News / Actualités / 最新ニュース

This is Yoko Kaneko’s Blog from Paris,Copyright 2014 Yoko Kaneko

 

January 17th, Partita nr.4 of my CD J.S.Bach on the « Radio Classic » France this night ! 今晩21時より、フランス『ラジオクラシック』で私のフォルテピアノでのバッハ、パルティータ4番二長調が取り上げられます!

New youtube (live concert 2013) Mozart Concerto for 2 fortepianos.2013年のライヴ映像の抜粋をYoutubeでご紹介します。

 

C’étati le Samedi 6 Janvier 19H00 à Orthez (64300) (Nouvelle Aquitaine)
Récital Régis Pasquier et Yoko Kaneko
Brahms sonate op.78 en sol majeur,
Prokofiev sonate op.94 en ré majeur, 
Franck sonate en la majeur,

December 28th : article dans le magazine « SARASATE, January 2018 » (Japon) sur la tournée au Japon avec Christophe Coin & friends 30日発売の1月号『サラサーテ』誌に4月の日本公演についての記事が掲載されています。

November 22nd : Video of my concert (Mozart Concerto for 2 pf KV 365 etc)  in Bruges Concertgebouw, May 2013 with Jos Van Immerseel and Anima Eterna Brugge is available : http://mmediatv.com/film/613 2013年5月のブリュージュのコンセルトヘボウでのインマゼール氏とのモーツアルト2台ピアノ(フォルテピアノ)のための協奏曲他のコンサートライヴがようやくフランスの有料ネットサイトで公開!フランスのテレビ会社による精密で生き生きとしたライヴ映像がこのサイトで(有料ですが、少しだけ無料で閲覧できます)公開されています。私が出演しているのは最後の30分程です。この演奏会の3日前5月7日(私の誕生日)には由緒あるワルシャワのフィルハーモニー(ショパンコンクールの会場)でも満員のお客様の前で演奏、古楽器には慣れていないポーランドの聴衆から驚くような喝采を頂いたことが強く印象に残っています。

November 9th : Concert Tours in Japon April 2018 (7 concerts), solo recital, duo  & trio with Christophe Coin (Cello & Arpeggine), Maria-Tecla Andreotti (flute) and Jérôme Akoka (violin) : https://wp.me/pRHCS-HW

来年4月の来日公演詳細が決まりました。4月17日の鵠沼でのフォルテピアノソロリサイタル(チケット発売中)を皮切りに、巨匠クリストフ・コワンさんがご自身のチェロと世界でも珍しい「アルペジョーネ」を持参してくださることになり(これは歴史的な大イヴェントです!)、奥様のマリア・テクラ・アンドレオッティさんのフルート(横浜フィリア、名古屋、ひまわり)、ジェローム・アコカさんのヴァイオリン(東京武蔵野、米子、西宮)というメンバーで、東京武蔵野(4月19日、完売)、横浜フィリアホール(20日昼 チケット発売中)名古屋宗次ホール(21日、チケット発売1月21日)、横浜ひまわりの郷(22日午後。チケット発売は2月11日)米子(24日 米子労音主催)、西宮(25日、完売)の7公演が予定されています。イギリス、フランス。ドイツで共演してきたメンバー、一同楽しみにしています。追加情報は随時更新しますのでこちらをご覧ください https://wp.me/pRHCS-HW

June 14th New (3d) edition (with a new jacket) of Mozart Concerto for 2 fortepianos KV 365 (recorded on 2005) 2006年のモーツアルトイヤーに発売されて世界中で受賞して各国の音楽図書館に収められている「モーツアルトの2台のフォルテピアノのための協奏曲」のCD、ジャケットを一新して(レコード会社買収などの事情もあり)「3度目の再発売」の報告が入っています https://www.outhere-music.com/en/albums/concertos-alpha339

This is the same recording as these 2 CD (2006 and 2013)! 以下の2つのジャケット(2006年と 2013の再発売)と全く同じ内容です!

