahn, Antonin Dvorak et également celles de Camille Saint-Saëns et Joseph Jongen puis Gabriel Fauré et Ernest Chausson.

 Au pianoforte Yoko Kaneko a enregistré le concerto pour deux pianofortes de Mozart avec Jos van Immerseel et aussi des pièces de Johann Benjamin Gross avec Christophe Coin au violoncelle. Avec le pianoforte seul, des sonates de Ludwig van Beethoven ont été gravées puis « Les œuvres de son Age d’Or » de Mozart et celles-ci sont parues chez MA Recordings.

  Plusieurs récompenses parmi les plus prestigieuses ont été attribuées à ses enregistrements, notamment, le « Choc » de la revue le Monde de la Musique, le « Grand Prix » de la Nouvelle Académie du Disque, le « Diapason d’Or », le « Prix d’Arte », « Editor’s Choice » ainsi que le « Disque du Mois » accordés par la revue britannique Gramophone, « Prelude Classical Award » aux Pays-Bas et le « Prix de Records-Geijutsu » au Japon.

  Ces dernières années elle s’est attachée à rapprocher l’exécution les concertos pour pianoforte vers l’esprit de la musique de chambre pour obtenir un fondu aussi complet que possible du jeu du soliste dans l’ensemble orchestral. Ainsi elle s’est produite dans ceux de Mozart, Haydn et Beethoven avec l’Orchestre Anima Eterna de Bruges, l’Orchestre de Chambre de Toulouse et l’English Haydn Orchestra où le plaisir de jouer ensemble a été couronné par un succès public retentissant.

Entre 2017 et 2019, elle a donné plusieurs concerts présentant le cycle de 10 sonates pour violon et piano de Beethoven avec la star Akiko Suwanai au Kumbo Art Hall à Séoul et Busan (Corée du Sud) en 3 ans, ainsi que à l’Opéra de Canton en Chine (mars 2018) en 3 jours. Plusieurs récitals de pianoforte ont été donnés au Japon et en France. Avec Christophe Coin, (et Maria-Tecla Andreotti et Jérôme Akoka), elle a donné 6 concerts à travers le Japon (avril 2018) avec la télévision et Radio NHK (le live a été diffusé au Japon et en Asie), ainsi qu’en Suisse (Lausanne et Genève) dans le cadre de Rencontre International Harmoniques. Enoctobre 2018 elle est à nouveau au Japon avec Akiko Suwanai à Kita-Kyushu et Hakodaté, invitée par le Conservatoire de Senzoku Gakuen pour une Master Classe de Musique de Chambre.

En 2019, elle a participé à la conférence-concert « Sonate Arpeggione de Schubert » avec C.Coin dans le cadre de la BNF et l’INHA à Paris. La vidéo ce cette conférence-concert est publié officiellement sur youtube depuis 1er juillet). En juillet elle a été réinvitée par l’Opéra de Guangzhou (Canton) avec Régis Pasiquier pour y interpréter l’intégrale des duo violon et piano de F.Schubert.

Après le CD « J.S.BACH: Partitas & Suite Française » sur pianoforte (MA Recordings) qui a été présenté plusieurs reprise notamment à la Radio Classique, elle enregistre SCHUBERT « les Impromptus et les Moments Musicaux » de chez MA Recordings en septembre 2019.

Elle est attendu à La Chaize Giraud (en Vendée) le 22 septembre pour un récital pianoforte (Beethoven, Schubert, Chopin et une création d’une pièce de A. Damnianovitch), à Hanoï le 26 octobre avec Réigs Pasquier (Fauré, Debussy, Ravel et Franck) et au Japon (30 novembre et 2 décembre) au programme : Beethoven, Brahms, Prokofiev, Schubert, Chopin, Ravel et Franck.

金子陽子、ピアニスト、フォルテピアニスト

鋭い感受性と楽譜の深い読み、レパートリーの奥深さ、多彩なテクニックと稀に見る音色の美しさを高く評価され、モダンピアノとフォルテピアノ両方で幅広い活動を続けているパリ在住のピアニスト。

近年では国際的にも最も優れたフォルテピアノ奏者の一人と評価され、協奏曲、リサイタル、室内楽、そして教育者としても活躍の場を広げている。

名古屋生まれ。桐朋子供のための音楽教室、女子高校音楽科、同大学にて大島久子、高柳朗子、徳丸聡子の各氏に師事、フランス給費留学生として1987年に渡仏、パリ国立高等音楽院にてピアノをイヴォンヌ ロリオ、ミシェル ベロフの各氏に、室内楽をジャン ムイエール氏に学ぶ。又、ジェルメ-ヌ ムニエ、ジャン ユボー、更にはカナダ、イギリスに於いてメナへム プレスラー、ジョルジュ クルターなどの巨匠にも師事。1991年プルミエプリ(1等賞)を得てピアノ科と室内楽科を卒業、アナリーゼのディプロマも取得後、室内楽科研究課程に首席で入学する。