 


 Nouvel article (présentation) sur Yoko Kaneko  :  http://www.monolithe.biz/#!classique/cg07

金子陽子を紹介するフランス語と日本語のページが登場、こちらをクリックしてくださいCLASSIQUE


Yoko Kaneko, pianiste, pianofortiste,

Formée dans deux hauts lieux de l’enseignement supérieur de musique, Yoko Kaneko a d’abord fréquentée le Conservatoire Toho Gakuen à Tokyo et ensuite le Conservatoire National Supérieur de Musique (CNSM) de Paris. Invitée à venir à Paris par le gouvernement français pour une période de 3 à 4 ans afin d’y parfaire des études musicales, il y a une trentaine d’années, elle a pu trouver là son plein épanouissement grâce à l’enseignement reçu et aux nombreuses rencontres aussi exceptionnelles que fructueuses. Ainsi figurent parmi ses maîtres d’éminents artistes japonais, français, flamands, hongrois, israéliens. Citons pour la musique de piano Germaine Mounier, Michel Béroff, Yvonne Loriot-Messiaen ; pour la musique de chambre et la lecture approfondie Jean Mouillère, Menahem Pressler, Jean Hubeau et György Kurtag ainsi que pour l’étude de la musique ancienne accomplie avec deux de ses précurseurs, Masahiro Arita et Jos van Immerseel, dont les rencontres ont été déterminantes pour ses orientations à venir. Arrivée à Paris juste pour faire des études, elle s’y est finalement fixée d’une façon définitive.

Encore élève au CNSM de Paris, Yoko Kaneko a créé un quatuor, le Quatuor Gabriel. Adepte passionnée de la musique de chambre et son répertoire méconnu, elle a effectué six enregistrements avec ce Quatuor, comportant des œuvres de Guillaume Lekeu, Reynaldo Hahn, Antonin Dvorak et également celles de Camille Saint-Saëns et Joseph Jongen puis Gabriel Fauré et Ernest Chausson. Ces deux derniers enregistrements ont été publiés chez MA Recordings.

En 2004, elle prend possession d’un pianoforte qui a été construit à sa demande par Christopher Clarke en Bourgogne : c’est une copie d’un instrument du facteur viennois Anton Walter datant de la fin du 18e siècle.

Au pianoforte Yoko Kaneko a enregistré en premier lieu le concerto pour deux pianofortes de Mozart en duo avec le maître du piano ancien Jos van Immerseel. Et après, utilisant le pianoforte seul, des sonates de Beethoven ont été gravées ainsi que « Les œuvres de son Age d’Or » de Mozart et, en dernier lieu, des Partitas, Suite française et Fantaisie et Fugue de Bach, enregistrements parus chez MA Recordings. Des compositeurs peu connus, tels que Joseph Wolfl ou Johann Benjamin Gross ont attiré son attention. Des œuvres de ce dernier ont été enregistrées à côté de l’éminent violoncelliste Christophe Coin.

Plusieurs récompenses parmi les plus prestigieuses ont été attribuées à ses gravures, notamment, le « Choc » de la revue le Monde de la Musique, le « Grand Prix » de la Nouvelle Académie du Disque, le « Diapason d’Or », le « Prix d’Arte », « Editor’s Choice » ainsi que le « Disque du Mois » accordés par la revue britannique Gramophone, « Prelude Classical Award » aux Pays-Bas et le « Prix de Records-Geijutsu » au Japon.

Pianiste autant que pianofortiste, Yoko Kaneko est devenue une artiste accomplie et musicienne virtuose qui est actuellement considérée comme l’une des plus sensibles de sa génération. S’adaptant aux pianos de toutes marques et de tous âges, modernes ou anciens – ces derniers ayant souvent la réputation d’être difficile à jouer – elle en fait ressortir leurs qualités sonores, parfois insoupçonnée, avec son toucher précis et limpide. Ce toucher, tout particulièrement adapté au pianoforte, donne lieu à l’épanouissement du timbre de cet instrument délicat qui met ainsi en avant l’authenticité d’exécution des œuvres pour lequel elles ont été écrites.

Sa volonté de trouver la quintessence de chaque composition, dont elle souhaite obtenir une interprétation juste, l’a portée à la recherche du style spécifique des différents auteurs et les sonorités qui leur sont propres. Ces dernières années elle s’est attachée à rapprocher l’exécution des concertos pour pianoforte vers l’esprit de la musique de chambre pour obtenir un fondu aussi complet que possible du jeu du soliste dans l’ensemble orchestral.

Très sollicitée au cours de sa carrière, elle a partagé les scènes internationales avec les plus grands artistes suscitant la profonde satisfaction du public dans des lieux aussi divers que Lucerne, Bilbao, Bruxelles, Bruges, Berlin, Varsovie ou Tokyo. On a pu l’entendre récemment dans l’intégrale des œuvres pour violon et piano de Franz Schubert avec le célèbre violoniste Régis Pasquier à Bilbao et Tokyo ; au cours de sa cinquième participation au English Haydn Festival, elle présente le Triple Concerto de Ludwig van Beethoven et le Concerto de Joseph Haydn ; la fameuse sonate « Arpeggione » de Franz Schubert – exécuté avec un vrai instrument Arpeggione par Christophe Coin – ainsi que des trios, de Franz Schubert et « l’Archiduc » de Ludwig van Beethoven en compagnie de Jérôme Akoka (violon) et Christophe Coin (violoncelle), sont présentés à Port Royal des Champs près de Paris et à Bonn en Allemagne.

A partir de la saison 2017, elle commence des concerts présentant le cycle de 10 sonates pour violon et piano de Beethoven avec la star Akiko Suwanai au Kumbo Art Hall à Séoul (Corée du Sud). Plusieurs récitals de pianoforte sont prévus au Japon et à Paris (le 15 octobre). Elle est attendue avec Christophe Coin, Maria-Tecla Andreotti et Jérôme Akoka pour une tournée au Japon avec un programme qui est établi autour de la sonate Arpeggione de Schubert (exécuté sur un instrument arpeggione authentique) en avril 2018.

Sont accessibles sur « Youtube » des enregistrements des œuvres de Joseph Haydn, d’un concert aux Pays-Bas pris sur le vif, et, également, des extraits de ses disques comportant des compositions de Johann Sebastian Bach et de Wolfgang Amadeus Mozart.