早くから室内楽に興味を持ち、パリ音楽院在学中の1988年にガブリエルピアノクァルテットQuatuor GABRIELを創立、その50曲にも及ぶレパートリーでフランス音楽界に重要な地位を占めるようになる。

1991年より、パリ音楽院のジェラ-ル・プーレ、後にレジス・パスキエ氏よりクラスの専属伴奏ピアニストを依頼され、以来今日までフランスで活躍する若い世代のほとんどのヴァイオリニストの育成に携わってきた。

1987年の桐朋学園で参加したジョス・ファン・インマーゼル氏の公開講座に感銘を受け、1993年にパリ音楽院に創設されたインマーゼル氏のフォルテピアノのクラスの初代生徒となる。

1993年、ヴィオッティ国際コンクール室内楽部門でガブリエルピアノクアルテットとして最高位に輝き、本格的な活動を開始、ナテクシス財団賞も受賞。これまでに、ドヴォルジャーク、ルクー(リランクス社)、アーン(マゲロヌ社)、金子仁美(フォンテック)、ショーソン、フォーレ(MA Recordings 2007年)サンサーンス、ジョンゲン(アニマレコード2009年)など7枚のCDをリリース、 ルモンド音楽誌のショック賞、新アカデミー大賞、及びレコード芸術特選を受賞した。これまでにレジス・パスキエ、ジェラ-ル・ プーレ、 ジャン・ムイエール、グザヴィエ・フィリップス、ルノー・キャプソン、有田正広、諏訪内晶子など第一線の演奏家のパートナーを務めたほか、パリシャトレ座、オルセー美術館、ルーヴル美術館、ルツエルン、グロンジュ ド ミュレ、ディヴォンヌ、オランジェリー ド ソー、ブザンソン、ブリュージュ、ブリュッセル、ワルシャワ、フランドル、ピルバオ、ヴァレンシア、ザラゴザ、セヴィリア、コモ、などの著名ホール、音楽祭に招かれている。アジアでは日本のほか、タイ、台湾にも演奏旅行している。

フォルテピアノの名製作者でフランスのMAITRE D’ART(人間国宝) の称号を与えられたクリストファー クラーク氏製作のワルターモデル(18世紀末のウインナーアクション)のフォルテピアノの完成を機に、インマーゼール氏とモーツアルトの2台のフォルテピアノのための協奏曲を録音(2006年 ジグザク社)、その質の高さを認められて国際的に最も高い評価、ディアパゾン金賞、アルテ賞(以上フランス)、クラシックホイテ誌10点満点(ドイツ)、グラモフォン誌の「エディタース チョイス」、「今月の1枚」(イギリス)に選出される。フォルテピアノでフランス、ベルギー、日本に演奏旅行のほか、スペイン5都市をモーツアルトの2台のフォルテピアノのための協奏曲でツアー、大成功を収める。2008年にベートーヴェンのフォルテピアノのためのソナタ、幻想、月光、テンペスト他をリリース、レコード芸術誌特選、オランダでも賞を受賞する。

2007年以来バロックチェロの巨匠 クリストフ・コワンとデュオとトリオで共演を重ね、2010年に、ドイツロマン派の作曲家グロス Johann Benjamin Gross (1809-1848)の作品集のCD「ロマンチックなバラード」を仏ラボリーレーベルよりリリース、オランダのプレリュードクラシック音楽賞を再度受賞の他、仏ディアパゾン誌にて高い評価を得る。英国ハイドンフェスティヴァル、パリの楽器博物館でのショパンリサイタル、ヴェネツイアのブルザン宮でのフランスロマン派音楽のシリーズなどにも出演。