金子陽子、ピアニスト、フォルテピアノ奏者。

世界でも名高い教育機関で学んだピアニスト、フォルテピアノ奏者金子陽子は、まず桐朋学園に、後にパリ国立高等音楽院に進んだ。今から30 程年前、フランス政府給費留学生として選ばれ、最高峰の音楽教育を受けるため「3-4年」の予定で住み始めたパリで、彼女は音楽家として見事 に開花し、稀に見る、そして素晴らしい多くの出会いに恵まれた。師となった日本、フランス、ベルギー、ハンガリー、イスラエル出身の巨匠達はピア ノにおいては、ジェルメーヌ・ムニエ、ミッシェル・ベロフ、イヴォンヌ・ロリオ・メシアン、室内楽と音楽解釈においては、ジャン・ムイエール、メナへム・ プレスラー、ジャン・ユボー、ジョルジ・クルターク、そしてペリオド楽器の習得においての有田正広、ジョス・ファン・インマゼールとの出会いはその後 の彼女の音楽活動にとって決定的なものとなり、「短期滞在」のはずだったパリは彼女の永住の地となった。 パリ音楽院在学中に金子陽子はガブリエル・ピアノ4重奏団を創設した。室内楽の理想的を求め、知られていない名曲の熱烈な庇護者として、 彼女はガブリエル4重奏団と共にギヨーム・ルクー、レイナルド・アーン、アントン・ドヴォルジャーク、そしてカミーユ・サンサーンス、ジョゼフ・ジョンゲ ン、ガブリエル・フォーレとエルネスト・ショーソンの作品を録音、最後の4人の作曲家の作品はアメリカMA Recordings 社より発売されている。 2004年には彼女がブルゴーニュ在住の著名な英国人楽器製作者、クリストファー・クラークに(1994年に)注文したウイーン式アクションの18世紀 末のフォルテピアノ、アントン・ワルターの複製が完成した。フォルテピアノ奏者としての金子陽子は、師でありフォルテピアノの名手であるジョス・フ ァン・インマゼールとのデュオで、モーツアルトの2台のフォルテピアノのための協奏曲のCDでデビュー。(仏、ジグザグ社)、そしてソロで、べ-トーヴ ェンのソナタ集(仏、アニマレコード社)、モーツアルトの黄金時代の作品集とバッハのパルティータ、フランス組曲他がアメリカMA Recordings 社よ り発売されている他、ペリオド楽器最高峰のチェリスト、クリストフ・コワンとのジョゼフ・ウオルフルやヨハン・ベンヤミン・グロスなど忘れられた作曲家 の作品の演奏も大きな注目を集め、グロス作品集のCD「ロマンチックなバラード」はラボリー社よりリリースされている。これらの録音に対して、フラン スのル・モンド・ド・ラ・ミュージック誌の「ショック賞」、ヌーヴェル・アカデミー・デュ・ディスクの「大賞」、「ディアパゾン金賞」、「アルテ賞」、英国グラモ フォン誌の「編集者のチョイス」と「今月の一枚」、オランダの「プレリュ-ド・クラシックアワード」、日本のレコード芸術誌の「特選」など、きわめて価値 の高い賞が与えられた。 ピアニスト、そしてフォルテピアノ奏者として、金子陽子は完成度の高い芸術家、また技量に優れた音楽家に大成して世に認められ、同世代人 の中でも最も感受性豊かな存在のひとりに数えられている。モダン、ペリオド楽器の両方の分野であらゆる種類のピアノに順応し、時には、演奏困 難又は不可能と言われる楽器からも、確かで豊かなタッチを駆使することで時には思いもかけない美しい音色を引き出してしまう。とりわけフォルテ ピアノに見事にマッチするこのタッチによって、彼女は書かれた作品の数々の演奏の歴史的真実を提示しつつ、この繊細な楽器の音色を存分に堪 能させることができるのである。近年では彼女は、フォルテピアノによるハイドン、モーツアルト、ベートーヴェンの協奏曲も多く手がけ、オーケストラ パートを深く研究することによって、ソリストとオーケストラアンサンブルとの共演を室内楽の精神にできるだけ近づけた演奏を探求している。アニマ・ エテルナ・ブリュージュオーケストラ、トウルーズ室内楽団、英国ハイドン音楽祭オーケストラとの共演は、聴衆とオーケストラメンバーから大喝采を浴 びるほどの、大成功を収めている。又、これまでに数多くの第一線の芸術家たちより共演の依頼を受け、観客と共に深い満足感を得る舞台(ルツエ ルン音楽祭、ビルバオ音楽祭、ブリュッセル、ブリュージュのコンセルトゲボウ、ベルリン、ワルシャワのフィルハーモニー大ホール、日本各地など)を 共にしてきた。近日では著名なヴァイオリン奏者レジス・パスキエとシューベルトの作品の全曲コンサート他をビルバオと日本で、5度目の招待演奏 となる英国ハイドン音楽祭ではべートーヴェンの3重協奏曲とハイドンのフォルテピアノ協奏曲を、秋にはフランス北部のクレルモン音楽祭のオープ ニングコンサートでモーツアルトとべートーヴェンのクラリネットトリオを。シューベルトのトリオと名曲「アルペジョーネソナタ」をクリストフ・コワン奏する 本物のアルペジョーネ、ジエローム・アコカのヴァイオリンと共演するコンサートはパリ近郊のポール・ロワイヤル寺院、2017年春にはドイツのボンに も登場し大好評を博す。

2017年9月より韓国ソウルにて、諏訪内晶子とベ−トーヴェンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ全10曲のプロジェクトが始まる他、日本(10月1日藤沢、4月17日鵠沼)、パリでフォルテピアノのソロリサイタル、2018年4月には、クリストフ・コワンのアルペジョーネとチェロで、日本各地で公演が予定されている。

尚「Youtube」で、彼女のオランダでのソロリサイタルのライヴで、ハイドンのソナタ、そしてバッハ、モーツアルト、グロスのCDの抜粋等も聴く事が できる。


Mai 2013 : voyage inoubliable des 2 pianofortes par la route.