MA Recordings より2011年にモーツアルトのソロフォルテピアノ曲集の新録音をリリース、レコード芸術特選、朝日新聞推薦を受賞。モダンヴァイオリンの巨匠レジス・パスキエとはデュオでフランス音楽、シューマン、バルトークなどのプロで日本公演し絶賛を得る。2012年、トウールーズ室楽団にソリストとして出演、指揮者、バロックヴァイオリンの名手 ジル・コリヤールとベートーヴェンヴァイオリンソナタプロジェクトを開始。9月にはクリストフ・コワンとフランスのラ・ロッシュポーゼ音楽祭に招かれ、ソロ、デュオ(ウオルフルのチェロソナタ)、カルテット(デュセック)モーツアルトのコンチェルトを演奏。2013年は ジョス・ファン・インマゼール、アニマエテルナブリュージュオーケストラとモーツアルトの2台のピアノフォルテのための協奏曲をフランス、ベルギー、ポーランドのワルシャワフィルハーモニーホールにて共演して大成功を収め、ブリュージュのコンサートが番組としてフランスの有料テレビサイトに紹介されている他(以下抜粋https://www.youtube.com/watch?v=ZWXwOg-3XaM英国ハイドン音楽祭にてモーツアルト(23番)ハイドンの2曲のコンチェルト、チェロソナタ、フルートトリオをクリストフ・コワン、マリア・テクラ・アンドレオッティと共演して絶賛を浴びる。2014年は、英国ハイドン音楽祭に再びソリストとしてベートーヴェンの協奏曲nr.2とハイドンのト長調で出演して再び大成功を収め、9−10月にはフランス室内楽の重鎮ジャン・ムイエール、若手のチェロギヨーム・エフレールと日本公演を行い好評を得た。11月に、MA Recordings よりフォルテピアノによるソロ第3弾となる「バッハ、パルティータ4、6番、フランス組曲5番」が発売され、フランスのラジオクラシックで何度も紹介され絶賛された。2015年は、再び英国ハイドン音楽祭にてクリストフ・コワンとのトリオ、フォルテピアノリサイタルで出演。コワン夫妻とは8月に武蔵野市民文化会館に出演。夏はリシュリュー、ジベルニー、オランダの音楽祭にフォルテピアノ持参でソロリサイタルでも出演し、バッハの作品を中心に演奏。秋には6オクターヴのフリッツのフォルテピアノシューベルトプログラムでクリスロフ・コワン(アルペジョーネとチェロ)、ジェローム・アコカ(ヴァイオリン)とポールロワイヤル寺院、クレルモン音楽祭で共演。2016年3月にはレジス・パスキエとスペインのビルバオに出演、シューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品全曲を4回にわたって演奏。5月には横浜、鵠沼、米子でも7曲のソナタを共演している。

2017年より2019年まで3年間かけて韓国ソウルと釜山にて、諏訪内晶子とベ−トーヴェンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ全10曲の演奏会、2018年3月には中国広州オペラハウスにて3夜で10曲全曲を演奏、日本(10月1日藤沢、4月17日鵠沼)、パリでフォルテピアノのソロリサイタル、2018年4月には『クリストフ・コワン(アルペジョーネとチェロ)と仲間たち』日本ツアーで、6回の公演を行い絶賛を博す。武蔵野市民文化会館での公演のライブがNHKBSクラシック俱楽部、FMザ・ベストオブクラシックにて放送された。2018年秋には、スイスの『ハーモニクス』音楽祭より招聘を受け、クリストフ・コワン夫妻とのトリオをローザンヌで、リアナ・モスカのバロックバイオリンとクリストフ・コワンでベートーヴェンの大公トリオとシューベルトの2番をジュネーブにて演奏。2018年10月には諏訪内晶子とソウル、釜山、北九州国際音楽祭、函館芸術ホールで演奏。洗足学園大学大学院にて室内楽マスタークラスをした。

2019年は、4月にパリ国立図書館と国立美術史研究所のレクチャーコンサートに参加してクリストフ・コワン氏のアルペジョーネで再び共演。このレクチャーとコンサートの全部を紹介したライブはyoutubeに公開されているhttps://www.youtube.com/watch?v=3am6c0h2RJE&feature=youtu.be(2019年7月)5月には3度目のソウルべ-トーヴェン公演、7月にはレジス・パスキエ氏と広州オペラハウスでシューベルトのヴァイオリンとピアノのためのデュオ全曲を演奏して好評を博す。

2019年9月には新しいフォルテピアノによるCD「シューベルトソロ曲集」の録音が予定されている他、ラ・シェーズジローの音楽祭でフォルテピアノリサイタルを予定されており、ベートーヴェン、シューベルト、そしてショパン初期のマズルカと、セルビア系フランス人の作曲家 アレクサンドル・ダミニアノヴィッチ(1958-)の新作を初演することが決まっている。2019年10月には、ハノイでレジス・パスキエ氏とフランス音楽リサイタル、11月末から12月初めには鵠沼と海老名でレジス・パスキエ氏とのデュオリサイタルを予定している。

トウールーズ音楽院、パリ音楽院よりしばしば古楽器科の試験の審査員に招かれている他、2012年はパリ音楽院の依頼でフォルテピアノ科教授代行を務めた。毎年4月に恩師ジャン・ムイエールと共に パリ近郊の ラ・ロッシュギュイヨンの室内楽マスタークラスで後進の指導と、パリ、オタイユ教会のコンサートシリーズの企画に力を注ぎ、チェロのギヨーム・エフレール、カメロン・クローズマン、ヴィオラの加納明美、東条慧、ヴァイオリンの黒田裕理、ボリス・ロジャンスキー、ヴェラ・ロパティナ、エヴァ・サヴァロ、アコスカルテット、依田幸司、リザ・シュトラウス、河村絢音など若い優秀な才能を紹介している。シューマン、シューベルト等の作品を収めたラ・ロッシュギュイヨンライヴCD 2010はその質の高さで各地で反響を呼んだ。


Mai 2013 : voyage inoubliable des 2 pianofortes par la route.