La grande salle du Conservatoire Royal de Bruxelles pour la 2ème fois depuis 2005 – Philharmonie de Varsovie « pleine! » (Warsaw)en Pologne – Concertgebuow de Bruges pour la 3ème fois (avec la télévision!) – l’Opéra de Dijon (France) avec son acoustique « incroyable » /  2013年5月、3500kmを超える2台のフォルテピアノのヨーロッパの演奏旅行 。ブリュッセル王立音楽院ホール(2005年のツアー以来2度目)、ワルシャワ(ショパンコンクールで有名なワルシャワフィルハーモニー大ホールが満席となりました)、2005年に演奏してCD録音もした、思い出の多いブリュージュのコンセルトへボウ(フランスの番組制作会社が収録)、最後のフランス、ディジョンのオペラホールでは素晴らしい音響に「仰天」しました。

anima-eterna-yoko-kaneko-jos-van-immerseel-concert-bruxelles-mozart-may-2013

« MOZART » BELGIQUE – POLOGNE – FRANCE :  avec Andrea Lauren Brown (soprano), Yoko Kaneko  (pianoforte I) et Jos Van Immerseel (pianoforte II, direction) Concerto pour 2 pianoforte KV. 365  etc. avec l’Orchestre ANIMA ETERNA BRUGES  インマゼール、アニマ・エテルナオーケストラとのモーツアルト2台のピアノフォルテのための協奏曲CD録音以来3度目のツアー « MOZART » 絶賛のうちに終了。数日前に予定されていたソプラノのキャンセルがあり、代役で本当に素晴らしいアメリカ出身でドイツ在住のアンドレア・ローラン・ブラウンさんが本当に見事な演奏を披露。


Le CD Mozart « Les oeuvres de son Age d’Or » a reçu le Prix Records Geijyutsu et il a été également « recommandé » par le plus grand quotidien ASAHI-SHINBUN  au Japon.

モーツアルトCD「黄金時代の作品集」がレコード芸術2月号にて特選を、朝日新聞より推薦(2月13日の夕刊)をいただき心より嬉しく思います。ご支援いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

ネットマガジンJazz Tokyo 2月26日号に、批評家、丘山万里子氏による素晴らしい記事が掲載されました。モーツアルトCD、ラ・ロッシュギュイヨン城ライブ2010のCD2枚組を推薦いただいています。こちらをクリックしてください。   FIVE by FIVE:JAZZTOKYO

同CDへの及川公生氏による素晴らしい録音レビューもご覧頂けます。ダッド・ガーフィンクル様おめでとうございます!COLUMN#140 OIKAWA:JAZZTOKYO

CD MOZART (SOLO PIANOFORTE) Chez MA Recordings « Les Oeuvre de son Age d’Or/ Works from his Golden Age « 

est sorti (FNAC, Amazon France, Amazon Allemagne, Pays-Bas, Japon, USA)

天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏によるモーツアルト ソロアルバム『黄金時代 (1781-1791) の作品集』が日本、アメリカ、オランダ、フランス(FNAC, Amazon…) イギリス、ドイツでも発売となりました。

Copyright Yoko Kaneko 2011

Copyright Yoko Kaneko 2011

   CD « Bal(l)ade romantique » de J.B. GROSS avec C.Coin, M. Dahmen & Quatuor Mosaïques chez label LABORIE a reçu  Prelude Classical Awards 2011  

http://www.preludeklassiekemuziek.nl/preludeawards_2011.html

クリストフ コワン氏、モザイクカルテット、ミカエル ダーメン氏らと録音したグロス作品集 CD「ロマンティックなバラード」がオランダで2011年度の「プレリュード ミュージックアワード」を受賞しました。

5 DIAPASON (Magazine DIAPASON,  février 2011)

グロス (1809-1848) 作品集のCD 「ロマンティックなバラード」が 仏 音楽誌ディアパゾンの音楽評で絶賛され最高の5の評価をいただきました。メンデルスゾーンと同い年のグロスはチエリストとしても活躍、自作をクララシューマンのピアノで共演していたそうです。ドイツに住む作曲家の子孫が図書館に埋もれていた楽譜を見つけてクリストフ コワン氏に渡したのがCD誕生のきっかけです。キングインターナショナルより、日本で輸入販売しています。 http://www.ebl-laborie.com/gross.pdf Full Booklet online/Livret complet en ligne/ 無料解説(29ページ 英独仏)ダウンロードサイト

Publicités