La grande salle du Conservatoire Royal de Bruxelles pour la 2ème fois depuis 2005 – Philharmonie de Varsovie « pleine! » (Warsaw)en Pologne – Concertgebuow de Bruges pour la 3ème fois (avec la télévision!) – l’Opéra de Dijon (France) avec son acoustique « incroyable » / 2013年5月、3500kmを超える2台のフォルテピアノのヨーロッパの演奏旅行 。ブリュッセル王立音楽院ホール(2005年のツアー以来2度目)、ワルシャワ(ショパンコンクールで有名なワルシャワフィルハーモニー大ホールが満席となりました)、2005年に演奏してCD録音もした、思い出の多いブリュージュのコンセルトへボウ(フランスの番組制作会社が収録)、最後のフランス、ディジョンのオペラホールでは素晴らしい音響に「仰天」しました。

anima-eterna-yoko-kaneko-jos-van-immerseel-concert-bruxelles-mozart-may-2013

 

« MOZART » BELGIQUE – POLOGNE – FRANCE : avec Andrea Lauren Brown (soprano), Yoko Kaneko (pianoforte I) et Jos Van Immerseel (pianoforte II, direction) Concerto pour 2 pianoforte KV. 365 etc. avec l’Orchestre ANIMA ETERNA BRUGES インマゼール、アニマ・エテルナオーケストラとのモーツアルト2台のピアノフォルテのための協奏曲CD録音以来3度目のツアー « MOZART » 絶賛のうちに終了。数日前に予定されていたソプラノのキャンセルがあり、代役で本当に素晴らしいアメリカ出身でドイツ在住のアンドレア・ローラン・ブラウンさんが本当に見事な演奏を披露。


Le CD Mozart « Les oeuvres de son Age d’Or » a reçu le Prix Records Geijyutsu et il a été également « recommandé » par le plus grand quotidien ASAHI-SHINBUN au Japon.

モーツアルトCD「黄金時代の作品集」がレコード芸術2月号にて特選を、朝日新聞より推薦(2月13日の夕刊)をいただき心より嬉しく思います。ご支援いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

ネットマガジンJazz Tokyo 2月26日号に、批評家、丘山万里子氏による素晴らしい記事が掲載されました。モーツアルトCD、ラ・ロッシュギュイヨン城ライブ2010のCD2枚組を推薦いただいています。こちらをクリックしてください。   FIVE by FIVE:JAZZTOKYO

同CDへの及川公生氏による素晴らしい録音レビューもご覧頂けます。ダッド・ガーフィンクル様おめでとうございます!COLUMN#140 OIKAWA:JAZZTOKYO

 


CD MOZART (SOLO PIANOFORTE) Chez MA Recordings « Les Oeuvre de son Age d’Or/ Works from his Golden Age « 

est sorti (FNAC, Amazon France, Amazon Allemagne, Pays-Bas, Japon, USA)

天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏によるモーツアルト ソロアルバム『黄金時代 (1781-1791) の作品集』が日本、アメリカ、オランダ、フランス(FNAC, Amazon…) イギリス、ドイツでも発売となりました。

Copyright Yoko Kaneko 2011

Copyright Yoko Kaneko 2011

 

CD « Bal(l)ade romantique » de J.B. GROSS avec C.Coin, M. Dahmen & Quatuor Mosaïques chez label LABORIE a reçu Prelude Classical Awards 2011

http://www.preludeklassiekemuziek.nl/preludeawards_2011.html

クリストフ コワン氏、モザイクカルテット、ミカエル ダーメン氏らと録音したグロス作品集 CD「ロマンティックなバラード」がオランダで2011年度の「プレリュード ミュージックアワード」を受賞しました。

5 DIAPASON (Magazine DIAPASON, février 2011)

グロス (1809-1848) 作品集のCD 「ロマンティックなバラード」が 仏 音楽誌ディアパゾンの音楽評で絶賛され最高の5の評価をいただきました。メンデルスゾーンと同い年のグロスはチエリストとしても活躍、自作をクララシューマンのピアノで共演していたそうです。ドイツに住む作曲家の子孫が図書館に埋もれていた楽譜を見つけてクリストフ コワン氏に渡したのがCD誕生のきっかけです。キングインターナショナルより、日本で輸入販売しています。 http://www.ebl-laborie.com/gross.pdf Full Booklet online/Livret complet en ligne/ 無料解説(29ページ 英独仏)ダウンロードサイト